立花岳志さんと樺沢紫苑先生にブログ運営の奥義を学ぶ

このブログの育て方について、あれこれ逡巡していた記事を書きました。

100記事を達成したらどうするの?どうしたいの?

きょう受講したセミナーで解決の糸口が見つけられそうです。

「いま泣いたカラスがもう笑った」の心境です。

精神科医の樺沢紫苑先生が主催するセミナーへ

そのセミナーとは、精神科医の樺沢紫苑先生が主催するウェブ心理塾が開催の『100万PVブログを作る方法 第2弾〜ブログアクセス数爆増セミナー』です。

講師は、プロフェッショナルブロガーとして知られる立花岳志さんと、主催の樺沢紫苑先生です。

お二人のお話は質量、密度ともにものすごく高いレベルで、いまのモヤモヤを解決するにぴったり過ぎるほどの内容でした。

きょう学んだことを活かしていければ、解決できそうです。

プログラム

ブログアクセス数爆増セミナー(講師:立花岳志)約2時間

情報発信ツール ブログの最強活用法(講師:樺沢紫苑)約1時間

於:渋谷区文化総合センター大和田 / さくらホール

親指シフトで1時間7,500字をこなすという立花岳志さん

豊富な実践データにもとづいて熱く語る樺沢紫苑先生

ブログを始める強力なきっかけをくれた樺沢紫苑先生

このブログを始める強力なきっかけ(問題提起)をくれたのが樺沢紫苑先生でした。

2017年に『読んだら忘れない読書術』を手にしたことで樺沢先生を知りました。

精神科医しての脳科学の知見が大変役に立ち、さらに学ぼうと、2017年12月24日にオンライン講座「樺沢塾」への入会をきっかけに、ウェブ心理塾のセミナーも興味があった回に参加しています。

昨年2018年10月30日、34万部のベストセラー『アウトプット大全』の根幹であり、最重要の「情報発信」をテーマにした講演会に参加。

これが強い後押しとなって11月の連休にブログの開設準備を進めて、いまに至ります。

今回のセミナーをQ&A形式でふりかえってみた

今回のセミナーの受講についてQ&A形式でふりかえってみます。

一番役立ったことは何ですか?

ブログの執筆にあたり、自分の隠す部分を明らかにする件についての具体的なアドバイスです。

わたしの場合、ブログのプロフィール欄に記載する名前やSNSアカウントの設定について逡巡していましたが、「ペンネームを使う」というアドバイスが役立ちました。

立花さんは、「ペンネームは、ハンドルネームやニックネームではなく、氏名(例:山田花子)を用いた方がよい」という考え方です。

プロフェッショナルブロガーの立花岳志さんのアドバイスによると、ペンネームやビジネスネームは「ちゃんと日本人の名前として機能する名字と名前を組み合わせたものがよい」とのことでした。

ハンドルネーム(インターネット上で用いる省略型のペンネームのようなもの)を使って書くことには、「日本人の名前として認知されにくいため、リアルな世界での知名度と社会的信用が上がらない可能性がある」というデメリットがあるため。

ハンドルネームはインターネット世界ではいいのですが、やはり実社会だとかなり有名にならないかぎり〝えたいの知れない人〟という印象を与えてしまうのだそうです。

この件も含めて、好きなことで情報発信することの価値や具体的なやり方について、とてもわかりやすく書かれた本が、プロフェッショナルブロガーの立花岳志さんの『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』(サンマーク出版)です。

さっそくペンネームの検討を始めてみます。

ここがスッキリした途端、いろいろな展開アイデアも浮かんできました。

一番こころに響いた言葉は何ですか?

「質より量より更新頻度」という立花さんのモットーです。

実際、立花さんも毎日3記事は更新しているそうで、「1ヶ月で100記事のリズム感でブログを更新している」と語っていました。

ブログは何より続けることが大切で、そのためには〝ブログ筋力〟をつける必要があります。

〝ブログ筋力〟とは、毎日、自分が感じたり考えたことを記事に仕上げ人目に晒すことによってのみ鍛えられるため、「質より量より更新頻度」なんだそうです。

もっとも立花さんも本音では「質も、量も、更新頻度も」

ブログ・ビギナーの更新のハードルを低くするために、「更新頻度」に重点を置いて継続を強調しているそうです。

100記事書いたくらいで、四の五の言っている場合ではありませんね。

さっそく実践しようと思ったことは何ですか?

①「ペンネーム」を決めること

②ブログに「プロフィール」をアップすること

③SNSの使い方を考えること

今回のセミナーで、樺沢紫苑先生は「ブログのドメインパワーを強くするためには、ブログを更新したらSNSを使って多くの人にアクセスしてもらうことが最重要」とお話しされていました。

SNSによる拡散の威力がここまで凄いとは思いませんでした。

とくに、「更新直後にアクセスがブログは人気があるとGoogleが認識する」という理由で、ブログ更新直後にSNSの投稿でブログへのアクセスを促すこと必須。

ブログのドメインパワーを強くする重要施策であり、ぜひとも実践するようにと先生は強調されていました。

アクセスの多かった記事について先生は、1日3回、しかも紹介文の切り口(3パターン)を変えて投稿し、効果検証を続けているといいます。

わたしは、このブログのドメインがGoogleにインデックスされるまでの過程を知りたいというこだわりがありました。

(命式の【墓】=探究心の影響ですね)

そのため、誰にもこのサイトURLを知らせないまま(コーチのLyustyleさんは除く)ブログ開設当初から現在まで記事を執筆してきました。

筆者の命式

100記事更新を達成して、この約3ヶ月のレビューを終えたらSNSを活用を開始します。

SNSの活用でドメインパワーがどのように変化していくのかの検証にかかろうと思っています。

自分の核を見つけるためにブログを書く

立花さんのこちらのスライドを見て、真っ先に思い浮かんだのは、今年の干支【己亥】について書いた記事でした。

合言葉は〝断捨離〟立春から始まる2019年の運気

【己亥】の年は、通変星は【正財】【正官】が、十二運星は【胎】が巡ります。

2019年は〝三日坊主の達人〟をめざそう

立花さんのスライドの「誠実に、好きなこと、本当のことを書き続ける」の文言が、2019年の通変星【正財】【正官】に重なりました。

【己亥】の今年の過ごし方について次のように書いています。

2019年【己亥】の過ごし方

  • これまで育んできたもの中から残すべきもの、捨てるものを見定めて、自分にとってほんとうに大切なもの(=自分の核)を見つける年になる
  • 「おのれ自身」に向き合い、〝断捨離〟に臨もう

「これまで育んできたもの中から残すべきもの、捨てるものを見定めて、自分にとってほんとうに大切なもの(=自分の核)を見つける」

自分にとってほんとうに大切なもの(=自分の核)は、ブログを書きつづけるなかできっと得られるだろうと、きょうのセミナーで確信しました。

【胎】の意味でもある「好奇心」を巡らせながら、モノの整理(断捨離)と心の整理(ブログの更新)で自分の核を育てていく。

2019年をそんな一年にしていこうと覚悟を強くするきっかけをくれたセミナーになりました。

次の一手も定まり、自分のコンディションも整いました。

明日よりLyustyleさんと進める「10年ブログ・コーチング」でも、きょう学んだことを踏まえて次のステップへ進めていきます。

2019年【己亥】はどんな運気が巡っているのか?について興味がある方は、どうぞお読みください。

合言葉は〝断捨離〟立春から始まる2019年の運気