イチロー選手の現役引退について四柱推命で読んでみた

2019年3月21日、春分の日、メジャーリーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が現役引退を発表しました。

イチロー選手は、日本で9年、アメリカで19年、プロ野球選手として活躍をつづけてきました。

この日、東京ドームで開催された「メジャーリーグ日本開幕シリーズ/対アスレチックス戦」がイチロー選手の見納めのゲームとなりました。

2日前、イチロー選手の現役引退の可能性を知らせるツイートが流れてきました。

(フライングだったようで、訂正されていましたが)

「あぁ、ついにその日が来たか」と思い、昨年2018年3月21日に調べていたイチロー選手の命式を取り出し、ふたたび目を通しました。

じつは2018年3月、イチロー選手がシアトル・マリナーズに戻るというニュースが気になって、命式を調べていたのです。

今回の現役引退発表にいたった運気の流れを、四柱推命でざっと読んでみました。

イチロー選手は、しがらみで束縛されない自由人

こちらが、イチロー選手の命式の通変星の強弱を表すパラメーターです。

そして、こちらがイチロー選手の命式の通変五行バランスです(出生時間がわかるため四柱で作成)

イチロー選手の命式は「火」の五行がゼロで、官星が陥没しているタイプです。

官星陥没タイプの特長は次のとおりです。

官星陥没タイプ

  • しがらみで束縛されない自由人
  • 穏やかでソフトな印象を与えるが、心の底に強い意志を秘めている(マイペースなので表面には顕れづらい)
  • 生来の天真爛漫さや性格のバランスの良さで華やかさがあり、人気者(芸能人やタレントとしての成功も期待)
  • 自分を律してコントロールできるかが鍵

45歳で「大運」が切り替わるイチロー選手

イチロー選手の最近の運気の流れを見てみます。

現在45歳のイチロー選手は、大運が切り替わっています。

大運とは、10年の周期性を持った人生の運の流れのこと

自分を取り巻く社会運を表す

こちらが、イチロー選手の大運を示した表です。

イチロー選手は現在45歳。

表を見ると、45歳から大運が切り替わっていることがわかります。

じつは、昨年2018年3月にイチロー選手がシアトル・マリナーズに戻ると知ったとき、命式を調べました。

「大運の切り替わり時期」を迎えていることがわかったため、「10月22日の誕生日以降、引退発表が近づいている」と察していました。

2019年3月21日に巡る干支とは?

つづいて、2019年3月21日のイチロー選手の通変五行バランスに見てみます。

2019年3月21日は、どのような干支が巡る一日だったのでしょうか?

メモ

2019年【己亥(つちのと い)

3月【(ひのと う)

21日【(ひのと み)

現在45歳のイチロー選手の大運に巡る干支も日干支と同じ【(ひのと み)】です。

大運、月運、日運すべてに「火」の五行の十干【(ひのと)】が巡っていることがわかります。

「火」の五行きわめて強い一日でした。

イチロー選手の【辛】は美しい宝石

イチロー選手の命式の「比劫(イチロー選手自身を表す)」は【辛】で「金」の五行です。

イチロー選手の命式において「火」の五行は「官星」です。

2019年3月21日は、「火」の五行である十干【丁(ひのと)】が非常に強い一日であり、イチロー選手を意味する「比劫」を剋す運が強く巡っていました。

※わかりやすいように、2019年3月21日のイチロー選手の通変五行バランスチャートを再掲します

イチロー選手自身を表す十干は【辛(かのと)】で、【辛】は美しい宝石や貴金属を表す星です。

美しい宝石や貴金属を表す【辛】は、「火」の五行(とくに【丁】)が巡ればドロドロに溶かされてしまうことから、【辛】は「火」の五行が巡ることを嫌がります。

「官」は「〜あるべき/〜すべき」の星あり、プレッシャーも意味しています。

2019年3月21日、命式の五行バランスを見るかぎりにおいて、イチロー選手のプレッシャーがピークに達した一日であったと読むことができます。

いっぽう、「官」が運命上に巡る時期は、自分の役割に生きる時期と読みます。

「火」の五行ゼロのイチロー選手の場合

命運を読むときには、日干のエネルギーの強弱を見ます。

イチロー選手の命式において「火」の五行はゼロです。

イチロー選手の場合、「火」の五行が巡るときに運気が大きく動きます。

※わかりやすいように、2019年3月21日のイチロー選手の通変五行バランスチャートを再掲します

イチロー選手は、2019年3月21日の試合終了後、記者会見を開き、正式に現役引退を表明しました。

イチロー選手の日主は【辛(かのと)】で、美しい宝石や貴金属を表す星です。

自分の才能という「原石」を圧倒的な努力で磨きつづけ、輝やかんばかりの「宝石」のような偉業を成し遂げたイチロー選手。

1991年(18歳)から2019年までの28年にわたる野球人生、ほんとうにおつかれさまでした。

次回は、イチロー選手と伴侶である弓子夫人の「大運」に巡る共通点などについて書いてみる予定です。

イチロー選手のように、「比劫(自分自身を意味する星)」が弱い命式の場合、「官星」の五行が強くなって「比劫」が剋されるときに大きく運が動きます。

この件については、ピエール瀧さんとベッキーさんの命式でも見られます。

よろしければご参照ください。

51歳のピエール瀧さんの命式に見られる2つの転機