四柱推命ザツ鑑定116|すずりんさん

四柱推命ザツ鑑定、116番目は、硯(すずりん)さんです。※以下、すずりんさんと記載します

すずりんさんのプロフィールはこちら。

硯(すずりん)さん @atatknyk

すずりんさんといえば、タイムラプスする人。

この一言に尽きるでしょう。

タイムラプスとは、「低速度撮影」「微速度撮影」と呼ばれる、数秒に1コマずつ撮影したものを繋げて再生すること。

コマ送り動画のように見える撮影方法のことです。

すずりんさんは、机に向かって勉強する姿を収録したタイムラプス動画をツイッターでシェア。

難関資格の勉強にいそしむ横顔を見せながら、同じように目標に向かう仲間たちを励ましてきました。

そんなすずりんさんでしたが、2020年5月10日、続けてきた土地家屋調査士の勉強を止めることを決意。

土地家屋調査士という難しい資格試験に向けて勉強するために始めたツイッター。

勉強を止めることは、フォロワーさんと切磋琢磨する日々から離れることを意味しています。

すずりんの真面目すぎるくらいに誠実な思いは、《 note 》にていねいに綴られていました。

ただ、すずりんの命式を四柱推命で読んでみると、この展開は必然のものだとわかりました。

10年周期の社会運(キャリア運)の節目が、この冬の誕生日に訪れていたからです。

さっそく四柱推命鑑定を進めていきましょう。

※以下の内容はご本人の承認を受けて公開しています

すずりんさんってどんな方?

こちらがすずりんさんの命式と通変星のパラメーターです。

四柱でなく、三柱で出しています。

※出生時間を表す時柱(じちゅう)は含まれていません。ただし、時柱は把握しているため五行バランスにもとづいて読み進めています

すずりんさん内面性や大切したい価値観をまとめたのがこちら。

命式の日柱の十干、干支で読みます。

(つちのと)

(イメージ)大地、田畑

(キーワード)育成、人情、庶民的、情緒、愛情、猜疑心、やきもち

  • 田畑=人を育てたり、教え導いたりすることが使命
  • 性格は温厚(※ただし、土には砂漠や乾ききった土壌、岩石だらけの畑などもあるように、他の星との絡みで性質は変わる)
  • 自分の生き方を大切にし、人生を楽しみたいと望む
  • 人に対して温和で面倒見もよいが、気迷いや取り越し苦労も多い

 

己亥(つちのとい)干支番号36

イメージ:冬の畑

  • すべての物事の規律を守り、真面目すぎるくらいに誠実な人
  • 潔癖過ぎるほど几帳面
  • 内面はデリケートで傷つきやすい一面も
  • 利害関係にはあまりこだわらない
  • つねに進取的、新しい計画や物事の改善点などに気を配り自分の理想を実現させていく人
  • アイデアが豊富、斬新的な発想や提案は得意分野
  • どちらかといえば内向的で、自分の殻にとじこもるタイプ(気の許せる仲間と親しくする)
  • 生まれながらに普通の人と違った観点や思考を持っている

探究心や知識欲が旺盛な 印星突出タイプ

すずりんさんの五行バランスは、印星突出タイプ

印星突出タイプは、常に自分自身を高めていこうという向上意識に満ち溢れた人。

反面、要領よく、なるべく苦労をせずにほしいものを手に入れようと思考を巡らせる傾向も。

行動を起こす前に、あれこれ理屈をこねまわし、言葉の割に実行力が不足しやすく、これが顕著になるとズボラで依存心が強い甘えん坊に。

探求心や知識欲は旺盛で、興味をひかれることはトコトン没頭します。

それでも、勉学や学術の理解は早く、一を知って十を知る天才肌。

印星突出タイプは、専門職やいわゆるオタクの世界に入ると、水を得た魚のように成功をつかめます。

なかには趣味で実利を得て大成する人も。

印星突出タイプの開運法は、アタマの中で考え過ぎて悩みを作り出してしまう傾向が強いので、考える前に行動すること。

人の力をあてにせずに自立する意識を持つことが大切です。

自身の信条に基づき行動する、真の理想主義者 仲介者タイプ

16タイプ性格診断(無料)ですずりんさん仲介者タイプ。

四柱推命ザツ鑑定にエントリーしてくれた方の中では、広報運動家タイプにつづいて多いタイプです。

仲介者タイプ

16タイプ性格診断(無料)に興味のある方は、こちらへアクセスしてみてください

運が大きく動く時期は?

社会運を示す大運(だいうん / たいうん)で見ていきます。

こちらがすずりんさんの大運表。

すずりんさんは、4歳前後、34歳前後、64歳前後に30年周期の運気の節目(接木運)を迎えます。

接木運(せつぼくうん)

  • 30年に一度巡ってくる方向性が大きく変わる時期
  • 4つの大運支の季節の切り替わり(丑と寅の間、辰と巳の間、未と申の間、戌と亥の間)に起こる
  • この時期は、これまでの方向性を必然的に変えざるを得なくなるため、その前後の年回りは、新しい運気の流れに馴れるまで苦しい時期と感じやすい傾向がある
  • 次に巡る運気に馴れるまでの時間は人それぞれ(短くて半年、長くて2年くらい要する)

64歳〜94歳までの30年間は、超絶パワフルな運気が巡っています。

それは身強の星が巡るから。

身強の星とは【冠帯 / 建禄 / 帝旺】のこと。

身強の星【建禄(けんろく)】【冠帯(かんたい)】【帝旺(ていおう)

:運勢エネルギーが強いため、ビジネスなど社会で成功を収めやすい

身強の星の影響を受け、すずりんさんの社会運(キャリア)は華々しくタフに展開していくエネルギッシュな30年です(64歳〜94歳)

人生も晩年に最強の運気に恵まれます。

パワフルな運気に負けないよう、心身ともに鍛えておきましょう!

周囲の引き立てと直観を活かして行動する10年

現在の大運【印綬 / 養】そして【偏官 / 長生】

じつは、すずりんさん大運は、44歳の誕生日に10年周期の節目を迎えました。

したがって、現在はちょうど端境期。なので、【印綬 / 養】そして【偏官 / 長生】の両方について読んでみます。

まずは、34歳〜44歳の10年間に影響する星【印綬 / 養】について。

通変星【印綬】:アカデミックな〝名誉と学問〟の星

  • 目上からの引き立て運に恵まれる
  • 探求心が強く、勤勉
  • 伝統文化や歴史など、古いものへの興味が高まる
  • 専門的な分野で「先生」と呼ばれる機会が増える
  • 穏やかで愛情深い星。暢気になり過ぎる傾向もあり

(キーワード)習得本能、人に教える、勉強、研究、伝統を守る、母性、思いやり、アタマで考え過ぎる(失敗への恐怖、悩みがち)

 

十二運星【養】:人から好かれる、ユーモア、素直、目上の人から引き立てを受ける、自分で全部やろうとしない、人に頼る、甘える、言葉遣いや身なり、礼儀正しさを大切に

すずりんさんの34歳〜44歳の10年間テーマは、周囲(とくに目上)の引き立てを受けながら、専門的なテーマについて学ぶこと。

そんな10年でした。

実際、ツイッターで知り合ったとき、すずりんさんは、測量会社の社員として「土地家屋調査士」の資格試験に向けて勉強に励んでいました。

大運【印綬 / 養】の運気の後押しを受け、真冬に迎えた44歳の誕生日も、ひたすら勉強。

しかし、コロナウイルス感染の影響で、すずりんさんを取り巻く状況が一変します。

資格試験の日程が延期になったこと。

くわえて、勤務先の社長から減給になる可能性もある…そうほのめかされたのです。

ちょうどゴールデンウィークが明ける頃のことでした。

そこからの方向転換の早さは、お見事でした!

転職活動を開始。マーケティング会社に採用が決まりました。

44歳の誕生日から巡っている新しい10年を司る大運【偏官 / 長生】がよいかたちで効き始めているかっこうです。

すずりんさんの44歳〜54歳の10年間に影響する星【偏官 / 長生】について。

通変星【偏官】〝野生と煩悩〟の星。行動力、直観力、攻撃本能、人情家、大胆、野性的、正直者

行動力を表す星で、安定よりも変化を好む星。したがって、動き回るパワーが湧いてくる時期であり、具体的に行動することで開運につながる。ただし、血気盛んなになる時期なので、人との争いごとや怪我や事故などにも要注意。

 

十二運星【長生】:イメージは「幼児」。信用、成長、発展の機運に満ちた星

周囲からの引き立て運にも恵まれ、学問、芸術、技術の能力を伸ばすことができる吉運

テーマは、周囲の引き立てを受けながら、直観を活かして積極的に行動すること。

信用、成長、発展の機運に満ちた10年に入りました。

毎朝、マーケティングの勉強も進めています。

十二運星【長生】は、学びの星でもあります。

学んだことを実践につなげながら、活躍の場を広げ、信用を積みながら成長していくこと。

これが、すずりんさんの44歳〜54歳の10年間のテーマです。

目上からの引き立て運にも恵まれる時期(長生)。補佐役に徹して実益を得るスタンスが吉です。

すずりんさんの命式は、以下の3柱で見ると、行動の星(偏官 / 正官)がありません。

44歳からの10年間、大運に巡る行動の星偏官)を意識して、どんどん行動を起こしていきましょう。

くるみ

ただ、【偏官】はかなりアグレッシブな星。怪我や事故、喧嘩には気をつけて(笑)

現在の大運(前半)の特長は?

現在の大運について(44〜54歳前後)読んでいきましょう。

10年周期の社会運を示す大運は、前半の5年間は天干で、後半の5年間は地支で読みます。

44歳〜(前半)、49歳前後〜(後半)になります。

前半は【(きのと)】の影響を、後半は【(とり)】の影響を受けます。

つまり、すずりんさんの44歳〜49歳前後の5年間は、木の五行()に作用が出ます。

こちらはすずりんさんの命式の五行バランスの元型です。

この元型が、現在の大運にめぐる干支によって以下のように変化します。

上の元型ともう一度見くらべてみてください。

すずりんさんの五行バランスの【財】と【官】は地支(十二支)が入っていて「弱」となります。

四柱推命では、星が入ってなかったり「弱」の五行に星が巡るときに、その人の運が大きく動く、と読みます。

したがって、44歳〜49歳前後の5年間は、すずりんさんの運が大きく動く時期になります。

【官】が巡る時期は、自分の役割に生きる時期。

良い効果が出る場合は、仕事上で評価されたり、自分の感情を上手にコントロールしながら前に進んでいく時期になります。

自分の使命感を持って邁進しているイメージです。

いっぽう悪い効果が出る場合は、ストレスがたまりやすく、萎縮しやすい時期。

【官】は「信用、秩序、責任感」の星ですが、同時に「プレッシャー」の意味もあります。

溜めすぎたストレスを一気に爆発させてしまうケースも。

ストレスを溜めないよう、自分なりの対策も持っていてほしいところです。

現在の大運(後半)の特長は?

つづいて現在の大運の後半について読んでいきます(49歳前後〜55歳)。

大運後半は、金の五行(食傷)に作用が出ます。

【食傷】が巡る時期は、良い意味でも悪い意味でも自分のこだわりが強くなりやすい時期。

このこだわりを何に発揮するかが、この先の運命に大きく影響することになります。

発展的なもの、価値のあるものにこだわりを持つことが、人生を開いていくためには大切です。

良い効果を示す場合は、交際範囲が広がり、新しい人間関係がつくられていったり、着想やアイデアが活かされて大ブレークする可能性も。

芸術などにも目が向いて、心身ともに楽しく過ごせる時期です。

いっぽう、悪い効果を示す場合は、気分が消耗しやすく感情的になりやすい時期。

人間関係がうまくいきづらく、集中力もダウン。

気持ちが落ち着かなくなり、とにかく神経がピリピリと張り詰めた状態に陥りやすい時期。

心身を消耗させないようにストレス対策も大切にしてください。

2020年、21年の運気の特長は?

つづいて、2020年(庚)、2021年(辛)についても見ていきましょう。

この2年間、すずりんさんの五行バランスでは、金の五行【食傷】と、水の五行【財】に影響が出ます。

こちらが五行バランスの元型です。

この元型が、以下のように変化します。

2020年、2021年の2年間は、ずずりんさんの中で、自分のこだわりが強くなりやすい年になります。

「自分をわかってもらいたい、もっと知ってもらいたい」という自己表現への熱も高まります。

あわせて、水の五行()にも作用が出ます。

【財】という星は「夢、理想、目標など、手に入れたい対象物」を表します。

ずずりんさんの思いや考え(こだわり)を表現するほど【財】に星が巡り、ずずりんさんの夢や目標が明らかになる運気です。

この水の五行()は、2022年(寅)、2023年(卯)と向こう4年間にわたって作用が出ます。

アウトプットする機会を増やし、ずずりんさんが何を感じ、考えている人なのかを知ってもらう場面を増やしていきましょう。

表現や発信を積極的に行うほど、ずずりんさんの夢や理想、目標など得たい対象物をあらわす【財】を動かすことができます。

まとめ

すずりんさんへのアドバイスをまとめてみました。

お役立てください。

くるみより開運のヒント
  • 考える前に行動しよう
    • 印星突出タイプ:アタマの中で考え過ぎて悩みを作り出してしまう傾向が強い
  • 周囲の引き立てを受けながら直観を活かして積極的に行動しよう
    • 44歳〜54歳の大運のテーマ
    • 学ぶことも大切な10年。信用を積み上げていこう
  • 表現や発信を積極的に行っていこう
    • すずりんさんの〝こだわり〟を出していこう
    • 2020年〜2023年まで【財】が強くなる4年間
    • アウトプットするほど自分が引き寄せたい対象物(夢、理想、目標など)が明らかになる
  • 2020年〜2023年は運が大きく動く時期
    • 将来的に発展性のあるテーマ(こだわり)かどうかを強く意識して自己表現をしていくとよい
    • 夢、理想など自分のありたい姿をつねに意識して過ごそう
  • 2019年【己亥】は人生の大きな節目だった
    • すずりんさんの日干支【己亥】と年干支が同じ(60年に一度の人生の大きな節目)
    • 余談ですが、すずりんさんのもう一つの誕生日で見ると今年が60年に一度の人生の大きな節目です

そして、これを書いている今日、2020年5月20日、すずりんさんは職場を退職しました。

すずりんといえば、タイムラプスで励ます人。

に向かって墨を磨るように、きょうもこころを鎮めて自分自身を磨きつづけます。

ずずりんの求める高みをめざして。

そんなすずりんを、タイムラインのほとりから四柱推命で見守っています。

硯(すずりん)さん @atatknyk

戦慄(せんりす🐿の四柱推命鑑定師こと くるみによる ザツ鑑定、終了です!

以上。

ビシッ!🗿

 

すずりんさんの感想はこちら

自分を知ってほしい時期、良いタイミングでの四柱推命鑑定に(すずりんさん)

 

くるみ  @Kurumimo22