命式検証01:azu@ぼへみさん(Part.1)

Twitterのフォロワーの 植木純(azu)さん(以下:azuさん)から依頼を受けて、四柱推命で鑑定することになりました。

きっかけは、樺沢紫苑先生について書いたこちらの記事。

樺沢紫苑先生のパソコンの「青」と名前の「紫」のわけ

「四柱推命は何をもとに読んでいるのですか?」という問合せをくださり、「それならわたしの誕生日を使ってブログに書いてください」と詳細データを提供してくださいました。

(これをひそかに〝献体〟ならぬ〝献式〟と呼んでいます)

命式は〝命の式〟と書くように貴重な情報です。

取り扱いには慎重を期す面があると自覚しています。

四柱推命を極めるには、とにかく実占(じっせん)を積むことが大切で、鑑定の内容が依頼者さんの腑に落ちているかどうか、検証材料も欠かせません。

ありがたく azuさんのご厚意をいただくことにしました。

※今回の記事は、植木純(azu)さんに事前の内容確認をいただいた上で公開しています

出会いのきっかけは #樺沢塾

ここまでの経緯をカンタンにお話しします。

出会いは、今年3月半ば。

わたしは、昨年2018年11月7日にブログを開始。

ひたすらこもって100記事を書きため、ブログの内容を届けるために、晴れて2019年3月7日に、Twitter、Facebookページを開設しました。

Twitter歴9年にして、新たにつくったアカウントが、くるみ( )です。

azuさんは、Twitter開始早々にフォローしてくださいました。

ふたりとも精神科医・樺沢紫苑先生の大ファン。

に入会してワクワクしている」といった azuさんのツイートがきっかけで交流が始まりました。

azuさんのプロフィールがこちらです。

@bohemi_business

心に病を抱えていた時期もあったようですが、これを克服。

ADHDの傾向をお持ちとのことですが、いまの azuさんは、これを強みに目標に向かって一歩を踏み出しておられます。

「まわりの人たちに感謝など月並みのものでなく、赤裸々なレポートをお願いします」と azuさんから依頼を受けました。

2回に分けて書いてみます。

構成

① azuさんの五行バランス

② azuさんの内面性(日干支)

③ 先天的に備わっている才能【傷官】

④ 社会的使命【食神+絶】

⑤ 開運のポイント

※①、②を前半、③〜⑤を後半で書きます

向上心に溢れ、人生の高みをめざすazuさん

こちらがazuさんの命式と、五行バランスです。

azuさんの命式

azuさんの五行バランス

財星 / 印星陥没タイプの特長

  • 真面目で実直な人
  • 卑怯なことが大嫌いで、つねに体当たり主義
  • 確固たる自分のポリシーやこだわりがあり、誰に対しても思ったことをストレートに言ってしまう傾向あり

(きのえ)

(イメージ)大きな樹木

(キーワード)思考、誇り、向上心、常識、勇敢、プライドが高い

  • 直情的で一本気、妥協を許さない
  • 常に向上心に溢れていて、人生の高みをめざしていく人
  • プライドが高く、頭を抑えつけられると意固地になる

 

甲戌(きのえいぬ)

イメージ:秋の樹木

  • 活動力と忍耐力があり、義理と人情を重んじるタイプ
  • 人に対しては誠実で思いやりを持って行動するも、やや引っ込み思案な面も
  • 物事への理解力に優れ、表裏両面に通じている
  • 基本的に合理主義者、贅沢や無駄を嫌う。反面、頼まれごとを断りきれないお人好しな面も
  • 世話好きで、よく気がつく

わたしたちが敬愛する精神科医・樺沢紫苑先生も、日主が【甲】で azuさんと同じです。

メンタル面での不調だった時期があったという azuさん。

日主【甲】があるため、理想が高く、現実とのギャップを埋められないことで自分を責め、追い詰めてしまいがちな性質をもともとお持ちです。

azuさんの内面的な特長を示す日干支【甲戌(きのえいぬ)】は裏表のない性格と、つねに有言実行が第一の性質があります。

自分がボロボロになってでも社会や組織のために生きていこうとする姿が、周囲から絶対的な信頼を得ることにつながる星でもあります。

言うは易し行うは難しですが、「柔軟な処世術」「困難に直面しても臨機応変に対応するしなやかさを習得すること」

このことをより強く意識することで運を開いていける方です。

お金に悩む理由は五行バランスに出ていた

今回、鑑定の依頼を受けて五行バランスをつくりました。

このタイミングで、なぜ azuさんが〝赤裸々な鑑定〟を依頼してこれらたのかがよくわかりました。

azuさんの五行バランスに不足している「財」と「印」に、現在の大運干支、年干支が巡って、azuさんの運を動かしているのです。

azuさんの五行バランスは「財」と「印」が陥没してます。

強い「比劫(自分自身を意味)」が、弱い「財(目的となる対象物:お金、夢や目標)」を剋する関係です。

比劫が財に比べてはるかに強すぎるため「自らの手で、財を握りつぶしてしまう」と読みます。

これを〝比劫争財(ひごうそうざい)〟といいます。

こちらのTweetにあるように azuさんは「お金」にまつわる不安や悩みを抱えているとのこと。

このことは、五行バランスからも見て取れます。

しかし、2018年立春〜2019年節分まで年干支【戊戌(つちのえいぬ)】という「土」の五行がダブルで、魁罡(かいごう)という特別パワフルな干支が巡ったことで、azuさんの五行バランスの「財(土の五行)」が強くなりました。

2018〜2019年のazuさんの五行バランス

azuさんは現在42歳。

大運干支は【癸巳(みずのとみ)】で、「水(印)」と「金(官)」が強く巡っています。

azuさんの大運表

大運支の【巳(み)】は、azuさんの命式の場合、巳+酉(月支)。

命式上で【三合半会(さんごうはんえ)】が成立し、「金(官)」の五行が強くなります。

「比劫(azuさん自身)」に「官(秩序/ルール/役割)」がほどよくプレッシャーをかけているイメージです。

大運(10年周期で巡る社会運)に「官」が巡る時期は、自分の果たすべき役割に生きる時期。

やるべきことが山のように増えながらも、使命感を持って邁進しているイメージです。

2018〜2019年のazuさんの五行バランス

そんな10年間の中にいる azuさんの中で、2018年はめざしたい方向や具体的な目標が定まった。

そんな一年だったように五行バランスから推察できます。

今年2019年も、年干支【己亥(つちのとい)】という「土」と「水」の五行が巡り、昨年ほどではないものの「土(財)」の五行は強さをキープしています。

くわえて、大運の【癸】、年運支【亥】はともに「水」の五行です。

azuさんの五行バランスに不足している「印(水)」も強くなっています。

azuさんの中で「知的好奇心、学びへの欲求」が強くなり、これが日干(比劫=azuさん自身)を強くする流れが生じています。

実際、azuさんは樺沢塾(精神科医・樺沢紫苑先生主催のオンライン講座)に入会を決めたり、「お金と意識の使い方」についての勉強も始められていることからも、わかります。

わたしの日主は【癸(みずのと)】で、azuさんの五行バランスの「比劫(azuさん自身)」を強める関係です。

わたしは azuさん を応援する関係です。

以上、全体の①、②について書きました。

構成

① azuさんの五行バランス

② azuさんの内面性(日干支)

③ 先天的に備わっている才能【傷官】

④ 社会的使命【食神+絶】

⑤ 開運のポイント

azuさん、いかがだったでしょうか。

もともとazuさんの五行バランスは「比劫」が強く「財」が弱くアンバランスなため、とくに「目標や理想を明確にすること」がとても大切になります。

先天的に備わっている才能を活かして、どのような社会的使命を果たしていけばよいのか?

また、運が大きく動く時期、過ごし方のポイントなどは後半のレポートで書いてみます。

@bohemi_business

ちなみに、azuさんの日主【甲】は「大樹」のイメージ。

わたし十干は【癸(みずのと)】で「雨」のイメージ。

大樹を育むには「雨」は不可欠ということで【癸】は【甲】にとって大切な十干でもあります。

azuさんとわたしが強くリスペクトしている精神科医・樺沢紫苑先生も日主【甲】で、樺沢紫苑先生の日干支【甲寅(きのえとら)】は、わたしの次の10年を応援する干支です。

これについて書いています。よろしければお読みください。

自分の「大運」に樺沢紫苑先生(甲寅)のパワーを取り込む