東出昌大さんの離婚と、杏さんの今後を四柱推命で読んでみた

気になる話題の人の命式を調べて、四柱推命講座で学んだことをアウトプット。

自習効果があるので、《四柱推命ザツ鑑定 トレンドPICK UP》を書いています。

くるみ

気になったのは、こちらのツイート。

東出昌大さん杏さん夫妻の離婚が公式発表された、という話題です。

東出昌大さん杏さんは、2020年1月、東出昌大さんの不倫が『週刊文春』で報じられ、その後、夫妻は別居していました。

二人の馴れ初めは、NHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』(2013年9月~2014年3月)。

朝ドラでの共演を機に交際をスタートさせ、2015年の元日に結婚。

翌年2016年には双子の女児、2017年には男児が誕生し、五人家族として暮らしていました。

2020年8月1日に発表された離婚についての公式コメントで、二人は「今後は子供達の親として成長し、協力しあう関係を築いていきたい」と述べています。

くるみ

四柱推命鑑定で離婚に至る運気の特長を読むと、今回の離婚は必然で、命運どおりだとわかりました。

東出昌大さんってどんな方?

こちらが東出昌大さんの命式と通変星のパラメーターです。

四柱推命では、その人の内面性や大切したい価値観を命式の日柱十干(じっかん)干支(かんし)で読みます。

東出昌大さんの日柱十干(じっかん)干支(かんし)は、こちら。

(ひのえ)

イメージ:太陽

キーワード:人気、陽気さ、能動的、熱中、理想、集中、えこひいき

  • 明るくて陽気、多少軽はずみな面もあるものの憎めない人
  • 気分によってコンディションが左右されやすい(落ち込むと本来の良さが発揮できない)
  • 感情を抑えるのは不得手。言いたいことを胸の内におさめておけない性分
  • ややオタクともいえるほどの集中力の持ち主
  • 人から脚光を浴びるポジションに着くことで持ち味を発揮する

 

丙戌(ひのえいぬ)干支番号23

イメージ:秋の太陽

  • 育ちがいいお坊ちゃんといった雰囲気があり、おっとりした印象
  • 品があり、どんなときも焦ったり取り乱したりせず、悠々と構えていて穏やかで落ち着いたタイプ
  • どんな環境にも順応しやすく、人の言葉を素直に聞き入れる。しかし、内面は頑固で自分のスタイルを変えようとしない
  • 贅沢を嫌い、質素ななかに物事を本質を見出す人
  • 長期的なビジョンを考えたり、大勢の上に立ってリーダーシップを発揮してうまくたち回ることはしない
  • 無理のない、自分にできる範囲内でベストを尽くそうとするタイプ
  • 独特の内的世界観の持ち主。自分の本音を外に出そうとしないタイプ

杏さんってどんな方?

続いて、こちらが杏さんの命式と通変星のパラメーターです。

四柱推命では、その人の内面性や大切したい価値観を命式の日柱十干(じっかん)干支(かんし)で読みます。

杏さんの日柱十干(じっかん)干支(かんし)は、こちら。

(つちのえ)

イメージ:高くそびえる山

キーワード:義理、現実派、信用、面倒見、親分肌、気分屋、破壊

  • 基本的にどっしりとしていて頼りがいのある人
  • 人を惹きつける魅力がある(山には豊かな自然があって、人が集まってくることから)
  • 誰とでもすぐに仲良くなれる性分、人付き合いは広く浅い傾向
  • お天気屋さんの面も(山の天気は変わりやすいことから)
  • 意外と頑固な面も

 

戊子(つちのえね)干支番号25

イメージ:冬の山

  • 温厚で控えめな平和主義者(人とのトラブルを極端に嫌う面もある)
  • 裏表のなく明朗快活
  • 正義感が強く、物事をハッキリ言うが、気持ちはとても優しい人(正直さ、率直さが仇にも助けにもなる)
  • さっぱりとした人柄で、大物の雰囲気を持っている
  • どんなことにも好奇心を示し、未知なるものへの挑戦、行動力を持っている

くるみ

つづいて、二人の命式や現在の運気から読み解いたポイントを、4つお話しします

① 東出昌大さんと浮気の星【沐浴】

東出昌大さんの命式を見て、真っ先に注目したのが年柱の【沐浴】という星です。

【沐浴】は別名「浮気や不倫の星」といわれています。

【沐浴】を持つ人の注意点の一つに「自分の言動や行動がいき過ぎて、後悔して精神的に弱くなりやすい」があげられます。

今回の不倫騒動の一件で、東出さんのメンタル面のダメージも気になります。

十二運星【沐浴】

イメージ:思春期の少年

  • ロマンテイスト、芸術家タイプ、センスが良い(芸能、芸術)
  • 自由な生活(結婚願望が薄い、浮気や不倫)
  • 海外との縁あり(外国で成功する可能性が高い)
  • 無防備で情に流されやすい(ルールにルーズ)

<注意点>

  • 自分の言動や行動がいき過ぎて、後悔して精神的に弱くなりやすい
  • 攻撃性があるので、ケンカを起こしてトラブル処理で運気を下げやすい

十二運星について簡単に説明します。

十二運星とあるように、全12個あります。

「長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶、胎、養」これらの12の星で構成されています。

命式に【沐浴】がある方々

じつは、先日〝緊急事態宣言中の行動〟で進退が決まった黒川弘務 元検事長もや手越祐也さんも、命式に【沐浴】の星を持っていました。

黒川元検事長

手越祐也さん

ほかに、現在 、離婚秒読み説も浮上している石田純一さんも、日柱に【沐浴】があります。

石田純一さん

くるみ

東出昌大さんの命式をあらためて見てみましょう

命式に【沐浴】を持っている人は、大人になっても思春期の少年のような感性の持ち主。

無防備で情に流されやすく(ルールにルーズ)、自由の星【沐浴】は束縛されるのが苦手。

今回の不倫騒動の一件も、この【沐浴】の星が色濃く影響していると読みました。

東出昌大さんはモデル出身のイケメン俳優です。

年柱【沐浴】だけでなく、月柱にある、目上から可愛がられる引き立て運の星【養】、日柱にある楽しいことが大好きな星【食神】など、東出さんはモテ男ですし、基本的にちやほやされることに慣れている方だと、命式から読みとることができます。

くるみ

家庭運を表す日柱【食神】は、子供っぽさのある素直な星。「結婚」には不向きな命式でもあったのです。

② 東出昌大さんと杏さんの離婚は、なぜ【癸未】月?

東出昌大さんと杏さんの正式な離婚発表が、なぜ8月1日だったのか。

これも命式に出ていました。

現在の東出昌大さん年代運や仕事運を示す月柱の干支【癸丑 みずのとうしに注目してください。

今月の干支(2020年7月7日〜8月7日)は【癸未 みずのとひつじ

【癸丑】【癸未】の関係を納音 なっちんといいます。

納音なっちん)

天干が同じで、地支が〝冲(ちゅう)〟の関係

 

〝冲〟とは、円形に配した十二支のうち、真向かいに位置する支の関係のこと

※全6パターンある

 

上のチャートを見ると、【丑】【未】は真向かいに位置することがわかります。

納音の読み方

物事が崩れたり、できかかったものが白紙に戻りやすい

月柱は、東出昌大さんの社会運や仕事運を読みます。

納音は、「物事が崩れたり、できかかったものが白紙に戻りやすい」と読みます。

今回の離婚の公式発表が、この時期になったのは、東出昌大さんの月柱【癸丑】と、今月の月干支【癸未】納音であることも影響していると読むことができるのです。

余談ですが、石田純一さんの年内の離婚の可能性も、四柱推命では高確率で出ています。

石田純一さん

というのも、石田純一さん自身を示す日主【庚午】と今年の干支【庚子】の関係が 納音 なっちん だからです。

くるみ

手越祐也さん黒川元検事長の進退が決まったのも、納音 なっちんの月(辛巳)でした。

東出昌大さんの今回の離婚発表も含め、あらためて納音に注目しています。

③ 杏さんと離婚:自立運の強い10年

続いて、杏さんの運気について読んでいきましょう。

杏さんは、現在34歳。

杏さんの社会運は、23歳、53歳に接木運が巡り、30年周期の運気が大きく切り替わります。

現在34歳の杏さんは、2019年の誕生日で10年周期の社会運が切り替わり、大運【比肩】時代に入りました。

23〜33歳(大運【劫財】)、33〜43歳(大運【比肩】)の20年間は、比劫(自星)が巡るため、基本的な運気の性質は似ています。

33〜43歳(大運【比肩】)の方がより〝自己、個人〟としての意識が強くなります。

杏さんの現在の運気の特長は次のとおりです。

23〜43歳【比劫】

良い意味でも悪い意味でも〝自分が要因〟となって運気が決まる

自分に関することや、自分の身内に関することが起こりやすい

  • ◎気力、体力も充実
  • ◎夢に向かって行動的になる
  • ◎周囲からも認められ、がんばってきた努力が成果に
  • ◎新規開拓、共同事業も吉
  • ▲こだわりや主張が強くなり過ぎて運を下げやすくなる
  • ▲見栄で浪費したり、イライラして人とぶつかりやすい
  • ▲束縛を嫌ってあてもなく組織から飛び出すようなことも
  • ▲身内や家族により色々と悩まされることも多い

開運キーワード:自立心強い意志と欲求独立心チャレンジ自己主張自分らしさのこだわり独自性対等な関係根気

したがって、四柱推命で見れば、今回の離婚は杏さんにとって命運どおりと読めます。

大運【比肩】時代は、一国一城の主になるチャンスに恵まれる時期。

この時期に結婚をして家族を持つことになったり、嫌な相手と離れられ、ようやく自分の思い通りになる時期でもあります。

場合によっては、幸せな離婚ということもありえます。

杏さんの場合、夫の裏切りで離婚に至るという厳しい経験に見舞われました。

しかし、三人の幼子を抱える母として「しっかりと前を向いて生きていかなければ」という強い意志を持って過ごしていることでしょう。

④ 杏さんの離婚と大運律音(幸せにつながる決断)

今回の離婚は杏さんにとって命運どおりで、幸せにつながる決断だった、といえるもう一つの理由をお話しします。

それは、杏さんの33歳〜43歳の10年間にめぐる干支が【戊子】で、杏さん自身を示す命式の日干支と同じ。

つまり、大運律音 だいうんりっちん だからです。

大運律音とは、自分の日柱の干支が大運に巡る状態をいいます。

大運律音は、通常の倍の成果が出せる飛躍の10年になると読みます。

大運律音

  • 大運に日柱の干支があること(自分の日干支が自分の大運を応援する、という解釈)
    • 大運=10年周期の社会運
  • 通常の倍の成果が出せる10年になる

杏さんのこの先の活躍がとても楽しみです。

大運律音は、ほんとうに通常の倍の成果を出せる時期なのか? 信憑性はあるのか?

著名人の命式を調べた結果は、こちらの記事でご覧になれます。

なかでも、ピコ太郎の大ブレークは、古坂大魔王さん大運律音にありました。

《大運律音》は通常の倍の成果が出せる飛躍の10年!! 準備をして活かそう!

今回の離婚報道について書かれた記事や、数々のコメントに目を通しました。

 

東出昌大さん杏さんの関係を円推力というツールで出してみると、以下のようになります。

縁の強さは、三角形が重なる面積の大きさで読みますが、二人は縁のある関係だとわかります。

しかし、杏さんの命式に二つある【正財】は、着実と正直がキーワードで、もっとも真面目な星です。

誠実で真面目なタイプで、家庭的。正義感も強く、何より信頼関係を大切にします。

二つの【正財】は、今回の東出昌大さんの不義理な行動を許せなかったにちがいありません。

「当初より離婚一択しか考えていなかった」ということもうなづけます。

くわえて、杏さんの年柱にある頭脳明晰で、自由な発想の星【偏印】

杏さんは、歴史に精通している読書家としても知られています。

ラジオ愛好家のわたしは、J-WAVEで10年続いた番組『BOOK BAR』をずっと聴いてきました。

毎週土曜の夜が楽しみでした。

『BOOK BAR』は、杏さんと、パーソナリティの大倉眞一郎さんが、一冊の本を取り上げて語り合う本の紹介番組です。

杏さんと大倉さんが繰り広げるトークに、ひとりのリスナーとして杏さんの謙虚で真面目な人柄と、高い知性を感じて尊敬していました。

そんな杏さんが選んだ伴侶であるならば、とても素晴らしい方だろう。

わたしの中の東出昌大さんの株も上がっていただけに、今回の報道はとても残念なものでした。

くるみ

杏さんのしあわせと活躍を強く願っています。

杏さん、通常の倍の成果が出せる飛躍の大運律音に注目しています。

くるみ  @Kurumimo22

関連のおすすめ記事

《大運律音》は通常の倍の成果が出せる飛躍の10年!! 準備をして活かそう!