命式検証05:こんどうさん(Part.3)

Twitterのフォロワーの こんどうさんを、四柱推命で鑑定を進めています。

こんどうさんのプロフィールが、どんどん変容しています。

5日後、これを書いている本日時点はこちら。

2019.7.10現在

カラーリングについては、じつは、こんどうさんの命式の五行バランスが反映されているんですよ。

〝占い〟という枠を超え、鑑定結果から腹落ちしたエッセンスをジブンごとにして採り入れて試してみる姿勢。

鑑定レポートをこんなふうに活用してくださり、〝検証仲間〟としてこころ強く感じています。

こんどう @lustcun

以下のとおり書き進めていきます。

今回は、④、⑤について。

構成

① こんどうさんの五行バランス

② こんどうさんの内面性(日主 / 日干支)

③ 社会的使命

④ 今年、来年の運気

⑤ 運が大きく動く時期

今回の記事は、こんどうさんに事前の内容確認をいただいた上で公開しています

こんどうさんの命式と五行バランス

こちらが こんどうさんの命式と、五行バランスです。

こんどうさんの2019年の五行バランス

今年2019年(立春以降)のこんどうさんの五行バランスは、以下のとおりです。

現在のこんどうさんの大運(10年周期の社会運)は【甲申(きのえさる)】。

【木(食傷)】と【金(印)】が強い10年の中にいます。

【食傷】が意味するのは「表現、こだわり」、【印】が意味するのは「学び、内省」です。

こんどうさんの五行バランスはもともと、こんどうさん自身を表す【比劫】が強いのが特徴。

こちらが、こんどうさんの元の五行バランスです(以下)。

「金」の五行(印)がありません。

四柱推命では、元々の五行バランスで無い五行に星(干支)が巡るとき「運」が動きます。

現在の大運(31〜41歳)は、元の五行バランスに無い「金」の五行(印)に、大運の地支「申(金の五行)」が巡るため、こんどうさんの運が動く10年になります。

しかも、【印】は【比劫】を後押しする〝相生(そうしょう)〟の関係です。

学ぶこと、内省すること(印)によって、こんどうさん自身(比劫)はメキメキと強くなっていく社会運(31〜41歳)の中にいます。

今年2019年の年干支は【己亥(つちのとい)】。

こんどうさんの五行では「土(己)」と「水(亥)」が強くなる一年に。

こんどうさんの五行でもともと強い【土(官)】と、【水(比劫)】に星が巡ります。

プレッシャーや役割を自ら引き受け、これでレバレッジを効かせ、こんどうさん自身を鍛え上げる一年になります。

どのように動くのか?

具体的に読んでいきます。

2019年の運気の特徴と活かし方

2019年は、【己亥(つちのとい)】。

こんどうさんの五行で強い【土(官)】と、【水(比劫)】に星が巡ります。

【官】が巡る2019年のテーマは「自分の役割を見つけて、これを担う」

周囲の状況にうまく従いながら、コツコツとがんばっていくことで運が開いていきやすい時期です。

【官】にはストレスやプレッシャーという意味もあります。

自分がとるべき行動を冷静に判断し、自分の与えられた環境に感謝することをつねに忘れずに

続いて【比劫】について。

【比劫】とは、こんどうさん自身を意味します。

こんどうさんの五行バランスは、もともと【比劫】が強いのが特長です。

ここに年干支「亥」が巡ることで、こんどうさんの【比劫】がさらに強まる一年に。

【比劫】が巡る時期は、良い意味でも悪い意味でも、自分が要因となって運が決まります

今年の運気の流れを活かすポイントは次のとおり。

2019年の過ごし方ポイント
  • 【官】自分の役割を見つけ、これに徹する
    • ポイントは〝他動〟と〝他力〟←周囲の動きや状況に従う姿勢を意識すると良い(とくに、こんどうさんは【比劫】が強いタイプであるため)
  • 【比劫】〝人に譲る意識〟をこころがける
    • 自分の希望や夢に向かって全力投球する姿を魅せる→他者から認められ、成果につながる
    • 比劫が強くなる時期→自分のわがままが出やすく、敵を作りやすい

もともと確固たる自分を持っている こんどうさん。

第二宿命 / 社会からの期待役割も【帝王】でした(※命式検証パート2を参照)

2019年は【比劫】【官】が強くなる一年です。

四柱推命鑑定師・くるみとしては〝外発的な要素〟をうまく活かしながら、こんどうさんの個性やスキルを織り交ぜていってほしいと思いました。

そういう意味でも、Twitterで実施中の「応援団長」「最高魅せ方責任者」など、月替わり(?)週替り(?)日替り(?)で役割のコンセプトを変える方法は、今年の運勢にふさわしいやり方です。

さすがだと思いました。

例によって、ここ最近のツイートをたどってみました。

「Twitterをネタにした名刺づくり」の募集を始めていました。

https://twitter.com/lustcun/status/1148234729629503489

こんどうさん自身のお役立ちポイントどこにあるのか?

日々、企画・提案して、Twitterのタイムラインからフィードバックを受けながら前に進む。

そんな〝こんどうサイクル〟を着実に回している様子が伺えます。

 

来年以降、こんどうさんの五行は、金の五行(印)が強くなります。

今年一年のさまざまな取り組みは、来年(立春)以降、貴重な経験 / 知見としてこんどうさんの発信や活動により幅を効かせることになるでしょう。

来年以降の発展をより意識して2019年を過ごしてください。

(※四柱推命は旧暦で読むため、2019年=来年2020年2月3日まで となります)

2020年、21年の運気について

つづいて、2020年、2021年について見ていきます。

大きな特長は、元の命式でなかった【印】が強くなることです。

理由は、2020年、2021年の年干支が【庚子(かのえね)】【辛丑(かのとうし)】で、「金」「水」の五行の組み合わせの干支が巡るため。

【印】が巡る時期は、学びと内省の時期。

2020年、2021年の特長は次のとおりです。

2020~21年の特長

【印】が強くなる時期

  • 学びと内省の時期
    • 考えることが理にかなっている→人から尊敬されやすい
    • 自分が興味のあるテーマの探究に没頭して大きな成果が得やすい
    • 目上からの引き立ても得やすい時期
  • ストレスがたまりやすい時期
    • こころが内にこもりやすい(依存心が強くなり感情的に不安定になりやすい)

2020年(立春以降)、2021年の過ごし方のアドバイスをまとめます。

Message
  • 周囲の状況にあわせて必要な取り組みをコツコツと重ねていく(※これはこんどうさんの五行バランスでは大前提)

    • 感謝の気持ちをつねに忘れずに
  • 学びたいテーマに専念する(学びや内省が深まる時期)
  • 尊敬できる目上の人との信頼関係を築く(目上の人からの引き立てを受けやすい時期)

こんどうさんの五行バランスは、日主が「水」で水の五行が強い命式。

【強水(きょうすい)】というタイプで「大洪水」を表します。

こんどうさんの日主は【癸(みずのと)】で、イメージは「雨」。

このタイプの五行バランスの開運策は、「木」の五行によって強すぎるエネルギーを吸い取り、さらに「火」の五行(財)にエネルギーを渡していくのが理想です。

ラッキーパーソンは、日干支【甲(きのえ)】【乙(きのと)】を持っている方。

開運につながる行動は、表現することです。

理由は、こんどうさんの「木」の五行は【食傷】で、【食傷】は表現(アウトプット)の星だから。

すでに実践されていますが、自分を知ってもらう発信を積極的に、そして、表現行為を大切にしてください。

この積み重ねが、こんどうさんの開運につながります。

こんどうさんの五行バランスは「木」の五行が弱いので、これを補う行動も開運につながります。

具体的には、植物を育てたり、森林浴をする。

読書(紙の本)、ブルー系のコーディネイトを楽しむなど、「木」の五行を補い、自分をリラックスさせてあげるよう心がけるとよいでしょう。

そういえば、トゥモローゲート社の新オフィス移転のお祝いに「パキラ」を進呈されていましたっけ。

パキラの水やりで、定期的に大阪を訪れるのも開運策です。

ご検討ください(笑)

でも、こんどうさんの命式は〝大洪水〟の方。

水のやり過ぎにはお気をつけください。

根が腐って、パキラを枯らしてしまいます(こちら、経験あり)。

冗談はさておき、上のカットは、こちらのツイートから拝借しました。

https://twitter.com/lustcun/status/1144754339698753536

10年周期の節目「大運」について

さいごに大きな2つの運気の切り替わりについてお話しします。

まずは「大運(だいうん / たいうん)」について。

こんどうさんの大運(社会運)は、31歳、41歳、51歳…と10年周期で切り替わります。

大運でもっとも注目したいのは、41歳〜51歳の10年です。

大運律音だいうん / たいうんりっちん)です。

大運律音とは、こんどうさん自身を表す日柱の干支【癸未(みずのとひつじ)】が、41歳〜51歳のこんどうさんの大運に、同じ干支が巡る状態をいいます。

大運律音(だいうん / たいうんりっちん)

  • 大運に日柱の干支があること
  • 通常の倍の成果が出せる10年になる

大運律音の実地検証については、古坂大魔王さん(ピコ太郎)、三浦大知さん(歌手)、小田和正さん(歌手)の記事で紹介しています。

なかでも、ピコ太郎さんの大運律音に起きた出来事は華々しすぎて、ブログ用の資料を集めで目が釘付けになりました。

古坂大魔王&ピコ太郎の大躍進は【大運律音】にあった!

こんどうさんについては、41歳〜51歳に巡る大運律音を常に意識して、41歳までの残り7年間を過ごすとよいでしょう。

大運律音について書いた記事はこちら

30年周期の節目「接木運」について

つづいて、30年周期の運気の切り替わり「接木運」について。

こんどうさんの「接木運」は41歳前後におとずれます。

41歳前後で、30年周期の運気が切り替わります。人生の大きな転換期といってよいでしょう。

なかでも41歳〜51歳の大運【比肩】は「独立」の星。

こんどうさんのキャリアチェンジの時期と読みたいところです。

現在、会社員としてキャリアを積んでいる こんどうさん。

「独立」を望んでいるのならば、41歳前後に巡る「接木運」を意識して準備を重ねていくとよいでしょう。

こちらがこんどうさんの命式です。

個人的に注目しているのは、日柱の【偏財】【墓】、時柱の【劫財】【偏印】【衰】の星です。

通変星【偏財】【劫財】【偏印】、十二運星【墓】【衰】の説明はここでは省きますが、志を同じくした仲間と「研究やコンサルティング」をテーマにした活動(ビジネス)を推し進めていくようなイメージがあります。

命式鑑定パート2で、こんどうさんの第二宿命を読みました。

【帝王】と【財】の組み合わせの解釈をここに重ねて読みたい気持ちになります。

命式検証05:こんどうさん(Part.2)

あくまでも、イメージ、私くるみの妄想です。

上でも書きましたが、こんどうさんの五行バランスは「自分を知ってもらいたい(食傷)」という思いを積極的に発信することで、これが目標(財)の実現につながっていくタイプです。

すでにTwitterで、日々、積極的に企画と立ち上げ、発信を続けているこんどうさんですが、これをより意識して取り組んでいくとよいでしょう。

真面目で誠実、有言実行で周囲からの信頼も篤い こんどうさん。

人生は、剣道の〝地稽古〟です。

剣道の地稽古とは?

一種の試合稽古のようなもの。ただし、試合と大きく違う点は、勝敗がないこと。

よって、試合をさばく審判もいない。お互いにこれまでの稽古で培ってきた技を出しあい、お互いの技術を磨き合う

がまん強さは天下一品ですが、我慢も限界に達すると容赦なく徹底的に叩きのめす激しさも内に秘めています。

そういう意味でも、繰り返しになりますが【食傷(木の五行)】の扱い方が大切な方です。

自分のことをわかってもらう表現行為、こんどうさん自身の弱さを素直に出せる存在(家族や友達など)を、どうぞ大切にしてください。

41歳から始まる「大運律音」の10年が、どんなふうに展開するのか、楽しみです。

以上です。

こんどうさん、ありがとうございました❤️

活躍をいつも応援しています❤️

こんどうさんの鑑定(Part.1、2)はこちらです。どうぞお読みください。

構成

Part.1

① こんどうさんの五行バランス

② こんどうさんの内面性(日主 / 日干支)

Part.2

③ 社会的使命

Part.3

④ 今年、来年の運気

⑤ 運が大きく動く時期

命式検証05:こんどうさん(Part.1) 命式検証05:こんどうさん(Part.2)