母と次男は《宿命大半会》!! 障がいを超えて生涯のパートナーへ

四柱推命ザツ鑑定、103番目は、acoさんの次男さんです。

2019年12月半ば、母、acoさんの四柱推命ザツ鑑定を書きました。

2019年の年干支は【己亥 つちのとい】。

この【己亥 つちのとい】を日柱の干支に持つacoさんにとって、60年に一度巡る大きな節目の一年でした。

そんな理由もあって、acoさんは四柱推命ザツ鑑定の内容を、ご自身のふりかえりやさまざまな活動に活かしていらっしゃいます。

このようなツイッターでのやりとりを通して、acoさんの長男さん、次男さんacoさんの旦那さんの鑑定を引き受けることになりました。

まずははじめに、 acoさんについてご紹介しましょう。

acoさんといえば、笑顔をつなぐ障がい児のママ

この一言に尽きるでしょう。

母:acoさん @AkikoTime10

男の子二人のママであるacoさん

二番目の息子さん(現在、小学校5年生)は、脳に障がいを抱えていて車椅子ユーザーです。

そんな経緯もあり、自宅でサロンを開催して同じような境遇のママをつなぐ活動を2017年にスタート。

https://twitter.com/AkikoTime10/statuses/1189828405966934016

 

acoさんの次男さんも、今年の漢字企画にも参加してくれました。

https://twitter.com/AkikoTime10/status/1211928344637276160

母 acoさんのブログやツイッターでの活動のテーマは、障がい児のママの笑顔をつなぐこと

タイムラインには難病をかかえながらも〝とにかく明るく前向きな次男さん〟のエピソードにあふれています。

https://twitter.com/AkikoTime10/status/1223221414666260480

https://twitter.com/AkikoTime10/status/1218384235825782785

そんな次男さんの五行バランスは〝財官双美

社会や組織(家庭)の中で自分の役割を見つけ、これをまっとうすることに生きがいを見い出すタイプ。

強い意志力、現実性、計画性、行動力を兼ね備え、決して人に依存したり甘えたりしません。

体育会系として鍛えあげてきた自己管理能力に優れた母 acoさん

なるほど、次男さんと価値観が似ているのも うなづけました。

くわえて、母 acoさんとの共通点が二つもありました。

さっそく四柱推命鑑定を進めていきましょう。

※以下の内容はご本人の承認を受けて公開しています

acoさんの次男さんってどんな方?

こちらがacoさんの次男さんの命式と通変星のパラメーターです。

四柱でなく、三柱で出しています。

※出生時間を表す時柱(じちゅう)は含まれていません。ただし、時柱は把握しているため五行バランスにもとづいて読み進めています

acoさんの次男さん内面性や大切したい価値観をまとめたのがこちら。

命式の日柱の十干、干支で読みます。

(つちのと)

イメージ:大地、田畑

キーワード:育成、人情、庶民的、情緒、愛情、猜疑心、やきもち

  • 田畑=人を育てたり、教え導いたりすることが使命
  • 性格は温厚(※ただし、土には砂漠や乾ききった土壌、岩石だらけの畑などもあるように、他の星との絡みで性質は変わる)
  • 自分の生き方を大切にし、人生を楽しみたいと望む
  • 人に対して温和で面倒見もよいが、気迷いや取り越し苦労も多い

 

己未(つちのとひつじ)干支番号56

イメージ:夏の田畑

  • 飾り気がなく、さっぱりしていて気さくな人
  • 気持ちが純粋で、誠実な人が多く、繊細さと大胆さを兼ね備えたタイプ(男性からも女性からも慕われる)
  • 親切で人の心の痛みもわかる上、弱い者や年長者を敬う心の持ち主(困っている人には率先して手を差し伸べるタイプ)
  • 人の面倒をよく見るわりに、人に頼ることはなく、何事も自分の力でやろうとする(自立心旺盛、強い心の持ち主。ただし、他人からの助言はあまり耳に入らない傾向も)
  • 心の中に情熱と信念を持ち、自分の信じる道をひたむきに歩みつづける
  • 自尊心が高く、プライドを傷つけられると攻撃的になる一面もある
  • 危険に遭遇しても無難に切り抜けられる干支と言われている

運が大きく動く時期は?

社会運を示す大運(だいうん / たいうん)で見ていきます。

こちらがacoさんの次男さんの大運表。

acoさんの次男さんは、28歳前後と、58歳前後で30年周期の運気の節目(接木運)を迎えます。

接木運(せつぼくうん)

  • 30年に一度巡ってくる方向性が大きく変わる時期
  • 4つの大運支の季節の切り替わり(丑と寅の間、辰と巳の間、未と申の間、戌と亥の間)に起こる
  • この時期は、これまでの方向性を必然的に変えざるを得なくなるため、その前後の年回りは、新しい運気の流れに馴れるまで苦しい時期と感じやすい傾向がある
  • 次に巡る運気に馴れるまでの時間は人それぞれ(短くて半年、長くて2年くらい要する)

58歳〜88歳までの30年間は、超絶パワフルな運気が巡っています。

理由は、身強の星が社会運に巡っているから。

身強の星とは【冠帯 / 建禄 / 帝旺】のこと。

身強の星【建禄(けんろく)】【冠帯(かんたい)】【帝旺(ていおう)

:運勢エネルギーが強いため、ビジネスなど社会で成功を収めやすい

身強の星の影響を受け、acoさんの次男さんの社会運は華々しくタフに展開していくエネルギッシュな30年です(58歳〜88歳)

こちらの大運表で、78歳以降はありませんが、78〜88歳は、大運干支【庚未】、通変星【食神】、十二運星【冠帯】が巡ります。

acoさんの次男さんは、人生も晩年になるほど、運気がパワフルになる方です。

大運2段目【正官 / 絶】は、acoさんの次男さんの第二宿命(社会的使命)を読みます。

【正官】は、役割(お役目)の星です。

そして、【絶】は、たゆみない努力を積み重ねてミラクルを起こす星。

したがって、コツコツとたゆみない努力を 圧倒的に積み重ね、世のため人のために生きる人

acoさんの次男さん第二宿命(社会的使命)です。

こちらは、acoさんの次男さんが、今年2020年の漢字に選んだ一文字。

次男さんの人生はまだ始まったばかり。

この第二宿命(社会的使命)【正官 / 絶】からひもといたメッセージ、「コツコツとたゆみない努力を圧倒的に積み重ね、世のため人のために生きる」という生き方を貫いていった先…

具体的には58歳〜68歳の10年間に、名実ともに2020年に選んだ漢字を体現する。

そんなイメージが浮かびました。

プレッシャーをかけ過ぎないように、これを追記しておきますね。

_(┐「ε:)_ズッコー🤣‼️

奇抜な発想で世の為に勤しみ、信用を積み上げる10年

現在の大運は【正官 / 絶】

通変星【正官】〝信用と気品〟の星。誠実、信用、目上、仕事、責任感、名誉、名声

見返りを期待せずに世の中に為になることをする、保守的で冒険は好まない、礼儀正しく几帳面でまじめ、目上運に恵まれる、ルールや秩序立てられた環境で能力を発揮する

 

十二運星【絶】:イメージは「あの世」。天才、気分屋、いろいろな面を持つ、こだわりや自分を出さずに人に接するとよい、運が良いときと悪いときの振幅が著しい

テーマは、奇抜な発想を活かし、世の中の為になることに勤しみ、信用を積み上げていくこと。

大運【官星(正官 / 偏官)】が巡る時期は、自ら与えられた役割を自覚し、これを生きる時期です。

なかでも、【正官】が巡る時期は、生まれながらに与えられた使命や天命を見つける時期

上の項で、大運2段目【正官 / 絶】は、acoさんの次男さん第二宿命(社会的使命)を読むと書きました。

たいていの人にとって、大運2段目は小学校〜高校時代の年齢にあたります。

その人にとっての第二宿命(社会的使命)を、小学校〜高校時代にめぐっていた星を重視して読み解く。

これは、鳥海流で学んだ考え方ですが、とても興味深く感じられます。

「自分の社会的使命とは何だろう?」

そう疑問に思ったときは、若かりしころ(大運2段目)に巡っていた星に尋ねてみるとよい、ということになりますから。

テーマは、奇抜な発想を活かし、世の中の為になることに勤しみ、信用を積み上げていくこと。

そう書きました。

以下の星の意味を参考にして、acoさんの次男さんがこの世の中で担うべき使命について、ご自身でメッセージを考えてみるのもお薦めです。

通変星【正官】〝信用と気品〟の星。誠実、信用、目上、仕事、責任感、名誉、名声

見返りを期待せずに世の中に為になることをする、保守的で冒険は好まない、礼儀正しく几帳面でまじめ、目上運に恵まれる、ルールや秩序立てられた環境で能力を発揮する

 

十二運星【絶】:イメージは「あの世」。天才、気分屋、いろいろな面を持つ、こだわりや自分を出さずに人に接するとよい、運が良いときと悪いときの振幅が著しい

四柱推命鑑定で、この十二運星【絶】を気にされる方はかなりいらっしゃるようです。

そこで、次の項で十二運星【絶】の活かし方について補足してみます。

十二運星【絶】の活かし方

acoさんの次男さんの大運表2段目にある十二運星【絶】は、イメージでいえば「あの世」。

魂がフワフワと浮遊しているような状態です。

四柱推命では、この【絶】という星は「運気が不安定(運が良いときと悪いときのアップダウンが著しい)」という特長もあります。

四柱推命鑑定で、この十二運星【絶】を気にされる方はかなりいらっしゃるようです。

実際、このブログの検索ワードでも「絶」は上位にランクインしています。

十二運星【絶】が命式にある方は、「不安定な感覚がデフォルト」で、キーワードは「変幻自在」。

転職するごとに運勢が良くなったり、方針を変えるたびに成功したり。

不思議な運勢をもっている星です。

変化にふりまわされるのではなく、自ら変化を起こし、不安定さ楽しむことを意識して人生を送ることが【絶】を活かす秘訣です。

※【絶】は芸能人が多く持っている星としても知られます。

十二運星【絶】を活かす方法を3つお伝えします。

  1. 十二運星【絶】裏星【建禄】を活かす(コツコツと圧倒的な努力を重ねる)
  2. つねに〝世のため人のため〟を意識して何事も取り組む(エゴや執着を捨てる)
  3. 変化を楽しむ(ただし、変化の内容や理由、経緯などは記録に残しておくとよい)

参考にしてみください。

現在の大運(前半)の特長は?

まずは現在の大運について(8〜18歳前後)。

10年周期の社会運を示す大運は、前半の5年間は天干で、後半の5年間は地支で読みます。

8歳〜(前半)、13歳前後〜(後半)になります。

前半は【(きのえ)】の影響を、後半は【(ね)】の影響を受けます。

つまり、acoさんの次男さんの8〜13歳前後の5年間は、の五行()に作用が出ます。

こちらは次男さんの命式の五行バランスの元型です。

この元型が、現在の大運にめぐる天干(甲 きのえ)によって以下のように変化します。

【官】が巡る時期は、自分の役割に生きる時期。

良い効果が出る場合は、仕事上で評価されたり、自分の感情を上手にコントロールしながら前に進んでいく時期になります。

自分の使命感を持って邁進しているイメージです。

いっぽう悪い効果が出る場合は、ストレスがたまりやすく、萎縮しやすい時期。

【官】は「信用、秩序、責任感」の星ですが、同時に「プレッシャー」の意味もあります。

溜めすぎたストレスを一気に爆発させてしまうケースも。

ストレスを溜めないよう、自分なりの対策も持っていてほしいところです。

※ストレス対策は、以下の開運のヒントのアドバイスをご参照ください。

現在の大運(後半)の特長は?

つづいて現在の大運の後半について読んでいきます(13歳前後〜18歳)。

大運後半は、大運地支【子】によりの五行()に作用が出ます。

【財】がめぐる時期は、acoさんの次男さんの中で、夢、理想、目標が明確になる時期。

良い効果が出る場合は、非常に社交的になって人を束ねていき、人生の実りの時期になります。

いっぽう悪い効果が出る場合は、お金や異性のトラブルに巻き込まれやすい時期。

高すぎる目標を設定しがちで、地に足がつかないような不安定な感覚に見舞われやすい傾向も。

人づき合いなどで多忙になることから疲労で健康を害しやすいため、注意が必要な時期です。

【財】の星が、命運上(大運や年運)に巡ってきている時期は、ある意味、もっとも注意が必要な時期でもあります。

2020年、21年の運気の特長は?

つづいて、2020年(庚)、21年(辛)について。

この2年間、acoさんの次男さんの五行バランスでは、金の五行【食傷】と、水の五行【財】に影響が出ます。

こちらが五行バランスの元型です。

この元型が、以下のように変化します。

次男さんの中で、自分のこだわりが強くなりやすい2年間に(2020年〜2021年)。

「自分をわかってもらいたい、もっと知ってもらいたい」という表現やアウトプットへの熱も高まります。

次男さんの思いや考えを表現するほど【財】に星が巡り、次男さんが手にしたいもの(夢、理想、目標など)が明らかになる五行バランスです。

次男さんが何を感じ、考えているのかをアウトプットする機会を増やしていくとよいでしょう。

くわえて、13歳前後(2021年〜)から大運は後半に入ります。

【財】がさらに強くなります(夢、理想、目標に向かってグングン進むイメージ)。

次男さんの五行バランスは、2019年から夢、理想、目標、計画性などに縁がある【財】が動いており、2022年、23年にピークに。

2020〜21年の、「自分をわかってもらいたい、もっと知ってもらいたい」という自己表現への熱が高まる【食傷】が動く2年間を有効に過ごして、向こう4年をかけて、次男さんの夢、理想、目標を明らかにしていくとよいでしょう。

くるみより開運のヒント
  • ストレス対策を大切に
    • 食傷 / 印星官没タイプ:自分にも他人にも厳しいタイプなので、リフレッシュがとても大切
    • 具体的には「木」の五行を補う方法がGOOD
      • 木の五行を補う:(例)森林浴、ガーデニング、植物採集、部屋に観葉植物を置く、紙の本を読む、鉛筆など木製アイテム
        • ラッキーカラー:青、グリーン(洋服や小物類を選ぶときの参考に。ブルーの器や、登山リュックはラッキーカラー)
          • ※火の五行に星は入っていないので、火の五行の色「赤」を補うのも大切です。しかし、優先順位としては、まず第一に「木」の五行で固くなった「土」をほぐす必要がある五行バランスです
        • 木や森をモチーフにした絵や写真(ポスター)を飾るのも良い、スマホやiPadの待受に大樹の写真を使うのもお薦め
      • 金の五行を補う:(例)ドライブを楽しむ(歩行器や車椅子も「金」の五行を補うラッキーアイテムです)
  • 2020年、2021年、運が動く
    • 次男さんの五行バランスは【食傷(金の五行)】が弱い。ここに「金と水」の五行の年干支(子 / 丑)ががめぐるため
    • 次男さんさんの中で、自分をもっと知ってほしいという気持が高まる2年間に
    • こだわりが強くなる2年間。何にこだわるのか、ここが明らかになるほど次男さんのめざす方向性(夢、目標など)が見つかる時期なので、活かせるといいですね

木々がたくさん生い茂る公園散策もお薦めです。

すでに実践されていますね。

https://twitter.com/AkikoTime10/status/1242965014660526080

こちら、登山ザックのブルーとグリーンも、次男さんにとってラッキーカラーです。

日ごろから「木の五行」、自然(とくに木々や植物)にふれる時間をたくさんとって、リフレッシュする時間を持つとよいでしょう。

フォロワーのみちすけさんからいただいた大樹のイラストをプレゼントします。

みちすけさん  @Kmichisuke369

出世頭の候補とされて珍重された〝財官双美〟

acoさんの次男さんの五行バランスは、食傷 / 印星官没タイプです。

このタイプは「財官双美」と呼ばれ、出世頭の候補とされて非常に珍重された命式と言われます(仕事運に恵まれた方です)。

社会や組織(家庭)の中で自分の役割を見つけ、これをまっとうすることに生きがいを見い出すタイプ。

強い意志力、現実性、計画性、行動力を兼ね備え、決して人に依存したり甘えたりしません。

ただし、自分にも厳しい分、人にも厳しすぎてしまう面があることも否めません。

つねにプレッシャーと責任感と戦っているような状態なので、なかなか精神が休まらないという特長もあります。

学ぶこと、学んだことに自分の意思をのせて表現すること。

インプット()、アウトプット(食傷)を上手に巡らせることで、acoさんの次男さんの五行バランスは巡り出すのです。

母と次男さんの命式に見る2つの共通点とは?

今回、acoさんと、次男さんの四柱推命鑑定を書き進めてきて2つのことがわかりました。

  • 宿命大半会(だいはんかい / だいはんえ)というビジネスパートナーとしても最高の関係
  • 三徳という安定した社会運を過ごしやすい命式の持ち主

宿命大半会について

天干が同じ(己)で、地支が三合会局(さんごうかいきょく)の関係を宿命大半会といいます。

三合会局とは、①亥②寅③申④巳丑 の関係のことです。

日柱の干支が、宿命大半会 である人同士の関係は「この二人が組むとスケールの大きな仕事や実績を残せる」と読みます。

ご覧のように、acoさんの次男さんの日柱の干支【己未】と、acoさんの日柱の干支【己亥】。

【己未】【己亥】の関係が、宿命大半会です。

ちなみに、ごにーさん【己亥】と、マダムごにーさん【己未】の関係も宿命大半会です。

仕事のパートナーとしてもスケールの大きな仕事や実績を残せる親子

四柱推命ではそんなふうに読むことができます。

三徳について

三徳とは、知性+行動力+人脈の3つの要素の星を持っている命式を表します。

母 acoさんも、acoさんの次男さん【三徳】の持ち主です。

以下の円グラフで、イエローピンクグリーンの3色が揃っている方が【三徳】です。

この3要素は、人が仕事をしていく上で重要な要素。

【三徳】の開運法

 

豊富な知識を身に着けて(印星

②行動して地位を確立させ(官星

③お客様に理解され、ファンに愛されることでお金が生まれる(財星

この①、②、③の流れを意識することが秘訣です。

三徳】の方は順調な社会生活を送りやすい、と言われています。

ぜひ、①、②、③の流れを意識して三徳を活かしていってください。

サポートを必要とする子育てママを笑顔にする〝志事〟を積み上げる

母 acoさんのタイムラインをふたたび訪れてみました。

目に止まったのは、こちらのツイート。

すでにお伝えしているように、次男さんは肢体不自由児で車椅子ユーザー。

自分ひとりでトイレを利用することができません。

この日、「6年生の仲間に頼んでトイレを済ますことができた」と母 acoさんに報告するエピソード。

息子の成長に目を見張り、次男さんをささえる温かい人たちへの感謝の気持ちがつづられています。

母 acoさんは、2019年11月19日、ブログを開始。

「サポートを必要とする子育てママを笑顔にする」をテーマに、日々のあれこれを書きつづっています。

acoさんのブログ

2019年の年干支は【己亥 つちのとい】。

母 acoさんの日柱の干支と同じ干支が巡る特別な一年でした。

いわゆる年運律音(りっちん)

60年に一度巡ってくる人生の大きな節目の年でした。

今年4月下旬、まもなく母 acoさんの誕生日も近づいています。

「少しずつ、自分のこれまでを落ち着いてふりかえり、これからのことを考えてみたい」

今回、息子ふたりの四柱推命ザツ鑑定を依頼された理由を、このように聞かせてくれました。

母 acoさんは、障害を持つ子供を持つママに向けて、悩みや経験をブログやツイートで発信しつづけています。

今回の四柱推命鑑定で、acoさんの次男さんと、母acoさんが 宿命大半会という深い縁のある関係であることもわかりました。

サポートを必要とする子育てママを笑顔にする〝仕事〟

いえ、acoさんにしかできない〝志事〟を次男さんとの日々を通して、積み重ねていってくださいな。

https://twitter.com/AkikoTime10/status/1189828405966934016

四柱推命でいつも応援しています。

母:acoさん @AkikoTime10

戦慄(せんりす🐿の四柱推命鑑定師こと くるみによる ザツ鑑定、終了です!

以上。

ビシッ!🗿

 

四柱推命ザツ鑑定に興味のある方は、フォローをお願いします

くるみ  @Kurumimo22