記者会見で質問を4回もスルーした河野外務大臣の命式

河野太郎外務大臣の、記者の質問を無視するような対応に批判が集まっています。

日ロ交渉をめぐる記者からの質問を4回もスルーして、「次の質問どうぞ」を繰り返し答弁を拒否したという会見です。

「これは、負けず嫌いの星【比肩】があるはず!」

と予想して命式を調べました。

負けず嫌いの星【比肩】が3つも!

こちらが河野外相の命式です。

月柱に【比肩】が2つ、日柱に1つ、計3つの【比肩】がありました。

(ご明察〜〜〜!)👏👏👏👏👏

 

同じ通変星が重なると、【比肩】の意味が強調されると解釈します。

【比肩】自我、自尊心、独立心を表す通変星

  • 「肩を並べる」という意味。「兄弟」や「ライバル」という意味も
  • 負けず嫌いで独立心旺盛、性格はサッパリ
  • 忖度などもってのほか

河野外相は、この【比肩】が3つあるので、四柱推命では「極めて自我の強い性格」だと解釈します。

(実際、そのとおりです)

「政界の異端児」河野外相

異端児とは、普通の考え方をしないとか、違う行動を取る者のこと。

河野外相の異端児的な資質は、【比肩】が3つある命式からも読み取れました。

月柱に【比肩】がダブルである場合

迷いがなく、はっきりと自己主張するが、TPOや判断を誤ると波紋が広がったり、周囲と衝突する傾向がある

(出展:いちばんやさしい四柱推命入門)

しかも、月柱に【比肩】がダブルであるので、自身のエネルギーの扱い方には注意が必要なタイプ。

 

ちなみに、周囲は今回の一件をどんなふうに見ているのでしょう?

 

鈴木宗男さん(元衆議院議員で新党大地代表)は、12月12日(水)ムネオ日記で、次のように綴っています。

テレビから見る限り、河野外相は相当な胆力を持って対応していると感じた。

 

平井文夫さん(フジテレビ報道局解説委員室上席解説委員)は、「平井文夫の言わねばならぬ!」で、次のように綴っています。

今朝のニュースを見て思わず笑った。河野太郎外相がまた変人ぶりを発揮しているではないか

外相会談などでの冒頭撮影で、河野さんが英語で発言することに対し、記者が日本語でやってほしいと頼んだら「外務省の記者は英語を理解するくらいの人に所属してほしい」と挑発した。

 

【比肩】の徹底した自己完結ぶりが〝炎上〟を促す!?

「外務省の記者は英語を理解するくらいの人に所属してほしい」といった発言は、まさに【比肩】の実力本位の性質がそのまま顕れたかたちです。

言われた相手はバカにされた思って激高しますが、【比肩】はもともと自己完結しているタイプ

相手を見下しているつもりなど微塵もないのです。

【比肩】持ちといえば、元祖炎上ブロガーのイケダハヤトさん。彼も、日柱に【比肩】があります。

【比肩】の徹底した自己完結ぶりが、ある種の人たちには鼻について、これが〝イライラ〟を引き寄せてしまうのかもしれません。

【比肩】には〝炎上クリエーター〟の資質が備わっているかもしれない、と仮説を立ててみました。

(引きつづき検証を続けていきます)

 

先日の記者会見での態度について補足情報はこちら

 

日柱に【比肩】があるイケダハヤトさんの命式を検証しています。ご参照ください

〝元祖炎上ブロガー〟イケダハヤトさんのタフネスの秘密