満月ワークのやり方について

満月の日におこなうワークを満月ワークといいます。

満月ワークは、新月ワークのふりかえりです。

「新月=ものごとの始まり」で「満月=結果」だから。

新月ワークと満月ワークをセットで行って、自分の望む結果を手にするサイクルをまわしていきましょう

私くるみの場合は、大学ノートを使って実践しています。

ノートを見開きで使用。

左側:新月ワーク、右側:満月ワーク、というスタイルです。

本やサイトでも、いろんな方法が紹介されています。

大切なのは、新月、満月という節目を活かして、ワークを習慣化させること

いろいろ試しながら、続けやすい方法をつくりあげていくとよいでしょう。

ワークのルール(新月 / 満月共通)

① 新月 / 満月の時間を過ぎてからワークをスタート

② 8時間以内にワークを完了させる

新月 / 満月になって48時間以内にワークを完了させます

③ ボイドタイムは避ける

ボイドタイム(英語:void time)は西洋占星術の概念

「月」がその他の天体とアスペクト(角度)を形成しない時間帯のこと

西洋占星術で「月」は人の感情を司る天体。この「月」がどこの惑星ともつながらず、月の影響力が無効となる時間帯をボイドタイムという

このことからボイドタイムの特長として次のようなことがあげられます。

① 人々の感情が暴走しやすくなる

② 社会ではトラブルが発生しやすい(飛行機事故もこの時間帯に起こりやすいといわれている)

このような理由から、このボイドタイムの時間中はワークには不向きなので避けます。

ボイドタイムを避けたことにより、新月 / 満月がスタートして8時間過ぎてしまった場合も、48時間以内にワークを完了させればOKです。

2019年1月11日(土)8時58分〜21時16分

 

この時間が今回の満月のボイドタイムです。

この時間は避けるとよいでしょう。

満月ワークの手順

新月ワークで作ったリストを見返す

達成度がひと目でわかるように印をつける

(例)◎、▲、✕ などをつける

② 達成できた件について、感謝の気持ちを添える

(例)「四柱推命ザツ鑑定記事を無事6人分書き上げることができました。健康で平穏無事な生活を送れていることに感謝します。ありがとうございます」

達成できなかった件について要因や理由を考える

  • 願いごとのレベルが高すぎなかったか?
  • 書き方は具体的だったか?
  • ほんとうに達成したいと思っていたか? 他

理由が思いあたらなかった場合、そのリストを先送りします。

その場合、先送りしたことがわかるように印を付けて見返せるようにしておくとよいでしょう。

④ 達成できなかったことを再度、書く

その際のポイント3つ

①過去完了形で書く

②カンタンに達成したように書く

③感謝の言葉でしめくくる

(例)「四柱推命ザツ鑑定記事を書き続けるために、手順を細かくして、これをパソコンの前に貼っていつも目に入るようにしたら、ラクに執筆作業に集中できるようになりました。ありがとうございました」

こちらのツイートにある「キーワード」は、達成できなかった願いごと(目標)を再度見直すときのヒントに役立てています。

⑤ 実行する

上で書いた改善策を実行します。

満月から次の新月までに期間は、およそ14日間です。

新月がふたたび巡ってきたら、願いごとをリニューアルします。

自分の場合、四柱推命の大運(社会運)の過ごし方のヒントも活かして、目標 / 行動指針、願いごとを設定しています。

フォロワーのまだっちさんも、自分なりの新月 / 満月ワークを続けていらっしゃいます。

機会があれば、まだっちさんの方法もご紹介しますね!

以上、満月ワークの方法をご紹介でした!

 

2020年の年運(全体運、十干別の個人運)も、目標設定や過ごし方のヒントとしてお役立てください。

四柱推命で読む2020年の運気(全体編) 四柱推命で読む2020年の運気(十干編)