HIKAKINさん、30回目の誕生日おめでとう㊗️

きょうは、あまりにも有名過ぎるユーチューバー、HIKAKINさんの30回目の誕生日です。

Twitterの で挨拶を交わしている りゅうじさん(  )がおしえてくれました。

りゅうじさん、ブログ記事の素材提供をありがとうございました。

この記事を書いている現時点でのデータはこちら。

HIKAKINさん、生誕30年、おめでとうございます!

 昨日のツイートで、20代最後の晩餐の写真をアップされていました。

(お肉もおいしそうです)

HIKAKINさんの命式が気になって調べてみました。

じつは昨年(2018年)4月6日、Evernoteに資料を登録していました。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀「新しい仕事スペシャル」に、ユーチューバー、HIKAKIN(ヒカキン)さんが出演(当時28歳)されており、ビデオ録画を再生した日でした。

四柱推命は、実地検証が最重要。

素敵だなぁと思う方のドキュメンタリー番組を見るときは、その人の命式と照らし合わせながら楽しむのが趣味になりました。

HIKAKINさんの日干支は【辛亥(かのとい)

こちらがHIKAKINさんの命式です。

日干支【辛亥(かのとい)】のHIKAKINさん。

日干支とは日柱にある干支のことです。

干支は全部で60あり、十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の組み合わせでできたもの。

六十干支といいます。

十二支はなじみがありますが、「十干って何?」という方は、以下ご参照ください。

十干(陰陽の2つに分類できる)

  • 陽干:(きのえ)、(ひのえ)、(つちのえ)、(かのえ)、(みずのえ)
  • 陰干:(きのと)、(ひのと)、(つちのと)、(かのと)、(みずのと)

※ちなみに「え」は「兄」を、「と」は「弟」を意味

十干のパワーの強い順

 

①丙 ②戊、庚、壬 ③甲 ④丁 ⑤乙、己、辛 ⑥癸

日柱の六十干支は、「その人の内面的な世界」を知りたいときに参考になります。

HIKAKINさんの日干支【辛亥(かのとい)】の特長は次のとおりです。

(かのと)

(イメージ)美しい宝石や貴金属を表す

(キーワード)感受性、繊細さ、観察、努力、プライド、見栄、非情さ

  • 高い精神性を持っていて苦労性
  • 粘り強く、一度決めたら一つのことをコツコツと続けられるタイプ
  • 感受性が豊かで傷つきやすく、(宝石が汚れ物を嫌うように)人間関係のドロドロしたものを見るのが苦手

 

辛亥(かのとい)

(イメージ)冬の小石 / 水中や清水の源泉の中にある宝石

  • 気さくで開放的、つねに自由を求めているような人
  • 感受性、旺盛な自己主張も強い(言いたいことはハッキリという)
  • 目的意識が高く、目的実現のために多少の困難も辞さない(かなり強気)
  • 楽天的な面と、繊細な面の両方を持ち合わせている
  • 生活の中に変化や刺激を求め、自分の感性のままに行動するような冒険家

浅野太志先生の「四柱推命講座(中級編)第三講座」で、六十干支について3時間をかけて学びます。

先生は絵画表現のスキルも高く、六十干支をオリジナルの絵柄で説明してくださいます。

教材はたいへん充実しており、この記事も教科書をひもときながら書いています。

HIKAKINさんの現実のイメージは、HIKAKINさんの日干支【辛亥(かのとい)】の性質がちゃんと顕れていると感じられました。

「楽天的な面と、繊細な面の両方を持ち合わせている」

「生活の中に変化や刺激を求め、自分の感性のままに行動するような冒険家」

まさに、ユーチューバー・HIKAKINさんについて、われわれが受け取っているイメージそのものです。

「探究心、凝り性」の星【墓(ぼ)

くわえて、命式の月柱(仕事運や壮年期を表す柱)に十二運星【墓(ぼ)】があります。

これは「探究心、凝り性」という意味があり、HIKAKINさんのユーチューバーとしての活動の根幹を支えているように感じています。

うまくコトが運んでいる方は、自分の命式の特長を受け入れて、これを活かしている方が多い印象があります。

その成功は、日々のたゆまぬ努力で成し遂げられている。

こだわりをとことん追求するため企画から出演、撮影、編集までを一人で行い、1年365日、ほぼ1日中仕事をしている。

動画を作る上で大切にしているのが、視聴者と同じ立場で率直にものを言い、演出もあえて作り込まず、「リアル」であること。

「そこらへんにいそうな兄ちゃん」みたいに身近であることこそが、視聴者の共感を生むと考える。

決して楽しいことだけじゃない日常の中で、元気な自分を見てもらい、クスッと笑ってもらうことを目指す。

出典|NHKプロフェッショナル仕事の流儀「新しい仕事スペシャル」

HIKAKINさんにとって〝プロフェショナル〟とは?

番組最後に紹介される「プロフェショナルとは・・・」という問いかけに対して、HIKAKINさんのコメントは次のようなものでした。

(上で紹介したNHKのサイトの末尾に書かれています)

プロフェッショナルとは・・・

継続した人で、かつ、そのなかでチャンスをつかんだ人だと思います。

継続しているとチャンスがやってくるんで、その中で努力してるとつかめると思うんで、継続です。

出典|NHKプロフェッショナル仕事の流儀「新しい仕事スペシャル」

継続を力に変える鍵は「備えて、信じて、待つ」

「継続は力なり」

誰でもアタマではわかっているものの、実践が難しいことばです。

なぜなら人間は煩悩が強い生きもので、手っ取り早い結果を求めてしまいがちだから。

しかし、現実はきびしいもの。

結果を性急に手に入れられることなど、必要な準備をしていなければ引き寄せられません。

成果を急いで求め過ぎる反作用も影響し、開始当初のやる気はしだいに失せ、その結果、続かなくなる。

この展開は〝人生あるある〟です。

わたしも同じです。

ただ、四柱推命を学び始めて、占いの知恵は「天、地、人」という3つの空間に流れるエネルギーを自分で活かす知恵として活用できるかも、ということが少しわかりはじめてきました。

人生も30キロ地点を迎え、ついにサングラスを沿道に投げ捨て、こうして勉強ブログを始めました。

高橋尚子、シドニー五輪、伝説のサングラスのエピソードに喩えてみました

Twitterのアイコンはリスを使っています。

本人は「リス」っぽくなく、真逆です。

「くるみ」より「柿の種」が好物だということをここで密かに告白しておきます。

このリスには「備えて、信じて、待つ」という「リス」の〝メディスン〟の意味を込めています。

「備えて、(自分を)信じて、(しかるべき時を)待つ」

これができるかどうかが、継続が力になるカギでもあることをHIKAKINさんはおしえてくれています。

四柱推命を学びながら、「備えて、(自分を)信じて、(しかるべき時)待つ」ために必要な「洞察力」「判断力」「直感力」「胆力」を磨いているところです。

YouTubeで拝見する朗らかで自由闊達な姿の裏で、日々、学びながら、徹底的にこだわり抜いた表現が、ファンにいかに楽しませているか、常にフィードバックして検証されている姿を【印綬2+墓】を感じています。

HIKAKINさん、お誕生日おめでとうございます!

十二運勢【墓】を持つ人々をご紹介

十二運勢【墓】は、わたしも持っています。

ほかに、四柱推命講座の浅野太志先生、ピコ太郎のプロデューサー・古坂大魔王さん、愛の拡散製造機としてRT(リツイート)に特化して高見をめざしている「まいど店長さん( )」もお持ちです。

十二運勢【墓】を持っている、というだけで〝類友つながり〟を感じてしまう昨今です。

努力を続け、然るべきときが訪れるたとき、ものすごい変容が起きるということを、ピコ太郎(古坂大魔王)さんは身をもっておしえてくれています。

古坂大魔王&ピコ太郎の大躍進は【大運律音】にあった!