オラクルカードと、毎週月曜🍀朝のルーティン

ここ半年あまり、毎週月曜の朝、起床前に行っているルーティンについて書いてみます。

占いって、何種類あるの?

「占い」とは、ひとの心の内側や運勢、未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいいます。

「占い」は、3つのタイプに分類できます。

  • 卜占:偶然性から現在の問題の本質とその解決策を導き出す(易経、タロット、オラクルカード他)
  • 命占:生年月日から現在の運気、人生全体の運勢や性格、基本相性などの導き出す(四柱推命、気学、算命学、姓名判断、西洋占星術他)
  • 相占:人の身体の部分から、性格、健康状態、人生のおもなイベント時期などを読みとる(手相、人相、家相、印相他)

オラクルカードの活用法

毎週月曜の朝、起床前のルーティンワークがあります。

それは、オラクルカードを1枚引いて、これをスマートフォンの待ち受け画面に設定する作業。

もう半年以上、続いています。

ちなみに、オラクルカードは「卜占(ぼくせん)」にあたります。

「いまの自分のコンディションはどんな具合かしら?」

「今週はどんなことに意識を向けて過ごそうか?」

月曜の朝一番、静かに気持ちを落ち着けて、カードを1枚引いてみます。

オラクルカードは《LIGHT WORKS》のスマホアプリを愛用中。

アナログのカードタイプも持っていますが、スマホアプリの方が絵柄も鮮明なので、文字が読みやすいため、デジタルタイプをよく使っています。

今週の1枚は?

今週の1枚は「呼吸」でした。

「焦らないように。いまは忍耐が必要な時期、落ち着いて深呼吸をくりかえし続けなさい」といった主旨のメッセージが書かれていました。

週末の土曜には四柱推命講座の「テスト」が、くわえて日曜には初の「鑑定」が待っています。

この「呼吸」の二文字が書かれたカードを引いた自分に妙に納得しました。

カードをスマホの待ち受けにセット

スマホの待ち受け画面にセットして、週明けタスクの完了です。

スマートフォンはつねに携帯しているため、待ち受け画面を見るたびに「呼吸」の二文字と美しい絵柄が目にとまります。

「そうそう、今週は呼吸を意識する一週間だったんだ!」とカードからリマインドを受ける仕組みです。

何か意識を向けたり、行動に落とし込みたいことがある場合は、自然と目にとまる場所に文字などでセットしておくのが一番効果があります。

お気に入りの「WISDOM ORACLE」

オラクルカードは、魅力的なコンセプトや絵柄のものが多彩です。

絵柄や独特のメッセージが好きで、5種類くらいオラクルカードを持っています。

なかでも一番気に入っているのが、この《WISDOM ORACLE》。

オラクルカードを選ぶ際、いちばん気になるのがメッセージの日本語訳です。

この《WISDOM ORACLE》の日本語訳は言葉の使い方がきちんとしていて、品の良さも感じられ、こころに深く沁みるクオリティで、一番のお気に入りです。

美しいオラクルカードに刻まれた言葉に耳を澄ませて、内省してみる。

自分のコンディションを眺めて、調えるワークとしてお薦めです。

フォロワーさんより「お薦めのオラクルカードを教えてください」とお問い合わせを受けて書きました。よろしければお読みください。

判断に迷ったときのお役立ちツール、オラクルカード3種