烏森神社で「ひなまつり御朱印」をいただいてきました

きょうは、四柱推命講座修了生のFacebookコミュニティでご一緒している女性4名と、烏森神社の参拝をメインにした交流会に参加してきました。

烏森神社は、新橋駅から歩いて3分ほどのビルや住宅が居並ぶ地域に鎮座している神社です。

烏森神社についてざっと調べてみました。

烏森神社って?

烏森神社(からすもりじんじゃ)の由来は?

かつてこのあたりは江戸湾の砂浜で、あたり一体は松林だったそうです。

当時この地帯は、「枯州の森」あるいは「空州の森」と言われていました。

しかもカラスが多く集まって巣をかけていたため、後には「烏の森」と呼ばれるようになったとのこと。

これが「烏森」という名称の起こりで、「烏森」にある神社ということで烏森神社(からすもりじんじゃ)となりました。

まつられている神様は?

倉稲魂命、天鈿女命、瓊々杵尊の三柱。

ちなみに神様は、一柱、二柱というように「柱(はしら)」で数えます。

それぞれの神様の特長は?

倉稲魂命(ウガノミタマノミコト)

  • 名前の「ウカ」は穀物・食物の意味より「穀物の神」
  • 古くから女神とされてきた
  • 伏見稲荷大社の主祭神、稲荷神(お稲荷さん)として広く信仰されている

天鈿女命(アメノウヅメノミコト)

  • 『岩戸隠れ』の伝説などに登場する「芸能の女神」
  • 天照大神(アマテラスオオミカミ)が天(あま)の岩屋に隠れた際、その前で踊り、大神を誘い出した女神
  • ※烏森神社は、芸能の神「天鈿女命」が祀られている数少ない神社の一つ

瓊々杵尊(ニニギノミコト)

  • 稲穂の神(穀霊)
  • 主に農業の神、五穀豊穣の守護神

ひなまつり御朱印をゲット!

烏森神社は、いわゆる〝カラフル御朱印〟の先駆けとして知られています。

今回のメインは「ひなまつり御朱印」。

雛祭をはさんだ2月18日(月)から3月17日(日)まで、「ひなまつり御朱印」を一枚和紙でいただくことができます。

手持ちの御朱印帳に直接書いてもらうことはできませんが、かわいらしいピンク色の御朱印で御朱印帳が華やかになりました。

ランチは、気分も上がるカラフルな手鞠寿司

あつまったメンバーは、実際に四柱推命を教えていたり、鑑定の仕事をしている方、これから屋号をとって鑑定士として活動をスタートさせようとしてる方などさまざまです。

わたしは本業があるため「四柱推命」については講座やブログを通じて研鑽を積んでいる段階ですが、良い刺激をもらえました。

何より同じ興味を持っているメンバーとの語らいは愉しいものです。

ランチは、神社の近くにある《烏森珈琲》というお店で「ひなまつりランチタイム限定の手毬寿司&桜そばセット」をいただきました。

ランチメニューを注文して「ひなまつり御朱印」を見せると、コーヒーや紅茶、餅米から丹念につくられたオリジナルのひなあられのプレゼントもいただけて、気分も上がりました。

大運の【比肩+冠帯】を意識して過ごす

わたしの現在の大運には、2018年から【比肩+冠帯】が巡っています。

【比肩】は自立心を意味する星。

専門スキルを磨きながら、自分の力を鍛え、試していく時期です。

くわえて【比肩】には「人と肩を並べる」という意味もあります。

このことから「刺激をもらえる仲間との切磋琢磨しがら自分を磨いて、成果につなげていくこと」を意識して過ごすようにしています。

また、十二運星の【冠帯】は女王様の意味があり、女性とのつながりを活かすことが開運につながる星です。

男性中心の職場で仕事中心の毎日を送っていることもあり、女性とラフに接する場面がほとんどありません。

そんな事情から、四柱推命を学ぶ女性たちから【冠帯】のエネルギーをいただくことが、今回の神社ツアー参加のもう一つの目的でした。

「ひなまつり御朱印」「ひなまつり特別ランチ」「女性たちのとのふれあいで【冠帯】エネルギーのチャージ」

この三つを叶えられた愉しい一日になりました。

【食神+長生】を活かしたい…

たびたび掲載しているわたしの命式は、中心星が【偏官】。【偏官】が2つもあって、まるで〝企業戦士〟のような命式です。

筆者の命式

オンタイムは仕事一辺倒、さらにオフタイムはブログ更新に終始している、まさに【偏官】過多な日々を送っていて、【食神+長生】がまったく活かせていないのが悩みの種でもあります。

そういう意味でも、平日に仕事を休んで思いきり自分を甘やかす。

きょうのような一日も大切にしたいものです。

来月は千葉県野田市最古の社・櫻木神社へ

今回参加したメンバーのうち初参加のおひとり以外は「サンキャッチャーづくりのワークショップ」や「四柱推命・集中講座」で顔見知りです。

来月のおまいりは、千葉県野田市最古の社・櫻木神社。素敵な神社だっため、アンコール企画だそうです。

時間をやりくりしてぜひ参加したいと思っています。