初鑑定ふりかえり:花咲詩夢さん( Part.1)

四柱推命コミュニティで学んでいる 花咲詩夢(はなさか しむ)さんから依頼を受け、ランチも兼ねて鑑定をしてきました。

「準備8割」をこころがけたおかげで、必要なメッセージを伝えて、濃いやりとりができました。

「命式にもとづいて今後の活動方針のヒントを知りたい」という友人の期待も満たすことができたようで、お礼のメールをもらいました。

生年月日と出生時間の干支(八字)から「通変五行のバランス」を見て、その人の生き方の特徴や、運(大運、年運など)に巡る干支によりどのように流れが変化していくか。

これを読み解く方法に、手ごたえが感じられたことが何より励みになりました。

今回の依頼につながった理由について、花咲詩夢さんの命式にふれながら書いてみます。

※花咲詩夢さんより「プロフィールも含めた個人情報を利用してくれてかまいません」という連絡をいただきました。お名前や具体的なやり取りについても触れてみます

財 / 官陥没タイプはインストラクター向き

今回、鑑定のリクエストをくれた花咲詩夢さんの五行バランスがこちらです。

花咲詩夢さん(以下詩夢さん)の命式は、財星、官星が陥没しているタイプで、特長は次のとおりです。

財星 / 官星陥没タイプの特長

  • 育ちがよくカリスマ性を秘めている
  • マイペースでのんびりしているが、物事の理解力は抜群、応用力も備えている
  • 現実性は乏しく、物事の計画性もあまりないが、自分がほんとうに夢中になれるものを見つけたら頭角を現すタイプ
  • インストラクターや講師に向いている

詩夢さんは、この特長にあるように講師として活動を始めており、まさにご自身の命式を活かすかたちです。

2019年から「財」が動き出す

今回、鑑定の依頼を受けて五行バランスをつくりました。

なるほど、なぜ、このタイミングで詩夢さんが命式を見てほしいと依頼してこれらたのかが、よくわかりました。

その理由が、現在の詩夢さんの大運の干支【乙巳(きのとみ)】と、今年2019年の年干支【己亥(つちのとい)】です。

現在、詩夢さんは37歳。

大運は地支の【巳】が強く出る時期です。

【巳】は、もとは「火」や「土」の五行ですが、詩夢さんの命式に【酉】【丑】があるため【巳】が巡って三合金局が成立して「金」の五行が強くなります。

詩夢さんの命式の通変五行バランスでは「金」の五行は「食傷」。

詩夢さんの中で「自分をもっと表現したい」「自分をもっと理解してもらいたい」という思いが強くなる運が巡っていることがわかりました。

くわえて、今年2019年の年干支【己亥(つちのとい)】は、「土」と「水」の五行の組み合わせ。

詩夢さんの命式の通変五行バランスでは「比劫」と、「水」の五行の「財」が強くなる時期になります。

詩夢さんの命式は「財」がきわめて弱い点が特長です。

ここに「水」の五行の【亥】が巡ることで、詩夢さんの「財」が動き出しました。

「財」の意味とは?

「財」は「目的となる対象物」を表します。

「目的となる対象物」とは、お金、異性(男性の場合)、夢や目標のこと。

詩夢さんの五行バランスのように「比劫」が強くて「財」がない場合は、ある意味、心は平和な状態です。

ここ数年、「財」を表す「目的となる対象物」に関心がないまま生きていた詩夢さんです。

ところが、2019年の年干支【己亥(つちのとい)】が巡り、今回の「自分のゴールイメージをつかみたい」という依頼につながっていたことが五行バランスからわかりました。

「財」と「官」が巡り計画→実行が進む

2019年以降、詩夢さんの五行バランスの特長である「金(食傷)」と、不足している「水(財)」「木(官)」が巡ります。

詩夢さんの五行バランスは、もともと計画性(財)や、自分を律する性質(官)が乏しいのが特長です。

しかし、不足している「水(財)」「木(官)」が巡ることで、「計画→実行」が思うように進む運が巡ってきます。

五行バランスの特長や、運の巡りの変化について、とても良いタイミングで詩夢さんに伝えることができました。

詩夢さんと話して、彼女が自分の命式を理解し、これを活かそうと努力されていることがよくわかりました。

きょうの鑑定について、明日、続きを書いてみます。

今回の鑑定につながる流れや、鑑定への思いについて書いた記事がこちらです。よろしければお読みください。

「四柱推命*PDCA」が始まりそうな予感がしています 初鑑定ふりかえり:花咲詩夢さん( Part.2)