命式検証06:あき庵さん(Part.1)

Twitterでフォロワーの あき庵さんの命式を読ませていただくことになりました。

あき庵  @Middle__manager

あき庵さんから鑑定の依頼を受けるきっかけは、こちらのツイート。

ゆたぽんさんの命式検証のブログへのコメントが、きっかけでした。

鑑定体験ふりかえり(ゆたぽんさん)

これを読んでくれた あき庵さんは、16タイプ別の性格診断テスト(四柱推命鑑定の検証用資料として活用しています)をやってくださり、結果をシェアしてくださいました。

その後、次のようなやりとりが続いて鑑定を引き受けることになったのです。

以下のとおり書き進めていきます。

今回は、大前提となる①、②について。

構成

 あき庵さんの五行バランス

あき庵さんの内面性(日主 / 日干支)

③ 社会的使命

④ 今年、来年の運気

⑤ いつ運が大きく動く時期

※今回の記事は、あき庵さんに事前の内容確認をいただいた上で公開しています

誠実さにおいては天下一品、あき庵さん

こちらが あき庵さんの命式と、五行バランスです。

財星陥没タイプ

  • 人の良いタイプ(情報や流行には関心が薄い)
  • 誠実さにおいては天下一品
    • 自分の損得を計算に入れない
    • 人のために行動する姿が人望を集めることにつながる生き方
  • 大きな志を持っている人が多く、つねに夢を追いかけている

(つちのと)

(イメージ)大地、田畑

(キーワード)育成、人情、庶民的、情緒、愛情、猜疑心、やきもち

  • 田畑=人を育てたり、教え導いたりすることが使命
  • 性格は温厚(※ただし、土には砂漠や乾ききった土壌、岩石だらけの畑などもあるように、他の星との絡みで性質は変わる)
  • 自分の生き方を大切にし、人生を楽しみたいと望む
  • 人に対して温和で面倒見もよいが、気迷いや取り越し苦労も多い

 

己卯(つちのとう)干支番号16

イメージ:春の田園

  • 義理人情に厚く、控えめな人
  • 気持ちが若く、人当たりも柔らかく柔和。内面には芯の強さを秘めている
  • 職人的な律儀さがあり、些細なことでも気にしやすい性格、神経質で繊細
  • 何ごとに対しても真面目で粘り強く、努力家
  • 人のこころを読む直感力が鋭い

参考までに、十干をパワーの強い順に並べると次のようになります

十干のパワーの強い順

①丙 ②戊、庚、壬 ③甲 ④丁 ⑤乙、、辛 ⑥癸

具体的で前向きな影響を与え続ける「提唱者型」

今回、16タイプ性格診断(無料)をやっていただきました

あき庵さんの「提唱者」タイプの説明はこちら

あき庵さん:提唱者タイプ

16タイプ性格診断(無料)に興味のある方は、こちらへアクセスしてみてください

16タイプ性格診断(無料)はこちら

16タイプ性格診断をやってもらう理由とは?

四柱推命など、生年月日と出生時間で占う「命占」は、「天」から授かった性質や運勢を読みます。

しかし、占いのメッセージを活用してきた経験から、〝現在〟のその人の状態を把握することも大切だとわかりました。

そう考える理由は、「天」から授かった性質や運勢が良いものだったとしても、その人が、置かれた環境や状態とミスマッチしていれば、天与の幸運も活かせない場合がある、とわかったから。

その人の現在の状態を知るために参考になるのが、ストレングスファインダー®、エゴグラム、エニアグラムをはじめとした心理診断です。

イケダハヤトさんも「人を見るときは、過去の実績よりも、今の状況を見るべきというのはほんと正しい」とツイートしています。

このような理由から「16タイプ性格診断」をやってもらいました。

四柱推命の命式に顕れている あき庵さんの特長(財星陥没タイプ、己亥)と性格診断結果(提唱者タイプ)を照らし合わせながら、ご自身の特長をつかむ一助にしてみてください。

日主【己】と【己卯】の性質を日々活かす

こちらの記事を書いているさなか、こちらのツイートが目に止まりました。

あき庵さんの内面性や価値観を表す日柱の干支【己卯】の特長(以下)が重なります。

  • 職人的な律儀さがあり、些細なことでも気にしやすい性格、神経質で繊細
  • 何ごとに対しても真面目で粘り強く、努力家

あき庵さんはブログを運営されています。

あき庵さんのブログ《中間管理職あき庵》

ブログの内容は、これまでの会社員として培ってきた経験を、若手社員や管理職に向けて書きおろしたもの。

テーマは「知見の共有」と「後進の育成」。

ブログのコンセプトには、あき庵さんの命式の日主【己】、教育者としての資質が顕れていることが見て取れます。

あき庵さんを特長づける2つの【傷官】

あき庵さんといえば、「朝」「晩」の挨拶ツイートでおなじみです。

お気に入りの万年筆でしたためた手書きメッセージの写真が添えられた、あのツイートです。

あき庵さんの命式で特長的なのが【傷官(しょうかん)】という星。

あき庵さんの命式には、型破りで聡明な通変星【傷官】が2つもあります。

なかでも、月柱の【傷官】はあき庵さんの「仕事運」に潜在的な影響をもたらす大切な星。

【傷官】の性質

型破りで聡明、こだわりの星

ストレートに物事を表現するクリエイティブな星

  • 美意識が高く、美的センス抜群
  • 芸術に対しての興味が深い
  • 手先が器用で職人気質
  • スマートな印象で、自分の見せ方を知っている
  • 毒舌な面もあるが、傷つきやすい面も

月柱の十二運星【沐浴】も「芸術や芸能」を表す星。

イメージは〝思春期の少年〟。

自由に自分を表現するロマンチストな星でもあります。

この星は、自由に生きる環境のなかで活かされます。

あき庵さんのブログのプロフィールを見ると、趣味の欄に「レザークラフト」と書かれていました。

【傷官】という星を持つ人は手先の器用なタイプが多いと言われています。

「万年筆」に「レザークラフト」

〝あき庵ワールド〟と【傷官】【沐浴】がつながって、思わず膝を打ちました。

運がうまく巡っている方は、ご自分の命式を知らなくても命式に刻まれた星を生きている(活かしている)

これは、四柱推命鑑定師として活躍する仲間が、そろって口にするフレーズです。

実際のあき庵さんにはまだお目にかかったことがありません。

でも、ブログやTwitterの発信から垣間見られるあき庵さんから、ご自身の命式のエッセンスをしっかりと活かしている様子が伝わってきました。

育成部門への異動が決定。【己】とともに新天地へ

2019年5月28日、念願の「育成部門」への異動が決まりました。

「育成部門」。

人を育てたり、教え導いたりすることが使命の日干【己】を拓く機会がついに巡ってきた、というわけです。

あき庵さんの五行バランスがどのように変化しているのか?

残り2回の記事を通して、今回の人事異動の展開についてもていねいに読み解いていきます。

構成

① あき庵さんの五行バランス

② あき庵さんの内面性(日主 / 日干支)

③ 社会的使命

④ 今年、来年の運気

⑤ いつ運が大きく動く時期

 

あき庵さんの命式検証、③社会的使命については、こちらで書きました。

読んでくださると嬉しいです。

命式検証06:あき庵さん(Part.2)