発祥地・中国で四柱推命が「八字」と呼ばれる理由とは?

「四柱推命」という呼称は、じつは日本独自のものです。

「四柱推命」の発祥地は中国ですが、中国では「八字(パーツー)」などと呼ばれています。

「四柱推命」は、出生年月日と出生時間で占う〝命占〟です。

生まれた年、月、日、時には、それぞれ十干と十二支があり、これらを合計すると八文字で構成されるため、「八字」といわれています。

こちらがわたしの命式です。

四柱(年、月、日、時)の干支、計八文字で構成されていることがわかります。

八文字の干支さえあれば、他は不要

もちろん「八字」には「八文字の干支さえあれば、他は不要」という意味が込められています。

現在、四柱推命講座の中級編を学んでいる最中ですが、浅野太志先生は「覚えるべきは十干と十二支、なかでも十二支の理解が最重要」と強調されています。

このように、生まれた年、月、日、時の4つで構成された命式を読み解くことから「四柱推命」というわけですが、なかには出生時間が不明のため「時柱(じちゅう)」を出せない方もいます。

鳥海流で学んだ鑑定師は、命式作成システム(推命NAVI)を利用している方が多く、わたしもこのサービスを利用しています。

「推命パラメーター」は通変星のバランスを円グラフで示した図です。命式の特長が一目瞭然で、四柱推命に始めて触れる方にとっては「見やすくれて特長がわかりやすい」と好評です。

ただ、「八字」を出して、十二支の五行変化に目を配りながら五行バランスのチャートを作って命式を読みとく大切さを学んだこともあり、近ごろは、命式を読む際は「推命パラメーター」と「五行バランス」の両方を見ながら読むようにしています。

四柱と三柱で命式を見比べると

実際、四柱(年、月、日、時)、三柱(年、月、日)それぞれで通変星のバランスや、通変五行のバランスを見た場合、どのように違ってくるのか見てみます。

Aさん、Bさん、ふたりの命式で説明します。

Aさんの命式

Aさんの通変星の比率を示すパラメーター

Aさんの命式の五行バランス

まずは、Aさんの命式について。

Aさんは、三柱(年、月、日)で見た場合「運勢があてはまっていなような気がする」と指摘していました。

ところが、時柱も入れた「八字」で五行バランスを読む方法(このブログで検証してきた方法)で、大運や年運の干支の巡りをつぶさに見ていくと、人生で大切なターニングポイント(結婚など)に巡っていた運がぴったりと重なっていました。

Aさんの命式は、五行バランスで見ると「比劫」が強いのが特長です。しかし、三柱(年、月、日)で見た場合、「比劫」はそれほど強く出ていません。

Bさんの命式

Bさんの通変星の比率を示すパラメーター

Bさんの命式の五行バランス

つづいてBさんの命式について。

Bさんにいたっては、五行バランスで見ると「比劫」が中レベルです。しかし、三柱(年、月、日)で見た場合、「推命パラメーター」では「比劫」は出ていません。

女性にとって「比劫」はとくに大切にしたい星

「比劫」は〝自星〟ともいい、自我や自己防衛本能を表すエネルギーです。

比劫の性質

  • 自我や自己防衛本能を表すエネルギー
  • 比劫のエネルギーの強い人は、自分だけのテリトリーを普通の人より多く持っており、誰も寄せ付けないような性質がある
  • 表面的にはソフトな印象だが、こころの中では自分の考えや主張をしっかりと持っている

「比劫」の有無や「比劫」のエネルギーレベルは、その人の運をどう切り開くかの処方箋を考える場合、とても重要な意味を持っていると個人的に感じています。

とくに女性の場合、「比劫」を持っていても、社会から求められる〝女らしさ(社会的性役割)〟により「比劫」を抑え込んでしまい、命式をうまく活かすことができていない方もいます。

命式の五行バランスを見て、大運や年運の干支の巡りを調べる作業を続けるなかで、「八字」で五行バランスを読むことの大切さを強く実感するようになりました。

目標の100記事を達成したら、希望者にお声をかけ、「八字」で五行バランスのチャートを作って、このブログ上で命式を読みながら研鑽を積んでいく。

そんなプランをあたためています。

そのときは、ぜひエントリーしてください。