命式検証02:ゆたぽんさん(Part.2)本人コメント追記

Twitterのフォロワーの ゆたぽんさんから依頼を受けて、四柱推命で鑑定することになりました。

2019.5.12現在

ゆたぽん  @20review_matome

数回に分けて命式を読んでいます。

構成

① ゆたぽんさんの五行バランス

② ゆたぽんさんの内面性(日主 / 日干支)

③ 社会的使命は?

④ 今年、来年の運気は?

⑤ いつ運が大きく動くのか?

大前提となる①、②について以下で書きました。

命式検証02:ゆたぽんさん(Part.1)ご本人コメント付

今回は、③社会的使命 について書いてみます。

※今回の記事は、ゆたぽんさんに事前の内容確認をいただいた上で公開しています

ゆたぽんさんの命式と五行バランス

こちらが ゆたぽんさんの命式と、五行バランスです。

ゆたぽんさんの社会的使命を示す【正財】【養】

「社会的使命(社会からの期待役割)」を意味する「第二宿命」を見ていきます。

鳥海流・四柱推命では「第二宿命」は、大運(10年ごとの自分を取り巻く社会運)の二段目にある星で読みます。

ゆたぽんさんの大運表がこちら。

大運表の2段目にある星は、通変星【正財】と十二運星【養】の組み合わせ。

この二つの意味から読み解いていきます。

通変星【正財】の特長

誠実、正直、堅実、金運、信頼関係、正義感

  • コツコツと地道に努力することが得手
  • 上司や先輩からの信頼が厚い(正財=公明正大、裏表がない)

=現実性、情報、流行をキャッチする力を司り、現世的なものに対する関心を示す星

 

財の通変星【正財】と【偏財】の違い

【偏財】現実性、情報、流行、現世的なものへの興味がストレートに出る

【正財】遠い先を見据えた計画的な衝動

十二運星【養】の特長

イメージ:赤ちゃん

  • 素直、ユーモア
  • 甘えん坊
  • 目上の人から引き立てられる(年下や部下の面倒を見るのは苦手)

四柱推命の十二運星は、運勢エネルギーの強弱を示す星。

人の一生に見立てて運の強弱を表します。

十二運星とあるように、全部で12個あります。

十二運星について

 

人が生まれてから、命が尽きるまでの一生に見立てて、運の強弱を表す

勢いがあるのは、成長期から完成期を示す【長生】【冠帯】【建禄】【帝旺】

 

【胎】母親の胎内に命を宿し

【養】養い、育てられ

【長生】成長して

【沐浴】裸になって身を清め

【冠帯】成人となり(〝冠帯〟は成人の儀式の意味)

【建禄】社会人として一生懸命働き

【帝旺】人生の頂点に達して

【衰】少しずつ衰えていき

【病】病の床につき

【死】死を迎え

【墓】墓に入って

【絶】あの世へと旅立つ(土に還る)

命式を読む場合は、この十二運星と通変星の組み合わせで読んでいきます。

ゆたぽんさんの社会的使命とは?

以上から、第二宿命に【正財】を持つ ゆたぽんさんの社会的使命を、次のように読んでみました。

情報、流行、お金など現実的なテーマについて計画的に取り組んで、周囲との信頼関係を誠実に築き上げていく。

着実と正直の星【正財】は、財テクにも縁のある星。

ゆたぽんさんの第二宿命の【正財】は「コツコツと積み上げていく地道な正財」です。

※参考までに、もう一つの財星【偏財】は「投機的な投資」になります。

豊かな財運の持ち主、ゆたぽんさん

以下は、ゆたぽんさんの命式です。

ご覧のように、ゆたぽんさんの命式には【偏財】が3つあります。

第二宿命の【正財】も含め、ゆたぽんさんの命式は【財】の星が特長的です。

【財】とは、現実性、情報、流行をキャッチする力を司り、現世的なものに対する関心を示す星のこと。

=現実性、情報、流行をキャッチする力を司り、現世的なものに対する関心を示す星

 

財の通変星【正財】と【偏財】の違い

【偏財】現実性、情報、流行、現世的なものへの興味がストレートに出る

【正財】遠い先を見据えた計画的な衝動

命式にある3つの【偏財】は、「戊日の壬(日主が「戊」で、月柱、年柱の「壬」の通変星、という意味)」で、山と大河の美しい関係のイメージを意味します。

この【偏財】は非常に良い財運を示し、何もないところから物事を切りひらいていく頼りになる【偏財】です。

くわえて、第二宿命の十二運星【養】は「目上からの引き立て運の持ち主」を意味します。

十二運星【養】は、甘えん坊体質の星でもあり、誰かに見守られながら活躍する環境が必要な星。

部下を持つようになると苦労する傾向があるといいます。

前段で書いたように、ゆたぽんさんは比劫 / 財星突出タイプ。

比劫 / 財星突出タイプの特長

  • 情報に敏感で現実に強い
    • 堅実で着実にものごとを成し遂げることができる人
  • 不屈の精神力の持ち主(→個人事業で独立して成功する確率大)
    • 基本マイペース、人に合わせるのは不得手
    • 何でも自分から率先して行動しないと気が済まない
  • 家庭的な雰囲気を持ったおだやかな人が多く、誰に対しても献身的
  • どんな場面でも、自分が果たすべき役割を考えて行動している

ゆたぽんさんは、もともと人に合わせるのは不得手で、個人で独立して成功する確率が高い五行バランスの持ち主です。

十二運星【養】の意味にも注目すると、ゆたぽんさんの場合「誰と関わるのか? チームを組むか?」を重視することが必要な方。

日ごろから、自分に必要なものを持っている年長者とのご縁を意識して行動することで、生まれ持った豊かな財運が開いていくと読んでみました。

以下、ゆたぽんさんの社会的使命(第二宿命)をまとてみました。

ゆたぽんさんの社会的使命

情報、流行、お金など「現実的なテーマ」について計画的に取り組んで、目上からの引き立て運を最大限に活かしながら、周囲との信頼関係を誠実に築き上げ、豊かな財を世の中に還元する

いかがでしたか。

Twitterのプロフィールをチェック!

ゆたぽんさんのTwitterのプロフィールには、【財】を感じさせる要素(個人FXトレーダー)が目にとまります。

「気になるあの人にも果敢に@メンション」の「気になるあの人」とは、ゆたぽんさんが尊敬する方のことかしら?

ここに、十二運星【養】の「引き立て運」を意識して引き寄せようとしているゆたぽんさんの姿が浮かびます。

ゆたぽんさんのTwitterでの誠実なフォロワーさんとのやりとりは、第二宿命の【正財】そのもの。

すでに「第二宿命」と、ゆたぽんさんの行動が重なり始めている印象も受けます。

「ブログ、いつ始める予定ですか?」

先日、ゆたぽんさんに「ブログはやっていますか?」とTwitterを通じてお尋ねしました。

「まだ予定はありません」とのお返事でした。

しかし2020年、2021年は、年干支【庚子】【辛丑】が巡り、ゆたぽんさんの五行バランスの「金」の五行が強くなる2年間がやってきます。

※金の五行とは【庚子】【辛丑】の「庚」「辛」のこと

ゆたぽんさんの「金」の五行は【食傷】。

【食傷】は「もっと自分を知ってほしい!わかってほしい!」を意味します。

よって2020年、2021年は、ゆたぽんさんの中で「もっと自分を知ってほしい!わかってほしい!」という気持ちがさらにふくらむ時期になると読みます。

現在のTwitterでの活動も含め、来たるべき【食傷】が強くなる2020年、2021年に向けて、今回お話しした「第二宿命(社会的使命)」のエッセンスを活かしていただければと思っています。

ゆたぽんさんのフィードバック内容をご紹介

ゆたぽんさんからTwitter上でフィードバックをいただいたので、ツイートをそのまま追記しました。

気づき① 第二宿命の通変星【正財】について

学生時代に統計学を学んでいたゆたぽんさん。

【正財】に重ねてフィードバックをくださいましたが、年柱の十二運星【墓】(ぼ)で読みたくなります。

年柱で、幼少期から社会に出るまで(20代半ば)の運を読みます。

十二運星【墓】は、探究心の星です。わたしも二つ、年柱と月柱に持っています。

「学生時代に統計学」

「なるほど!」と思いました。

分析のセンスにも長けている星の組み合わせです。

ちなみにゆたぽんさんは、幼少期から社会にでる年柱の期間、「美」についての関心はありましたか?

年柱の【傷官】が気になってお聞きしてみました。

以下、5月14日朝に、フィードバックをいただきました。

【傷官】サッカーのボールの軌道に異常なこだわりを見せた時期あり

ふむふむ🤔

気づき② 十二運星【養】について

〝ツッコマレビリティ〟

突っ込まれることを楽しむ能力(ability)。

十二運星【養】を生きるキーワード。

良い言葉をいただきました!

気づき③ 社会的使命について

https://twitter.com/20review_matome/status/1127798391537164289

今回の検証で、ゆたぽんさん自身も、現在のTwitterでの在り方、活動のしかたが命式と重なっていることを実感されているようです。

自分の命式と調和し、これを活かすスタイルを、Twitterで模索しはじめたゆたぽんさん。

次回は、以下④、⑤について書いてみます。

構成

① ゆたぽんさんの五行バランス

② ゆたぽんさんの内面性(日主 / 日干支)

③ 社会的使命は?

④ 今年、来年の運気は?

⑤ いつ運が大きく動くのか?

ゆたぽんさんの命式検証(初回)はこちらで書いています。よろしければお読みください

命式検証02:ゆたぽんさん(Part.1)ご本人コメント付