命式検証04:りゅうじさん(Part.3)

Twitterのフォロワーの りゅうじさんへお礼を兼ねて、四柱推命で鑑定を進めています。

2019.6.17現在

りゅうじ @ryuji_jiyuu

以下のとおり書き進めていきます。

今回は、最終回④、⑤について。

構成

① りゅうじさんの五行バランス

② りゅうじさんの内面性(日主 / 日干支)

③ 社会的使命

④ 今年、来年の運気

⑤ 運が大きく動く時期

今回の記事も、りゅうじさんに事前の内容確認をいただいた上で公開しています

りゅうじさんの命式と五行バランス

こちらがりゅうじさんの命式と五行バランスです。

りゅうじさんの2019年の五行バランス

今年2019年のりゅうじさんの五行バランスは、以下のとおりです。

りゅうじさん(2019年)

現在のりゅうじさんの大運(10年周期の社会運)は【丁酉】。

【火(食傷)】が強い10年の中にいます。

【食傷】が意味するのは「表現」「こだわり」。

りゅうじさんの五行バランスはもともと【食傷】が強いのが特徴ですが、現在の大運は【食傷】がさらに強くなる時期に。

良い意味でも悪い意味でも、りゅうじさんの中の〝こだわり〟が強くなる10年間です。

そして、今年2019年の年干支は【己亥(つちのとい)】。

りゅうじさんの五行では「土(己)」と「水(亥)」が強くなる一年になります。

りゅうじさんの五行で弱かった【土(財)】と、五行に無かった【水(印)】が巡ります。

元の五行に無い五行が巡ると運が動きます(りゅうじさんの場合は【水(印)】)。

したがって、今年2019年はりゅうじさんの運が動く一年になります。

どのように動くのか?

具体的に読んでいきます。

2019年の運気の特徴と活かし方

りゅうじさん(2019年)

2019年は、【己亥(つちのとい)】。

りゅうじさんの五行にもともと無かった【印】と、弱かった【財】が強くなります。

【印】が巡る2019年のテーマは「学びと内省」

良い意味でも悪い意味でも、いろいろ考えさせられる時期になります。

目上の人から引き立てを受けたり、資格やスキルを身につけるにも抜群の時期です。

いっぽう、メンタル面のケアにも目を向けたい時期。

依存心が強くなったり精神的に不安定になり内側に籠もってしまう可能性もあるので注意が必要です。

続いて【財】について。

【財】とは、目的となる対象物:お金、夢や目標を意味します。

2018年の年干支は【戊戌(つちのえいぬ)】でした。

「土」の五行がダブルで巡り、りゅうじさんの五行で【財】が強くなった一年。

したがって、昨年はりゅうじさんの中で夢や目標がはっきりしたり、大きくふくらんだ一年だったといえます。

(実際のところどうだったのしょう?)

Twitterを始められたのが2019年3月。

Twitterデビューと密接に関わっているようにも感じられます。

昨年の流れが今年も続いているかたちです。

りゅうじさんはもともと〝こだわり(食傷)〟が強い五行バランスの持ち主。

今年は【食傷】→【財】の流れを意識して、理想世界に近づくために積極的にアウトプットを加速させる一年にしていってください。

今年の運気の流れを活かすポイントは次のとおり。

2019年の過ごし方ポイント
  • 【食傷】意味のある〝こだわり〟を積極的にアウトプット
    • 意味のある〝こだわり〟とは?←これを考えることも重要
  • 【財】ひと付き合いを楽しむ(とくに目上【印】)
    • 社交的になる時期疲労から健康状態を害しやすいので要注意
    • 色恋沙汰、金銭トラブルにも注意
  • 【印】じっくりと自分を見つめ直す時間を大切にして、今後必要な知識やスキルを見極める
    • 向上心や洞察力が高まる時期
    • 人に上手に取り入ることで必要なものを手に入れられやすい時期

もともとアクティブなりゅうじさん。

夢や目標につながる〝意味のある / 価値のある こだわり〟とは何か?

これをどのように表現したら目標に近づけるのか?

この大切なテーマをじっくりと考えて、次の発展期に備える2019年に!

(※四柱推命は旧暦で読むため、2019年=来年2020年2月3日まで となります)

2020年、21年の運気について

つづいて、2020年、2021年について見ていきます。

大きな特長は、元の命式で弱かった【官】が強くなることです。

理由は、2020年、2021年の年干支が【庚子(かのえね)】【辛丑(かのとうし)】で、「金」「水」の五行の組み合わせの干支が巡るため。

【官】が巡る時期は、自分の役割に生きる時期。

2020年、2021年の特長は次のとおりです。

2020~21年の特長

【官】が強くなる時期

  • 自分の役割に生きる時期
    • 周囲の状況にしたがってコツコツとがんばっていく
    • 与えられた状況への感謝を忘れずに、冷静に
  • ストレスがたまりやすい時期
    • ストレスのコントロールが大切
    • 権利関係に関することなど注意

2020年【庚子(かのえね)】は注意が必要な一年でもあります。

りゅうじさんの日干支【甲午(きのえうま)】と2020年の年干支【庚子(かのえね)】の関係は、天干が剋して地支が冲の関係です。

これを「天剋地冲(てんこくちちゅう)」または「天戦地冲(てんせんちちゅう)」といいます。

分離や破壊のパワーが強くなり、波乱万丈な一年になると読みます。

海が大嵐に見舞われる、そんなイメージです。

この「天剋地冲」という運気を意識して過ごすほど、りゅうじさんは強く鍛えられます。

荒れた海をどう進んでいくか?

波乗り成功哲学マスター、りゅうじさんの本領が試される時期だといえるでしょう。

2020年(立春以降)、2021年の過ごし方のアドバイスをまとめます。

Message
  • 周囲の状況にあわせて必要な取り組みをコツコツと重ねていく

    • 感謝の気持ちをつねに忘れずに
  • 学びたいテーマに専念する(学びや内省が深まる時期)
  • 尊敬できる目上の人との信頼関係を築く(目上の人からの引き立てを受けやすい時期)

人生はいつだって波乱万丈。

これを前提に舵取りをし、波乱万丈な経験から多くのことを学ぶことだって可能です。

りゅうじさんの命式には、直感の星(十二運星「死」)が2つもあります。

2020年、2021年は〝直感〟というセンサーにフルに活かして、りゅうじさんの役目を果たしていってください。

10年周期の節目「大運」について

さいごに大きな2つの運気の切り替わりについてお話しします。

まずは「大運(だいうん / たいうん)」について。

りゅうじさんの大運(社会運)は、36歳、46歳、56歳…と10年周期で切り替わります。

36歳〜46歳の10年間は「火」の五行(食傷)がとても強く巡る10年に入ります。

とくに2025年(39歳)の一年は、りゅうじさんの命式に火の亡神(※)が成立し、「火」の五行(食傷)がかつてないほどに燃え盛る一年になります。

※2025年(乙巳)は、寅=巳=午=未が揃う。これを火の亡神が成立するといいます

36歳〜46歳の10年間を巡る大運干支は【戊戌】で「土」の五行の組み合わせ。

りゅうじさんの【財】も動きます。

【財】とは、目標、夢、理想、お金、恋人などの対象物。

以下のとおり、りゅうじさんは、もともと「火」の五行(食傷)の強い五行バランスの持ち主。

2025年(39歳)の一年は、交際範囲が広がり、着想やアイデアがツボにはまって企画が大成功し、夢や目標が叶えられる。

大ブレークの年になる。そう読みました。

36歳〜46歳の10年を見据えて、その準備を着実に進めていってください。

30年周期の節目「接木運」について

つづいて、30年周期の運気の切り替わり「接木運」について。

りゅうじさんの「接木運」は46歳前後におとずれます。

46歳以降の30年間のテーマは「学び」です。

スペシャリストの星(律音)、探究心の星(墓)を持っているりゅうじさん。

46歳以降、生涯をかけて学ぶべきテーマがよりはっきりと確立することでしょう。

清潔感とインテリジェンスに溢れ、情熱的で常に向上心あふれるりゅうじさん。

人生はサーフィンです。

知力、体力、そして、表現力を磨いて、人生という波乗りを思う存分楽しんでください。

波乗りに大切なのが「波を読むスキル」と「体幹」です。

りゅうじさんの仲間たちのサーフボード(イメージ)

りゅうじさんが身をもって学んだ経験を「波乗り成功哲学」に昇華させ、りゅうじさんを慕う仲間とともに人生の冒険を満喫してください。

以上です。

りゅうじさん、ありがとうございました❤️

ご活躍をいつも応援しています❤️

りゅうじさんの鑑定(Part.1、2)はこちらです。どうぞお読みください。

構成

Part.1

① りゅうじさんの五行バランス

② りゅうじさんの内面性(日主 / 日干支)

Part.2

③ 社会的使命

Part.3

④ 今年、来年の運気

⑤ 運が大きく動く時期

命式検証04:りゅうじさん(Part.1) 命式検証04:りゅうじさん(Part.2)