【守護神】社会運を支えてくれる星。守護神の十干を持つ人を見つけよう!

くるみ

今回は、鳥海流・四柱推命で学んだ 守護神 についてお話しします。

このブログ上で2019年7月から続けている《四柱推命ザツ鑑定》では、守護神については触れていません。

自分の守護神を知りたい場合は、ツイッター上でお問い合わせください

守護神とは?

はじめに 守護神 について説明します。

守護神 とは、命式の日柱の十干月柱の十二支から導きだされた十干のことです。

ちなみに十干(じっかん)とは、 のことです。

守護神 には、第一守護神、第二守護神があります。

守護神の一覧表を見ながら、命式にあるかどうかを調べます。

守護神の見方について

鳥海流の推命NAVIという診断ソフトで出した鑑定書をもとに説明します。

表の下段に「第一守護神:、第二守護神:」とあります。

この方の守護神は、日柱の十干に【】【】【】を持っている方が 守護神 です。

守護神という呼び名のとおり、自分の 守護神 の十干を持っている方は、自分の活動を助けてくれる大切な存在である、と読みます。

具体的には、自分の可能性を広げてくれたり、心地の良い環境を与えてくれるイメージです。

くるみ

自分の守護神の十干を覚えておくと便利です。

四柱推命ザツ鑑定(Twitterのフォロワーさんを対象にした当ブログ上で実施している無料鑑定)に参加してくれた方で、守護神を知りたい方はお問い合わせください

命式の月柱の十干に守護神がある場合

命式の月柱に自分の守護神の十干がある場合、仕事運や社会運に恵まれる命式である、と読みます。

守護神 =オフィシャルな自分を助ける、という考えがもとになっています。

このブログで取り上げた著名人をご紹介しましょう。

事例①|三浦 知良さん

三浦知良さん自身は、月柱に守護神の【壬】があります。

命式の月柱に自分の守護神の十干がある場合、仕事運や社会運に恵まれる命式である、と読みます。

さらに、妻・三浦りさ子さんの日干が【壬】です。

カズ選手が仕事運や社会運に恵まれた方であることは、命式にも出ていました。

三浦知良選手〝キング・オブ・キング・カズ〟の道をゆけ

事例②|イチローさん

大リーグでも大活躍した元野球選手・イチローも、月柱に守護神があります。

イチロー選手の現役引退について四柱推命で読んでみた

事例③|こんまりさん(近藤麻理恵さん)

こんまりさん(近藤麻理恵さん)は、ときめくかどうかの基準で残すものを決める《こんまりメソッド》を編み出した方です。

現在はアメリカに拠点を移し、片づけによって人生が変わると言われる片づけレッスンを提供し、大活躍しています。

こんまり流 片付け術 と 第二宿命【正官 / 死】片付けで社会貢献

事例④|尾畠 春夫さん

尾畠春夫さんといえば〝スーパーボランティア〟

2018年8月、山口県周防大島町で行方不明の2歳男児を山中で発見し、無事に保護した功績や、災害ボランティアなど八面六臂の活躍ぶりが、さまざまなメディアで話題になった方です。

“スーパーボランティア”尾畠春夫さんを示す3つの星

大運干支の十干が守護神の場合

大運(だいうん / たいうん)は、10年周期の社会運を読みます。

大運干支の十干に自分の守護神の十干がある場合も、社会運に恵まれる10年間だと読みます。

事例①|三浦 知良さん

28歳〜38歳の大運干支は【己亥】で、第二守護神の【己】が入っていることがわかります。

カズ選手の28歳〜38歳は、社会運に恵まれた10年である、と読みます。

事例②|小泉 純一郎さん

小泉元総理大臣は、仕事運が最強の星 宿命大半会 を命式に3つも持っています。

強運に恵まれた政治家としての人生は、ご存知のとおりです。

41歳〜51歳、61歳〜71歳の大運に、第二守護神の【丙】【甲】が入っていて、社会運において守護神の助けも受ける、と読みます。

事例③|マツコ・デラックスさん

自由で毒舌の混じったトークでおなじみのマツコ・デラックスさん。

社会運を読む大運(34歳〜44歳)の大運干支【甲寅】で、マツコ・デラックスさんの守護神【甲】が入っていました。

実際、2009年(当時37歳)、フジテレビで初の冠番組『マツコの部屋』がスタート。

2011年(当時39歳)以降には、『マツコ&有吉の怒り新党』『月曜から夜ふかし』『アウト✕デラックス』など、レギュラー番組が次々に始まり、『マツコの知らない世界』は現在も大人気番組として継続中です。

34歳〜44歳の大運は、守護神のサポートだけでなく、命式に宿命中殺(マツコさんの場合は、生日中殺)があって【絶】が巡る場合、ミラクルが起きる、と読みます。

マツコ・デラックスさんの34歳〜44歳は、数々のミラクルを見せてくれた10年間になりました。

まとめ

くるみ

守護神についてもう一度シェアします

守護神

命式の日柱の十干と、月柱の十二支から導きだされた十干のこと

  • 自分の守護神の十干を持つ方は、自分の活動を助けてくれる大切な存在(自分の可能性を広げてくれたり、心地の良い環境を与えてくれる)
  • 命式の月柱に自分の守護神の十干がある場合、仕事運や社会運に恵まれる
  • 大運干支の十干が守護神の場合、恵まれた社会運を送る(※大運とは10年周期の社会運)

くるみ

くるみの守護神は、【壬】【辛】【癸】の3つです。この十干を持っている方だとわかると、心強い気持ちになります

実際、四柱推命を学んだ師匠はおふたりとも【壬】、職場の上司も【癸】を持っていて私の守護神です。

とくに陽干の【壬】は懐が大きな星でもあり、実感として「安心してお付き合いできる」という感覚があります。

ちなみに、現在の大運守護神【癸】のサポートを受けています(恵まれた社会運)。

大運の特別な運気といえば、大運律音(りっちん)です。こちらもあわせてお読みください

【大運律音】は通常の倍の成果が出せる飛躍の10年!! 準備をして活かそう!