鑑定体験ふりかえり(四柱推命鑑定師・結月翔子さん)

四柱推命講座修了生のコミュニティで知り合いになった 結月翔子さんから依頼を受けて鑑定をしました(以下、翔子さんと略してお呼びします)

四柱推命鑑定師の結月翔子さんから鑑定依頼を受けました

翔子さんにアンケートをお願いしたところ、さっそく回答をくださいました。

ありがとうございます❤️

 

今回、鑑定を依頼した理由は?

四柱推命鑑定師となって、早3ヶ月が経ちました。

鑑定を重ねるなかで感じてきたことは、五行の知識がまだまだ足りないということ。

五行バランスで鑑定されている森田さんのご活躍は、ブログで拝見していました。

五行バランスで鑑定するということはどういうことなのか?

これを知りたかったということ、くわえて、わたし自身、四柱推命鑑定師とヨガインストラクターの仕事を今後どのようにして融合させ、進んでいけばよいかを鑑定してもらいたくてお願いしました。

 

参考になった点は?(優先順で)

①五行バランスの図が見やすくてとても良かったです。

四柱推命の鑑定書は漢字ばかりなので、最初はなかなか全体像をつかむのが難しいものです。

でも、五行バランスの図は一目見ただけで、どのようなバランスなのかがわかるので良いですね。

②今後どういうことをしていったら良いかの提案を、具体的にたくさんもらえたのが嬉しかったです。

どれも、わたしが思いつかないようなことだったり、知らないことをたくさん提案していただきました。

やる気も出るし、具体的に行動に移せるのでとても為になりました。

③気をつけるべきことや、わたしのタイプを知ることができたのも良かったです。

わたしは鳥海流だと運勢エネルギーが20あるので「身強」になります(★)

今回、五行バランスで見ると【比劫】が弱く、「身弱」タイプであることも知ることができました。

タイプによって得手不得手が異なり、やり方(対策)も違ってくるため、タイプを把握しておくことは大切だと思いました。

四柱推命」というだけあって、やはり四柱で読むことの大切さも実感しました。

④わたしは「本を書く人」だと言ってもらえて嬉しかったです。

そんなこと思ったこともありませんでした。

命式に出ている自分の適性を知ることができると、進むべき道も見えてきます。

この指摘をいただけたのは、すごくありがたいと思いました。

 

今回の鑑定体験をお薦めするならどんな人へ?

仕事の方向性を知りたい方や、仕事で飛躍したい方です。

自分のビジネス、仕事において具体的にどういうことをしていけば良いかや、苦手なこと、得意なことなどを整理してもらえます。

ビジネスにおいて迷っている方や伸び悩んでいる方は、ぜひ受けてみてほしいと思いました。

森田さんの四柱推命鑑定はとてもわかりやすい点が特長だと思っていますが、企業で培ってきた実務的な経験と知識もお持ちです。

(※Twitterのアカウント名は「くるみ」ですが、苗字は森田で「森田くるみ」というペンネームで活動しています)

その方面からも具体的なアドバイスをもらえました。

仕事やキャリアデザインでモヤモヤする点がある方に、オススメです。

また、陰陽五行思想や五行バランスに興味がある方、東洋医学などを勉強中という方も、鑑定を受けられるといろいろな気づきを得られると思います。

翔子さん、励みになるコメントをありがとうございます。

とても参考になりました。

わたし自身、自分の命式の五行バランスを図解として視覚的に認識する効果を実感しています。

参考までに、翔子さんとわたしの五行バランスを並べてみました。

こちらが、翔子さん。

こちらが、わたしの五行バランスです。

見比べてみてください。

翔子さんの五行バランスで欠けている【官】と【財】がわたしは強く、わたしが弱い【印】は翔子さんが強い、というバランスです。

翔子さんに提出した鑑定レポートにフィードバックをもらった際、翔子さんの「中長期的な計画を立てるのが苦手」というコメントが印象的でした。

翔子さんの五行バランスには、自分で計画を立てて実行に移す、ということがあまり得意ではない、ということが出ていたためです。

こちらが翔子さんの五行バランス。

【財】は「夢、理想、目標などの対象物」を、【官】は「秩序、ルール、管理」などを意味します。

わたしは、翔子さんの「計画性」や「行動面」をサポートする関係。

お互いに不足している五行を補い、支えあっていければと思いました。

それから、感想のコメントの中で「わたしは鳥海流だと運勢エネルギーが20あるので「身強」になります(★)」とあります。

翔子さんの命式は、〝身旺身弱(みおうのみじゃく)〟といいます。

〝身旺身弱〟とは、自分自身を示す【比劫】が弱く、【比劫】を後押しする【印】が強い五行バランスのことです。

浅野太志先生の教科書の解説をそのまま引用すると、次のようになります。

身旺身弱論

身旺(身強)とは、日数の五行のエネルギーが強い状態のことを表します。

主に、【比劫】と【印】が命式に多く発生した場合、身旺になる確率が高くなります。自信過剰な性格で、周囲の人よりも自分のことを優先すると言われています。

概して運気は強い傾向となりますが、運気の波の振り幅は激しくなります。

ただし、例外的に、日主が十二支を根を持たず、同五行の【比劫】も少ないにもかかわらず、【印】だけが多すぎる場合、「身旺の身弱」といって、実際には自信のない身弱タイプの命式になります。

身弱とは、日主の五行エネルギーが良い状態のことを表します。

主に【食傷】、【財】、【官】が命式に多く発生した場合、身弱になります。

一言でいえば、身旺は落ち着いてマイペースであり、身弱はやや不安定で理想主義となり、感情にムラが出やすいようです。

出展:浅野太志「四柱推命講座〜初級編〜第6講座(P.53)

 

こちらは、翔子さんの師匠である花咲詩夢さん(以下詩夢さん)の命式の五行バランス。

詩夢さんも翔子さんと同じ「インストラクタータイプ」ですが、詩夢さんの場合は「身旺(身強)」です。

翔子さんと、詩夢さんは、同じインストラクタータイプですが、翔子さんは「身旺身弱」、かたや詩夢さんは「身旺(身強)」。

タイプは似ていますが、「身旺身弱」「身旺(身強)」では対策が異なります。

詩夢さんは、翔子さんが初めて四柱推命を学んだ先生。

五行のタイプも似ているため、どうしても詩夢さんの存在を意識しがちかもしれません。

理想主義者の翔子さんは、学び、探究することで自分を磨き、鍛えていくことが大切な方(詩夢さんはありのままの自分で堂々と活躍するタイプ)。

この点を心に留めて切磋琢磨していかれるとよい間柄です。

今回の鑑定を通じて、いくつか提案をさせていただきました。

秋には結婚式を控えられ、ライフスタイルも大きく変わる時期を迎えていらっしゃいます。

「翔子さん=本を書く人」というのは、このテーマ(ヨガと四柱推命を融合させた処方箋づくり)について、何かきちんとまとめる方なのではないか?

命式の五行バランスからそう読めたためです。

7年以上ものヨガインストラクターとしてのキャリアと、四柱推命(五行思想)を融合させた翔子さんならではのプログラム(結月翔子メソッド)を、ぜひカタチにしていただきたいと思っています。

五行思想にもとづいた四柱推命について興味があるようでしたら、やはり浅野太志先生の講座受講はお薦めです。

生涯かけて「学ぶこと」がテーマの翔子さん。

焦らないで、じっくりと学びを深めていっていただけたら、と思っています。

興味があるようでしたらお申し出ください。浅野先生をご紹介します。

わたし自身は「身弱多財」。

理想が高く、なかなか自分に自信が持てないタイプです。

経験を積みながら強くなっていきたいと思っています。

長いお付き合いになりそうな予感がします。

翔子さんの前途をいつも応援しています。

今回はありがとうございました。

そして、今後ともよろしくお願いいたします。

翔子さんの鑑定レポートは、こちらで書いています。よろしければお読みください。

四柱推命鑑定師の結月翔子さんから鑑定依頼を受けました