睡眠改善効果につながった3つのアイテム

4月12日に初投稿して以来、#おはよう戦隊(※)のハッシュタグで朝の挨拶ツイートをしています。

(※)#おはよう戦隊 とは、Twitterで使っている相互挨拶コミュニティ専用のハッシュタグ

#おはよう戦隊 ユーザーをより理解したくて、Twitterのアンケートを実施しています。

平均睡眠時間について聞いてみた

今週月曜(5月27日)に行ったアンケートが「平均睡眠時間」について。

こちらが実際のツイートです。

リプには、睡眠になんらかの悩みを抱える隊員の声が寄せられました。

わたし自身、「睡眠」は、あいかわらず課題の第1位です。

ただ、2015年頃から睡眠専用アプリを使って計測を続けるなかで、多少コツがつかめてきました。

今回は3つコツをご紹介します。

睡眠改善に役立つ3つのアイテム

❶ 睡眠計測アプリで、起床後にセルフチェック

iOS用の Sleep Meister をONにして就寝する → 起床後、データを眺める(毎日繰り返すだけ)

くるみ

「自分は睡眠改善に臨んでいる」ことを意識し続けること仕組みづくりが重要だと思って実践しています。

ただ記録を残すだけの〝レコーディングダイエット〟と同じです。アプリにメモ欄があるので、コメントを入力するときもありますが、ほとんどやっていません。

統計欄で週、月、年単位の睡眠状況を把握できます。日々の変化は紆余曲折。でも、記録をつけるようになって、確実に改善できていることがわかり励みになっています。

 

この日は、たまたま激疲れで早く休んだため7時間台ですが、平均睡眠時間は5時間半です。

Sleep Meister(iOSアプリ)

❷ 就寝する30分前に間接照明に切り替える

『頭がよくなる照明術』(PHP新書)という本で、照明が睡眠に影響することを知りました。

そこで、就寝30分前に蛍光灯を消して、間接照明に切り替えることを習慣づけました。

間接照明に切り替えることで、意識のスイッチを〝寝るモード〟に切り替える効果があります。

間接照明は、IKEA(イケア)の HOLMO 50184172 フロアランプを使っています。

枕元には、無印良品のLEDシリコーンタイマーライトを置いています(30分で消灯するように設定)

くるみ

どちらもリーズナブルで重宝しています。タイマー付ライトは、もっと早く取り入れればよかったと反省・・・

❸ 就床のタイミングで「寝たまんまヨガ」の音声を聴く

入眠に時間がかかるのが、悩みの一つでした。

癒やし系の音楽をかけたり、無音にするなど試しましたが、「寝たまんまヨガ」というアプリに落ち着きました。

寝たまんまヨガ 簡単瞑想 (iOS アプリ)

これをオルゴール替わりに使っています(Introduction 10分程度)

誘導瞑想用の音声アプリですが、布団の中でヨガはやっていません。

くるみ

「ヨガニードラを始めます〜」という無機的な声質のナレーションにかえって効果を感じています。ナレーションに意識を向けないで済むからかも。

おかげで、すぐに入眠できるようになりました。

以上、睡眠に悩んでいる方にとって、何かのヒントになればうれしいです。

 

#おはよう戦隊って何?という方は、こちらをお読みください。

(FAQ)Twitter 挨拶コミュニティ #おはよう戦隊❤️6/2追記