十干の解説と【丁 ひのと】の特長

四柱推命は、生まれた年、月、日、時を 十干 (じっかん) 十二支 で示し、合計8文字で構成された命式の木・火・土・金・水の五行バランスによって、その人の運命を知ることができる占いです。

900年もの長い歴史があり〝東洋の学問〟とも言われています。

宇多田ヒカルさんを例に上げると、命式はこのようになります。

辛 丁 癸 壬

丑 未 丑 戌

この8文字で、宇多田さんがアーティストとして才能を発揮していることや、日本デビューが決まった時期が 14歳 であった理由も読み解くことができます。

命式のパターンは、561, 600 通りにもなります。

この8文字の組み合わせが持つ意味を読みながら、あなたの生まれ持つ資質本来大切にすべき内面性行動のタイミングを的確に導き出してゆけるのです。

長い歴史を持つ四柱推命鑑定だからこそ、確信をもって読み解くことができるのです。

くるみ

つづいて本題の十干について説明していきます!

十干って何ですか?

十干とは、「甲 きのえ」「乙 きのと」「丙 ひのえ」「丁 ひのと」「戊 つちのえ」「己 つちのと」「庚 かのえ」「辛 かのと」「壬 みずのえ」「癸 みずのと」の総称です。

それぞれが大自然のなかに存在する森羅万象の事象を表します。

四柱推命鑑定で、とくに大切にしたいのが日柱の干支です。

日柱の干支は、その人が本来大切にすべき価値観や内面性、行動スタイルを表します。

宇多田ヒカルさんを例に上げると、日柱の干支は丁未(ひのとひつじ)

辛  癸 壬

丑  丑 戌

日柱の十干(宇多田さんの場合は)だけでも、その人の特長を大まかにつかむことができるため、十干それぞれの意味や特長を知っておくと便利です。

参考までに、十干をパワーの強い順に並べると次のようになります。

十干のパワーの強い順

① 丙

② 戊、庚、壬

③ 甲

④ 丁

⑤ 乙、己、辛

⑥ 癸

【丁 ひのと】の意味と特長

四柱推命鑑定で、とくに重視して読むのが日柱の干支です。

日柱の干支のことを「日主」といいます。

日主が【丁】の特長は次のとおりです。

(ひのと)

イメージ:人工の灯火、ろうそく

キーワード:情熱、世話好き、社交性、知恵、愛嬌、移り気、文化

  • 熱しやすく冷めやすい(揺れる炎)
  • ロマンチストで、理想や志が高い
  • 物事に対してこだわりを持たず、柔軟に考える
  • 手先の器用さや表現力など、何かを創造する才能を持っている
  • 頭が切れて、鋭い感性を持っている(灯火は文明の象徴)
  • 周囲からの影響を非常に受けやすい
  • 辛いことや身体を酷使することが苦手で、自主性に乏しいのが玉に瑕
  • 女性は艶っぽい人が多い

 

<開運アドバイス>

  • 才能を活かすためにも、有言実行、主体性を持ち、自分の考えをはっきりと伝えることが大切
  • 積極的に人格者と関わって良い活動エネルギーをもらうようにする

くるみ

このブログで鑑定した方々で日主【丁】の方々をご紹介します!

日主【丁 ひのと】の著名人

渡部建さんを四柱推命鑑定。【劫財 / 帝旺】と天中殺、45歳で30年周期の接木運が巡っていた

こちらの記事では、村西とおる監督が日主【丁酉 ひのととり】 です。

四柱推命ザツ鑑賞:Netflixドラマ『全裸監督』(村西とおるさん、黒木香さん)

日主【丁 ひのと】の皆さん

Twitter のフォロワーの皆さん、総勢 130名超を対象に四柱推命鑑定を行ってきました(※2020年5月に終了)。

そのなかで 日主(日柱の十干)が【丁 ひのとの皆さんをご紹介します。

四柱推命ザツ鑑定002|こつっくさん 四柱推命ザツ鑑定003|はいみさん 四柱推命ザツ鑑定010|とんじるさん 四柱推命ザツ鑑定029|mizumizuボードゲームズさん 四柱推命ザツ鑑定046|れん。さん 四柱推命ザツ鑑定053|ねこるすさん 四柱推命ザツ鑑定060|たいじさん 四柱推命ザツ鑑定105|ぼへみ@あづさんの夫 四柱推命ザツ鑑定112|アキラ2号さん