四柱推命【通変星】の出し方と意味

通変星とは、その人の運命に影響を与える星で、生まれ持った資質や運気の特長、性質などを読むときに使います。

通変星は、全部で10ヶありますが、大きく分けると5タイプに分けられます。

これを通変五種といいます。

この記事では、次の2つについて解説します。

  • 通変星(全10ヶ)の意味や特長
  • 通変五種と通変星の出し方について

くるみ

自分自身も学び始めたばかりの頃は、通変星の特長を覚えることから始めました。

10ヶある通変星の意味や特長を、著名人の鑑定とセットで理解しておくと、難しいイメージの四柱推命も親しみやすくなりますよ!

さっそく進めていきましょう

【通変星】の出し方と意味について

通変星|比肩、劫財

四柱推命|【比肩】の性格、有名人 四柱推命|通変星【劫財】の性格、特長、有名人

通変星|食神、傷官

四柱推命|通変星【食神】の性格、特長、有名人 四柱推命|通変星【傷官】の性格、特長、有名人

通変星|偏財、正財

四柱推命|通変星【偏財】の性格、特長、有名人 四柱推命|通変星【正財】の性格、特長、有名人

通変星|偏官、正官

四柱推命|通変星【偏官】の性格、特長、有名人 四柱推命|通変星【正官】の性格、特長、有名人

通変星|偏印、印綬

四柱推命|通変星【偏印】の性格、特長、有名人 四柱推命|【印綬】の性格、特長、有名人

くるみ

「通変星の特長について、まずは知っておきたい」という方は、上でご紹介した解説記事を実際の鑑定で使うなどして、役立ててみてください。

ここからは「通変星とはどんなふうに出しているの?」

これについて、石田ゆり子さんの命式を使って説明していきます。

「なるほど、こういう成り立ちになっているのか…」

ここを押さえておいてもらえれば、OKです。

複数の知識を使うため、四柱推命初心者には、やや難しい印象があるかもしれません。

それでは、通変五種という考え方と、通変星の導き出し方についてお話ししていきましょう。

【通変星】の出し方|通変五種とは?

通変とは、命式の日主 にっしゅ(日柱の十干のこと)から見た五行の呼び名のことです。

  • 比劫 ひごう:日主の同種の五行の総称
  • 食傷 しょくしょう:日主が自分のエネルギーを漏らす五行の総称
  • ざい:日主が攻撃する的(獲物)にあたる五行の総称
  • かん:日主に対し、攻撃をしてくる相手(天敵)の五行の総称
  • いん:日主にエネルギーを与えてくれる五行の総称

まとめると、以下の表のようになります。

くるみ

石田ゆり子さんの命式で説明してみますね。

石田ゆり子さんの場合、日主(日柱の十干)は【 かのと】です。

通変とは、命式の日主 にっしゅ(日柱の十干のこと)から見た五行の呼び名であるとお話ししました。

石田ゆり子さんの日主【 かのと】は、金の五行なので、導き出した通変五種、ならびに通変星は以下のようになります。

金の五行】と蔵干【 みずのえ=水の五行】→【食傷】→十干の陰陽が異なるので  ①傷官

 

金の五行】と月柱の天干【 みずのと=水の五行】→【食傷】→  十干の陰陽が同じなので  ②食神

 

金の五行】と月柱の蔵干【 かのと=金の五行】→ 【比劫】→ 十干の陰陽が同じなので ③比肩

 

金の五行】と年柱の天干【 つちのと=土の五行】→ 【】→ 十干の陰陽が同じなので ④偏印

 

金の五行】と年柱の蔵干【 かのと=金の五行】→ 【比劫】→ 十干の陰陽が同じなので ⑤比肩

上の枠内の内容と、以下の命式を照らし合わせながら、通変星の出し方を理解してみてください。

くるみ

おつかれさまでした!

いくつかの知識を組みわせて使うので、ちょっと難しいかもしれません。

生年月日を入力すれば、簡単に命式を出せるウェブサイトもあります。

「通変星ってこういう考え方で出すのか…」

これを理解していただければと思って書いてみました。

四柱推命鑑定を進めて行く場合、通変五種(比劫、食傷、財、官、印)のなかでも、【比劫 ひごう】 と【 ざい】の関係はとくに注視する必要があります。

その理由と、読み方について書きました。

【比劫】と【財星】の関係について(4つのパターンを解説)

くるみ

四柱推命に興味がある方は、自分の命式をもとに読み方を学ぶのが一番近道です。

どうぞメルマガにご登録ください