鑑定体験ふりかえり(あき庵さん)

Twitterでフォロワーの あき庵さんの命式を、3回にわたって読んで記事に書きました。

あき庵  @Middle__manager

あき庵さんに今回の鑑定体験のアンケートをお願いしたところ、さっそく回答をくださいました。

ありがとうございます❤️

 

これまで占いを利用したことはありますか?

新聞や雑誌の占い程度で、自分自身を見てもらったのは初めてです。

 

参考になった点は?(優先順で)

パート1の日柱の干支【己卯】の特長:職人的な律儀さ、些細なことでも気にしやすい性格、神経質で繊細

パート2の第二宿命 / 通変星【偏官】の特長:出世にはこだわらず、一目置かれて任せてもらえる環境を好む

この二つは大きくうなずきました。

パート3の「2019年の過ごし方ポイント」のアドバイス。

とくに「【比劫】〝人に譲る意識〟をこころがける。比劫が強くなる時期自分のわがままが出やすく、敵を作りやすい」という指摘は、最近心当たりがあるので、しっかり意識したいところです。

くるみ

昨年2018年の年干支は【戊戌】と「土」の五行がダブルで巡っていた一年。

昨年、今年と、良い意味でも悪い意味でも自己中心的な面が前面に出やすい時期でもあります。

〝愛のアップルパイ作戦🍎〟を大切にされてくださいね。

 

今回の鑑定体験をお薦めするならどんな人へ?

自分の性格や人づきあいに悩んでる方、疑問に感じている方におすすめしたいと思いました。

僕の場合、四柱推命の鑑定は、悩みの解決よりも、これまで自分自身が疑問に感じていた「性格面」について納得できる理由を見つけることができたので。

くるみ

なるほど、と思いました。

自分自身の捉え方が変われば、「悩み」の捉え方や「悩み方」もおのずと変わる

理にかなっています。

四柱推命鑑定は、自分を捉え直す〝補助線〟の役目を果たす

私くるみも、そう感じていた節があったので、あき庵さんの感想に共感しました。

 

ブログで自分の命式を鑑定されるって、どんな感じ?

本名でないせいか、とくに違和感なくお願いできました。

ブログで文字として残るので、たびたび見返せる点も嬉しいですね。

くるみ

対面占いは、占いを受ける側も緊張して鑑定内容を覚えていない。

このような自身の苦い体験が、ブログを使った文章での鑑定スタイルにつながっています。

Twitterを使えばフォローアップもできるので、このやり方の手応えを感じていましたが、あき庵さんの感想で確信しました。

この方法で進めていこうと思います。

不明な点、さらに知りたいことがありましたらお気軽にTwitterで絡んでくださいね。

 

あき庵さん、貴重なコメントをありがとうございました。

いまの私くるみにも、励みになるフィードバックをいただきました。

これからも応援していきます。

あき庵さんの鑑定レポートは、こちらで書いています。よろしければお読みください。

構成

Part.1

① あき庵さんの五行バランス

② あき庵さんの内面性(日主 / 日干支)

命式検証06:あき庵さん(Part.1)

Part.2

③ 社会的使命

命式検証06:あき庵さん(Part.2)

Part.3

④ 今年、来年の運気

⑤ 運が大きく動く時期

命式検証06:あき庵さん(Part.3)