四柱推命ザツ鑑定002|こつっくさん

四柱推命ザツ鑑定、2番目は、こつっくさんです。

こつっくさんのプロフィールはこちら。

こつっくさん @kotsukku 

こつっくさんといえば、伸びる方。

この一言に尽きるでしょう。

こつっくさんは、2019年4月にTwitterを開始。

#おはよう戦隊 に参加。

早々に #昼食調査兵団 というハッシュタグコミュニティをはじめる身のこなしの軽やかさ。

昼食調査兵団は「たとえ、自分ひとりだけだとしてもやってみよう」。

そう思って始めたハッシュタグコミュニティだそうです。

2019年6月初旬にスタートした#昼食調査兵団

毎日お昼になると、メンバーたちのランチツイートがタイムラインに次々と流れてきます。

元のツイートはこちら

ゆるやかなリプでコミュニティを切り盛りする切れ味の良さ。

ランチツイートでは、鮭の切り身をぶっ込んできました。

これで二度目、このセンス、脱帽です!(笑)

元ツイートはこちら

こつっくさんの魅力は、飄々とした たたずまい。

「Twitter を純粋に楽しみたい!」という気概にあふれています。

センスとユーモアにあふれた異彩を放つツイートでもすっかりおなじみ!

朝の挨拶ツイートで、驚きと、ワクワクを届けてくれています。

2019年7月26日に公開した、こつっくさんの四柱推命ザツ鑑定記事。

その後、鑑定記事のザツ度合いは、どんどん低くなり、凝り性120%の展開はご承知のとおりです(苦笑)

じつは、1番めの暴走小人さん、2番めのこつっくさんの記事をもう少し充実させなくちゃ!

ここ数ヶ月、ずっと思っていたので、リライトすることにしました。

さっそく書いていきましょう。

※以下の内容はご本人の承認を受けて公開しています

こつっくさんってどんな方?

こちらがこつっくさんの命式と通変星のパラメーターです。

食べることや、おしゃべりが大好きな星【食神】、アタマの回転が良くてコミュニケーションが得手な星【偏印】

【食神】【偏印】もお持ちでした。👏👏👏

命式は、四柱でなく、三柱で出しています。

※出生時間を表す時柱(じちゅう)は含まれていません。ただし、時柱は把握しているため五行バランスにもとづいて読み進めています

こつっくさん内面性や大切したい価値観をまとめたのがこちら。

命式の日柱の十干、干支で読みます。

(ひのと)

イメージ:人工の灯火、ろうそく

キーワード:情熱、世話好き、社交性、知恵、愛嬌、移り気、文化

  • 熱しやすく冷めやすい(揺れる炎)
  • ロマンチストで、理想や志が高い
  • 頭が切れて、鋭い感性を持っている(灯火は文明の象徴)
  • 周囲からの影響を非常に受けやすい

 

丁卯(ひとのう)

イメージ:春の灯火

  • 柔軟性があり、ズルさもなくて素直なので人に好かれる
  • 人並み外れた鋭い勘を持ち、相手の心理を見抜いて先手を打つ機敏さがある
  • 野心はなく、ただただ純粋に理想を追い求めている
  • 熱しやすく冷めやすく、人の目が気になり、人に左右されやすい
  • 現実からかけはなれた理想主義的な考え方の持ち主だが、そこが魅力的(個性的で風変わりな人物、と見られやすい)
  • サブカルチャーを好んだり、オタク的傾向に走りがちな面もある

他人との交流や気持ちの繋がりを楽しむ 広報運動家タイプ

16タイプ性格診断(無料)で こつっくさん広報運動家タイプ

広報運動家タイプ

16タイプ性格診断(無料)に興味のある方は、こちらへアクセスしてみてください

運が大きく動く時期は?

社会運を示す大運(だいうん / たいうん)で見ていきます。

こちらがこつっくさんの大運表。

こつっくさんは、5歳前後と、35歳前後、65歳前後で30年周期の運気の節目(接木運)を迎えます。

接木運(せつぼくうん)

  • 30年に一度巡ってくる方向性が大きく変わる時期
  • 4つの大運支の季節の切り替わり(丑と寅の間、辰と巳の間、未と申の間、戌と亥の間)に起こる
  • この時期は、これまでの方向性を必然的に変えざるを得なくなるため、その前後の年回りは、新しい運気の流れに馴れるまで苦しい時期と感じやすい傾向がある
  • 次に巡る運気に馴れるまでの時間は人それぞれ(短くて半年、長くて2年くらい要する)

35歳〜65歳までの30年間は、身強の星 が巡り超絶パワフルな運勢です。

身強の星とは【冠帯 / 建禄 / 帝旺】のこと。

身強の星【建禄(けんろく)】【冠帯(かんたい)】【帝旺(ていおう)

:運勢エネルギーが強いため、ビジネスなど社会で成功を収めやすい

身強の星の影響を受け、こつっくさんの社会運(キャリア)は華々しくタフに展開していくエネルギッシュな30年です(35歳〜65歳)

そんなこつっくさん大運(社会運、キャリア運)は、【偏財 / 帝旺】から【正官 / 建禄】に切り替わります。

35歳〜45歳の10年間は、多忙で、社交的で、たくさんの人を束ねていく時期でした。

会社勤めの人にとっては、急に抜擢されたり昇給したり、流行にも敏感で、どこにいってもみんなの人気もの。

そんな特徴の10年でした。

実際にふりかえってみてどうでしょうか?

大運【正官 / 建禄】については次の項でお話しします。

努力で信用を積み上げ、自らの使命を見出そう!

大運は【正官 / 建禄】

通変星【正官】〝信用と気品〟の星。誠実、信用、目上、仕事、責任感、名誉、名声

見返りを期待せずに世の中に為になることをする、保守的で冒険は好まない、礼儀正しく几帳面でまじめ、目上運に恵まれる、ルールや秩序立てられた環境で能力を発揮する

 

十二運星【建禄】:イメージは「壮年」。派手さはないが、堅実に努力を重ねて人生を切り開いていく。周囲からの助けや応援も受けられる力強い上昇運に恵まれ、社会的な成功を手にする時期

テーマは、堅実に努力を重ね、周囲からの応援を受けながら、信用を積み上げて 自らの使命を見出すこと。

そして、これにより社会的な成功を手にすること

コンセプトは「自分のスタイルやルールをつくる」こと。

華々しく広げてきたヒト(人脈)、モノ、コト(体験)。

これをあらためて見つめなおし、「自分に何ができるか?何をすべきか?」を自ら考え、行動にうつしていく10年です。

大運の前半、後半の特長について

大運は、前半5年は十干の【壬(みずのえ)で、後半5年は地支/十二支の【午(うま)で読みます。

前半5年は、五行バランスでは【官】に作用が出ます。

こつっくさんの中で「しっかりしよう / ちゃんとしなくちゃ」という意識が強くなる時期。

【官】が巡る時期は、自分の役割に生きる時期だからです。

良い効果が出る場合は、仕事上で評価されたり、自分の感情を上手にコントロールしながら前に進んでいく時期になります。

自分の使命感を持って邁進しているイメージです。

いっぽう悪い効果が出る場合は、ストレスがたまりやすく、萎縮しやすい時期。

【官】は「信用、秩序、責任感」の星ですが、同時に「プレッシャー」の意味もあります。

溜めすぎたストレスを一気に爆発させてしまうケースも。メンタル面にも気をつけるとよいでしょう。

つづいて、後半5年は、五行バランスでは【比劫】に作用が出ます。

【比劫】が巡る時期は、良い意味でも悪い意味でも自分が要因となって運気が決まる時期です。

良い効果が出る場合は、自分の希望や夢に向かって非常に行動的になります。

人からどんどん認められるようになり、これまでがんばった成果が実ります。

新規開拓や共同事業も吉。

いっぽう悪い効果が出る場合は、自分のなかのこだわりや主張が強くなりすぎて、自ら運を傾けやすくなる時期。

見栄のためにお金を使いすぎて借金ができてしまうケースも。

イライラしやすく、上司や同僚ともぶつかったり、家族や身内に悩まされることもあります。

【比劫】は「自我、自立、独立」の星。

こつっくさんの社会運(キャリア運)が変化する。そう読みたいところです。

そのためにも、【官】が巡る前半5年で自分の役目(使命)を見つける。

そして、大運後半5年に、これを発展させていくとよいでしょう。

いずれにしても、35歳〜65歳まで30年間、身強の星の影響を受け、こつっくさんの社会運(キャリア)は華々しくタフに展開していきます。

この強運を、自らの才能を開くためにていねいに活かしていってくださいな。

くるみより開運のヒント
  • #おはよう戦隊 を徹底的に活用してください
    • #おはよう戦隊 の日主は【(かのえ)
    • 木の五行(印)が非常に強いこつっくさん。頭の中のモヤモヤ状態を断ち切る「植木鋏」を意味する開運の星
  • 2020年、2021年、こつっくさんの運が大きく動きます
    • 「目標」が明確になる
    • 具体的に行動しようという気持ちが強くなる
  • 将来の計画を立てる、一歩一歩着実に行動を始める
    • 財星がない=計画性や現実性が乏しい
    • ここをどう強化していくかで人生の可能性が広がる

探究心や知識欲が旺盛な 印星突出タイプ

こつっくさんの五行バランスは、印星突出タイプ

印星突出タイプは、常に自分自身を高めていこうという向上意識に満ち溢れた人。

反面、要領よく、なるべく苦労をせずにほしいものを手に入れようと思考を巡らせる傾向も。

行動を起こす前に、あれこれ理屈をこねまわし、言葉の割に実行力が不足しやすく、これが顕著になるとズボラで依存心が強い甘えん坊に。

探求心や知識欲は旺盛で、興味をひかれることはトコトン没頭します。

それでも、勉学や学術の理解は早く、一を知って十を知る天才肌。

印星突出タイプは、専門職やいわゆるオタクの世界に入ると、水を得た魚のように成功をつかめます。

なかには趣味で実利を得て大成する人も。

印星突出タイプの開運法は、アタマの中で考え過ぎて悩みを作り出してしまう傾向が強いので、まずは、考える前に行動すること

人の力をあてにせずに自立する意識を持つことが大切です。

そんな印星突出タイプこつっくさん

大運干支の天干に【壬】が、2020年(庚子)、2021年(辛丑)の年干支の影響で、こつっくさんの五行バランスが動きます。

上のチャートを見るとわかるように、こつっくさんの五行バランスには、【財】の星がありません。

【財】の星は、夢、理想、目標などの手に入れたい対象物を意味します。

財星がない、ということは「計画性や現実性が乏しい」と解釈します。

ところが、2020年の年干支に【庚】が、2021年の年干支に【辛】が巡ります(※具体的には立春以降)

【庚】【辛】は金の五行で、こつっくさんの五行チャートでは【財】になります。

こつっくさんの中で「目標意識」と具体的に行動しようという気持ちが強くなる2年間に。

くわえて、大運干支が【壬午(みずのえうま)に切り替わり、こつっくさんの五行バランスの【官(水の五行)】に作用が出ます。

もともと弱かった計画性、現実性、行動力。

この3つが揃う2年間が始まるわけです。

伸びる方であるのは、四柱推命でもわかりました。

鍵は、計画性と実行力を強めること。

#昼食調査兵団 以外に、あと一つ二つ、企画系ハッシュタグの運営を検討されてもいいかもしれません。

つぶやくことを楽しむことが開運につながる方ですから。

それと、これまで発信した異彩を放つ異色の朝ツイートを、そのままにしておくのはもったいない!

話題のnote などを使って取りまとめ、いつでも楽しめるといいのに…なぁ〜んて思っています。

もっといえば、おもしろツイートを作っている画面を録画して、動画も公開するとか…

いろんなアイデアが浮かんできそうです。

富や禄を積み上げる星、【建禄】が大運に巡り出しました🚀

指定口座に、大金を振り込んでさしあげますよ(笑)

奇才こつっくの異彩を放つツイートの作り方(仮題)

そんなテーマで、有料note や、異彩ツイートのテンプレート集が販売される日を、ひそかに心待ちにしています。

こつっくさん @kotsukku 

戦慄(せんりす🐿の四柱推命鑑定師こと くるみによる ザツ鑑定、終了です!

以上。

ビシッ!🗿

くるみ  @Kurumimo22

こつっくさんの感想はこちら

四柱推命ザツ鑑定002|こつっくさん(感想)

 

今年の運気はこちらの【丁】をご覧ください

四柱推命で読む2020年の運気(十干編)