教師が「四柱推命」を活用したらクラスはどう変化する?

高校の先生が「四柱推命」を活用したら、クラスはどのように変化しますか?

鳥海伯萃先生が主催するフォローアップセミナーで出題された問題です。

生年月日から出した「命式」でクラスを4分類

鳥海先生に四柱推命を学んでいる公立高校の先生が、生徒の成績が良いか悪いかで判断しないで、生年月日から出した「命式」のみにもとづいて クラスを4つのグループに分けて指導にあたったそうです。

すると、

クラスに活気が出て、授業が盛り上がり、成績アップ、という嬉しい成果につながった!

これ、実話です。

成功の秘訣は、どこにあるのか?

ひとことで言うと、生徒の個性にもとづいたグループ分けです。

この取り組みについて生徒に聞いたところ、

『きみは、○○のグループだよ』と先生から言われたことがうれしかった

という感想が目立ったそうです。

「自分は先生の視界に入っていないかも

学校の先生にとって、1クラス40人程度の生徒をまんべんなく見ることなど難しいのが現状です。

「自分は先生の視界に入っていない

鳥海先生によると、そう感じている生徒が多かったそうです。

つまり、こういうことです。

  • 先生の目には優等生と問題児しか映っていない
  • 『自分は先生に見てもらえていない』ということを、生徒たちは心のどこかで感じている
  • だから、グループ分けしてくれたことを喜んでいる

 

ちなみに、4つのグループ分けは次のような視点で行ったそうです。

命式に【偏印】【沐浴】がある:集中力が長続きしないタイプ

→制限時間を設定して問題集をどんどんやらせた

 

命式に【食神】【傷官】がある:愉しいことが好きなタイプ

→愉しく学ぶ方法を見つけて、実践させた

 

命式に【印綬】がある:資料やノートづくりが得意で、もともと勉強好き

→【印綬】は教えるのも得意。教え合うことでアウトプット力を強化

 

命式に【比肩】【劫財】がある:自立心旺盛なタイプ

→自分のやりたい方法で取り組ませた

この四柱推命を使った実証実験は、継続中だそうですが、その先生の人気は急上昇!

「あの先生のクラスになりたい」という声も寄せられているとのこと。

入塾前にエニアグラムで生徒の特性を把握して、相性の合う先生とのマッチングで成果を出して続けているのが、家庭教師のトライや、『ビリギャル』で話題になった坪田信貴先生が経営する坪田塾です。

相手を理解しようとすることで、相性もよくなる

これは、浅野太志先生(四柱推命講座の先生)の言葉です。

生年月日から導き出した「命式」は、その人の情報が詰め込まれたトリセツ(取扱説明書)であり、人生の羅針盤です。

四柱推命の命式は、文字だけが並べられた抽象度の高い情報です。

だからこそ、「命式」というフィルターを通して、その人の本質的な部分にかえって目を向けることができ、受け入れることができる。

わたしは「四柱推命」の役立ちをそのようにとらえています。

(もちろん、馴染みのない漢字だらけの命式は、読み方を知らなければ無用の長物ですが…)

〝占い〟という枠を超え、実践知のひとつとして「四柱推命」を教育現場で活用する。

「四柱推命」を学ぶ一人として、検証が大好物な【偏官】【墓】の組み合わせが2つあるわたしにとって、今年もっとも興味をそそられたエピソードをお話ししました。

 

参考 人間は9タイプ判定アプリ監修:坪田信貴 参考 トライ式性格診断家庭教師のトライ