ザツ鑑定002|こつっくさん(感想)

四柱推命ザツ鑑定。

2番目、こつっくさんの鑑定記事をザツに書きました。

こつっくさん @kotsukku 

今回の鑑定体験のアンケートをお願いしたところ、さっそく回答をくださいました。

ありがとうございます❤️

 

これまで占いを利用したことはありますか?

ありません。初めてです。

 

一番しっくりきたのはどこ?

【丁卯】の特長について書かれていた次のフレーズです。

人並み外れた鋭い勘を持ち、相手の心理を見抜いて先手を打つ機敏さがある

これはしっくり、というか常に相手を驚かせたいと思っているので、嬉しかったです。

ほぼ〝勘〟だけで生きているようなタイプだと、自分では思っているので(笑)

くるみ

ふむふむ🤔

こつっくさんの命式を見返しました。

年柱の十二運星【死】は「直感」を意味する星。

探究心の星【墓(ぼ)】もお持ちなので、こつっくさんの〝勘〟は〝単なる思いつき〟でないことが命式から読み取れます。

どこかで仮説を立てて〝勘〟を磨いている方。

そう読めますが、どうかしらん?

 

ブログで鑑定内容が公開されるってどんな感じ?

鑑定が公開されるが待ち遠しくて、恋人を待っているかのようでした。

自分はこれで本当に合っているのか?

彷徨っているところをクレーンで吊り上げられたみたいな感覚でした。

くるみ

さまよっていらしたとは、つゆ知らず。

「恋人を待っているかのよう」という表現を使うあたりに、ロマンチストの【丁】の性質を感じました。

こつっくさんの【丁卯】の【卯】は「春」のカテゴリーの十二支。

人生のテーマは〝恋愛〟なんです。

こつっく@愛に彷徨う人 なぁ〜んて、別垢を立ててツイッタランドを愉しむのもありかもしれません。

また別のクレーンが待っているかもしれませんし、沼が待っているやもしれません(爆)

 

こつっくさん、貴重な感想をありがとうございました。

ブログ鑑定という特殊な方法について、どのように受けとめられるのか?

じつはモヤモヤしていました。

でも、「ツイッターやブログを通じて話題になるのは嬉しい。他の方から感想やフィードバックをもらうのはなお嬉しい」とコメントをくださり、安心しました。

そして、あることを思い出しました。

それは、私くるみが、高3の大学受験の模擬試験(小論文)で展開した持論。

個性は自分だけでは作れない。人間関係のなかで育まれ、際立っていくもの。

さまざまなフィードバックを受けながら、〝自分〟という輪郭と中身がカタチづくられていく。

そんな内容です。

あれから数十年がたちましたが、いまもこの考えは変わりません。

自分のココロを開いた者だけが知ることのできる〝ほんとうの自分〟。

もちろん〝ほんとうの自分〟なんて幻だってことはわかっています。

でも、居心地のいい自分の輪郭をつかんで、そこにくつろぐことができれば、しあわせになれるはず。

そう信じています。

四柱推命で自分に還る。

🐸

こつっくさんのザツ鑑定は、こちらで書いています。

どうぞお読みください。

ザツ鑑定002|こつっくさん

こつっくさんをまだフォローしていない方は、この機会にぜひ!

#昼食調査兵団 でも小気味いいリプをくださいますよ。

こつっくさん @kotsukku