四柱推命で読む2020年の運気(全体編)

2020年という年が、どんな特長の一年になるのか?

何に気をつけて過ごしたらよいのか?

多くの方にとって興味のあるテーマだと思います。

そこで今回は、2020年の運気の特長について、十干十二支「世」という時間の単位に目を向けて記事を書いてみました。

この記事は、①全体編(世の中全体)②十干編(個人)の2部構成になっています。

自分にとって2020年がどんな一年なのか知りたい方は、②十干編もあわせてお読みください。

四柱推命で読む2020年の運気(十干編)

2020年の年干支【庚子】で読む

2020年の年干支は【庚子】になります。

四柱推命では、一年の始まりは立春です。

2020年2月4日(火)18時12分。年運干支【庚子】に切り替わります。

天干が【庚】、地支(十二支)が【子】の組み合わせです。

【庚】には「更新、革新、自分自身をふりかえる」などという意味があります。

くわえて【子】は、十二支の始まりでもあることから「新たなサイクルの始まり」という意味があります。

以上から、2020年は新たなサイクルの始まりを意識して、誰もが自らをふりかえり、アップデートすることが求められる一年です。

時間の単位「世」「運」の干支で読む

今回、この記事を書くにあたり、注目したのが「運」「世」という時間の単位です。

四柱推命は「年」「月」「日」「時」という4つの時間の単位を干支(かんし)に置きかえて読む占いです。

この「年」「月」「日」「時」という単位以外にも「(げん)」「(かい)」「(うん)」「(せ)」「(ふん)」「(びょう)」という単位があります。

一世=30年

一運=12世(360年)

一会=30運(10,800年)

一元=12会(129,000年)

これらの時間の単位は、中国は宋の時代の儒学者である 邵 雍(しょうよう)による『皇極経世書』という本に書かれています。

個人の運命を四柱推命で読む場合は、「年」「月」「日」「時」という4つの時間の単位(四柱)を使って読みます

世の中を取り巻く運気を読むには、これより上位の時間の単位を見る必要があると考えました

そこで着目したのが「一世(30年)」「一運(360年)」という時間の単位。

そして、これらに付随している干支です。

一世の干支【乙亥】、一運の干支【甲戌】

一世の干支は【乙亥(きのとい)】、一運の干支は【甲戌(きのえいぬ)】になります。

一世の干支【乙亥】は2014年から、一運の干支【甲戌】は1684年から始まり、いずれも2043年までつづきます

今回、これを書き進めながら興味をそそられたのは、「一世」と「一運」の干支の切り替わり時期が〝2045年問題〟として注目されているシンギュラリティの時期とほぼ重なる点です。

「シンギュラリティ」とは、技術的特異点の意味。

「シンギュラリティ」とは、人工知能(AIartificial intelligence)が発達し、ついに人間の知性を超えることによって起こる私たちの生活上の変化を表した概念のこと

この「シンギュラリティ」が訪れる時期が、30年周期の「一世」、360年周期の「一運」の干支の切り替わり時期と重なる。

これは、干支学の視点から見てもたいへん興味深く感じられます。

一世【乙亥】から見た2020年の運気は?

やや専門的な説明が長くなりました。

一世の干支【乙亥】と、今年の干支【庚子】で、2020年の運気を読んでみます。

一世の干支【乙亥】と2020年の干支【庚子】との関係は、【乙】にとっての【庚】で【正官】となります。

2020年の全体運は、通変星【正官】で読みます

MEMO

四柱推命で個人の運気を見るときは、通常「日」の天干を軸として見ます。ただし、世の中の世相を見るときには、「世」の天干を軸に見ていきます。

ちなみに、一族のつながりが強かった唐の時代の李虚中の占術は、一族の運を見る「年」の天干を軸に運命鑑定をしていました。

2020年の全体運の特長と過ごし方のアドバイスは、次のとおりです。

運気の特長とアドバイス

◆ 2020年の全体運の特長

①まじめに精進してきた人は、成果につながりやすい

②正当派の取り組みに評価が集まる

③要不要をはっきりとつけ、必要な部分を更新する

 

◆ 具体的なアドバイス

  • 世の中全体がよりクールになる(乙亥、庚子の干支の推命気温が低いことから)。良い意味では「冷静な判断ができる」と読むが、メンタルが冷え込まないよう注意も必要そのためには温めていくことが必要(木、火の五行を使う)
    • :こころのぬくもり、精神性、自立の大切さを説いていく
    • :応援や励ましなど、活動に熱を注いでいく
  • 「自分以外の人々や世の中のために何ができるか?何を与えられるか?」この考え方で行動できるかどうかが重要になる
  • 要不要を見極めて、自分にとってほんとうに必要なもの、やるべきことを明らかにする

以上、2020年【庚子】の運気について、30年周期の「一世」という時間の単位も採り入れて書いてみました。

使命を見極める一年にしよう

さまざまな分野で「二極化」や「格差」が課題にあがっている時代です。

現代の格差は「行動格差」。

インターネットのおかげで、すでに必要な情報は求めれば無料で手にできる、恵まれた時代を生きています。

行動に移すか? 先送りするのか?

「実行する」の一択しかない、そう思っています。

2020年の運気の特長を示す通変星【正官】は使命やお役目を表す星でもあります。

「自分以外の人びとや、世の中のために何ができるか?何を与えられるのか?」

この考え方で行動できるかどうかが重要になる。

2020年の過ごし方の具体的なアドバイスにそう書きました。

GIVEの時代です。

四柱推命ブログ鑑定を通じ、ひとりでも多くの方に「自分の運命と調和すること」「自立してお互いにささえあうこと」の大切さを伝えていきたいと思います。

ブログと、Twitterと、応援と

私くるみの活動拠点は、このブログと、Twitterです。

Twitter歴は10年。

2019年3月7日(癸卯)、この くるみ という新しいアカウントでTwitterに飛び込みました。

くるみ  @Kurumimo22

四柱推命や、この勉強ブログを携えて、目標を持って踏み出した Twitterランドは、まったく別世界でした。

Twitterは応援するSNS

Twitterでの活動を開始して2週間後に、この気づきを フォロワーのこんどうさんからもらいました。

志を持った仲間たちとつながり、応援し合う。

この二ヶ月、Twitterでの活動をとおして強く意識しているテーマです。

これは、2020年の具体的なアドバイスに書いた「火の五行を補って、応援や励ましなど、活動に熱を注いでいく」と重なります。

ブログ、Twitterをたとえると、それは蒸気機関車!

石炭という燃料をくべつづけることで走りつづけることができます。

ブログ記事を書く、ツイートする、いいねを付ける、RTする、ハッシュタグでつながる、リプをし合う…

これをコツコツと愚直につづけていくことで、次のステージがきっと目の前に開けていく。

結果は求めるものでなく、必要なことをコツコツとひたむきに、続けていけば自ずと出るもの

そう確信しています。

くるみ

無計画の計画。

おおいなるものに導かれながら、ひとりひとりが自分の足で立ち、与えられた役目をはたしていきましょう。

そして、こころを通わせ合いましょう。

2020年が、気づきと、発見と、驚きに満ちあふれた一年になりますように!

今回の記事は、四柱推命の師匠、浅野太志先生の知見と助言を受けてまとめました。

浅野先生、お忙しいなかお力添えをありがとうございました(感謝)

 

四柱推命を実際に学んでみたい方へ

浅野太志先生の講座をご紹介します

 

十干百態論は、浅野太志先生の四柱推命講座 中級編で学びます。

くわしく以下の公式サイトをご覧ください。

浅野太志先生の公式サイト

ご自分や大切な方にとって2020年がどんな一年なのか知りたい方は、十干編もあわせてお読みください。

四柱推命で読む2020年の運気(十干編)