命式検証04:りゅうじさん(Part.2)

Twitterのフォロワーの りゅうじさんへのお礼を兼ねて、四柱推命で鑑定を進めています。

2019.6.10現在

りゅうじ @ryuji_jiyuu

今回は、③について。

① りゅうじさんの五行バランス

② りゅうじさんの内面性(日主 / 日干支)

③ 社会的使命

④ 今年、来年の運気

⑤ 運が大きく動く時期

今回の記事は、りゅうじさんに事前の内容確認をいただいた上で公開しています

大前提となる①、②についてこちらで書きました。

命式検証04:りゅうじさん(Part.1)

りゅうじさんの命式と五行バランス

こちらが りゅうじさんの命式と、五行バランスです。

りゅうじさんの社会的使命を示す【劫財】【墓】

「社会的使命(社会からの期待役割)」を意味する「第二宿命」を見ていきます。

鳥海流・四柱推命では「第二宿命」は、大運(10年ごとの自分を取り巻く社会運)の二段目にある星で読みます。

りゅうじさんの大運表がこちら。

大運表の2段目にある星は、通変星【劫財】と十二運星【墓】の組み合わせ。

この二つの星の組み合わせで読み解いていきます。

通変星【劫財】の特長

意地、がんばり、策士、向上心、社交性

  • 内面的な闘志が強い
  • 明確な目標を設定することで成功する
  • 人を惹きつける魅力や影響力があり、組織をつくるのが得手

十二運星【墓】の特長

イメージ:入墓(にゅうぼ

  • 探究心が強く、凝り性
  • 洞察力や観察力に優れている
  • 一つのことをコツコツやると良い
  • 先祖との縁が深い

四柱推命の十二運星は、運勢エネルギーの強弱を示す星。

人の一生に見立てて運の強弱を表します。

十二運星とあるように、全部で12個あります。

十二運星について

 

人が生まれてから、命が尽きるまでの一生に見立てて、運の強弱を表す

勢いがあるのは、成長期から完成期を示す【長生】【冠帯】【建禄】【帝旺】

 

【胎】母親の胎内に命を宿し

【養】養い、育てられ

【長生】成長して

【沐浴】裸になって身を清め

【冠帯】成人となり(〝冠帯〟は成人の儀式の意味)

【建禄】社会人として一生懸命働き

【帝旺】人生の頂点に達して

【衰】少しずつ衰えていき

【病】病の床につき

【死】死を迎え

【墓】墓に入って

【絶】あの世へと旅立つ(土に還る)

命式を読む場合は、この十二運星と通変星の組み合わせで読んでいきます。

りゅうじさんの社会的使命とは?

以上から、第二宿命に【劫財】【墓】を持つ りゅうじさんの社会的使命を、次のように読んでみました。

自分が探究すべきテーマを見つけ、明確な目標を掲げて仲間と共にこれを発展させる。

意地とがんばりの星【劫財】は、リーダーシップの星です。

りゅうじさんの第二宿命の【劫財】は、樹木が草に巻きつかれているイメージ。

「お人好しで、頼られやすい劫財」です。

したがって、組織をつくっていく際は、どんな人と組むのかも大切になります。

専門性分野を極める星を持つ りゅうじさん

こちらがりゅうじさんの命式です。

ご覧のように、日柱と月柱の干支がどちらも【甲午】で同じです。

これを「律音(りっちん)」あるいは「併臨(へいりん)」といいます。

専門性を磨き、一つのことをコツコツと極めることが開運につながります

りゅうじさんの命式を見ると、時柱に【墓】、日柱、月柱に【死】、第二宿命(大運の二段目で見る)にも【墓】があります。

【墓】は探究心、【死】は直感やスピリチュアルを示す星。

十二運星【墓】【死】は「後世」の星でもあります。

したがって、精神性を重んじ「自分の生きた証を残す」ことを大切にする生き方に。

りゅうじさんも「占い」がお好きだとTwitter上のやりとりで知りました。

探究しがいのある専門的なテーマを見つけることは、りゅうじさんの社会的使命(第二宿命)をかたちにする第一歩です。

すでに見つけているのかしら?

とても気になります。

ちなみに、こちらがわたしの命式です。

りゅうじさんと似た特長があります。

月柱と年柱が「律音(りっちん)」で、命式には【墓】が2つ、第二宿命の十二運星は【死】があります。

ちなみに、わたしの日主【癸(みずのと)】は、りゅうじさんの日主【甲(きのえ)】の守護神でもあります。

わたしは小学校3年のときに「星占い」に出会い、12星座の考え方や活かし方に興味を覚えました。

四柱推命にはまったく縁がありませんでしたが、一年前(2018年1月〜)に学び始めたらハマり、2018年11月にこの勉強ブログを立ち上げて、いまがあります。

(話をもとに戻します)

すでに第二宿命を生きている りゅうじさん

りゅうじさんの五行バランスは「比劫/食傷突出型」。

情熱的で常に向上心あふれるタイプです。

持ち前の魅力で人々を勇気づけ、愉しませるセンスが抜群のりゅうじさん。

りゅうじさんが探究するテーマ、そのテーマのもとに集う仲間。

仲間の力を束ねて、ほがらかに繰り広げられる〝りゅうじワールド〟

2019.6.10現在

りゅうじさんは、波乗り成功哲学マスターとして活躍されています。

現在のお仕事には、探究心(墓)と直感(死)の星が十分に活かされ、すでに第二宿命を生き始めている様子が伺えました。

りゅうじさん、実際のところいかがでしょう。

そっとお聞かせいただければ光栄です。

以上、りゅうじさんの第二宿命(社会的役割)について読んでみました。

次回は、りゅうじさんの ④今年、来年の運気、⑤大きく運が動き時期について書く予定です。

① りゅうじさんの五行バランス、② 内面性(日主 / 日干支)については、こちらで書いています。

命式検証04:りゅうじさん(Part.1)