十干の解説と【戊 つちのえ】の特長

四柱推命は、生まれた年、月、日、時を 十干 (じっかん) 十二支 で示し、合計8文字で構成された命式の木・火・土・金・水の五行バランスによって、その人の運命を知ることができる占いです。

900年もの長い歴史があり〝東洋の学問〟とも言われています。

宇多田ヒカルさんを例に上げると、命式はこのようになります。

辛 丁 癸 壬

丑 未 丑 戌

この8文字で、宇多田さんがアーティストとして才能を発揮していることや、日本デビューが決まった時期が 14歳 であった理由も読み解くことができます。

命式のパターンは、561, 600 通りにもなります。

この8文字の組み合わせが持つ意味を読みながら、あなたの生まれ持つ資質本来大切にすべき内面性行動のタイミングを的確に導き出してゆけるのです。

長い歴史を持つ四柱推命鑑定だからこそ、確信をもって読み解くことができるのです。

くるみ

つづいて本題の十干について説明していきます!

十干って何ですか?

十干とは、「甲 きのえ」「乙 きのと」「丙 ひのえ」「丁 ひのと」「戊 つちのえ」「己 つちのと」「庚 かのえ」「辛 かのと」「壬 みずのえ」「癸 みずのと」の総称です。

それぞれが大自然のなかに存在する森羅万象の事象を表します。

四柱推命鑑定で、とくに大切にしたいのが日柱の干支です。

日柱の干支は、その人が本来大切にすべき価値観や内面性、行動スタイルを表します。

宇多田ヒカルさんを例に上げると、日柱の干支は丁未(ひのとひつじ)

辛  癸 壬

丑  丑 戌

日柱の十干(宇多田さんの場合は)だけでも、その人の特長を大まかにつかむことができるため、十干それぞれの意味や特長を知っておくと便利です。

参考までに、十干をパワーの強い順に並べると次のようになります。

十干のパワーの強い順

① 丙

② 戊、庚、壬

③ 甲

④ 丁

⑤ 乙、己、辛

⑥ 癸

【戊 つちのえ】の意味と特長

四柱推命鑑定で、とくに重視して読むのが日柱の干支です。

日柱の干支のことを「日主」といいます。

日主が【戊】の特長は次のとおりです。

(つちのえ)

イメージ:高くそびえる山

キーワード:義理、現実派、信用、面倒見、親分肌、気分屋、破壊

  • 基本的にどっしりとしていて頼りがいのある人
  • 人を惹きつける魅力がある(山には豊かな自然があって、人が集まってくることから)
  • 誰とでもすぐに仲良くなれる性分、人付き合いは広く浅い傾向
  • お天気屋さんの面も(山の天気は変わりやすいことから)
  • 意外と頑固な面も

 

<開運アドバイス>

  • 知性や教養など、自分の内面を磨く努力を惜しまない
  • 怒りをため続けると手がつけられなくなるので、感情の扱い方を身につける
  • 傲慢、強情になりやすいので、これを慎む。人望を磨く

くるみ

このブログで鑑定した方々で日主【戊】の方々をご紹介します!

日主【戊 つちのえ】の著名人

毒舌の星【傷官】、圧倒的な意志力の魁罡(かいごう)を持つ〝東大祝辞〟上野千鶴子さん 藤井聡太さんを四柱推命鑑定。最年少棋士で大躍進は年柱【劫財 / 帝旺】に、【天剋地冲】も

 

経営者には「土の五行」が多い特長があります。

実際に調べてみて、優秀企業のトップに多い十干が【戊】でした。

業績優秀企業トップに一番多い十干とは?上位3社のトップ全員があの五行だった!!

日主【戊 つちのえ】の皆さん

Twitter のフォロワーの皆さん、総勢130名超を対象に四柱推命鑑定を行ってきました(※2020年5月に終了)。

そのなかで 日主(日柱の十干)が【戊 つちのえの皆さんをご紹介します。

四柱推命鑑定02:ゆたぽんさん(Part.1) 四柱推命鑑定06:あき庵さん(Part.1) 四柱推命鑑定|えりかさんのお誕生日に寄せて 四柱推命ザツ鑑定012|小田巻孝匡(マッキー)さん 四柱推命ザツ鑑定036|ひのたけさん 四柱推命ザツ鑑定034|あきさん 四柱推命ザツ鑑定071|みーなさん 四柱推命ザツ鑑定086|あろままさん 四柱推命ザツ鑑定089|みゅうさん 四柱推命ザツ鑑定099|みゅうさんの長男さん 四柱推命ザツ鑑定101|みゅうさんの三男さん 二つの魁罡(かいごう)の持ち主!不撓不屈の精神で、強運を切り拓け!! 四柱推命ザツ鑑定119|たくちゃんコーチ