三浦知良選手〝キング・オブ・キング・カズ〟の道をゆけ

〝キング・カズ〟こと三浦知良選手が、運勢バランスが優れている「五徳」の持ち主であると、前回の記事で書きました。

これを補足するかたちで、三浦知良選手の命式について、さらに調べてみました。

強靱な意志力とバイタリティの持ち主

はじめに、三浦知良選手の「命式全体の五行バランス」を見てみます。

これは、浅野太志先生の著書や講座で学んだ方法で、これを調べることで、その人の命式の特長を大まかにつかむことができます。

三浦知良選手の五行バランスを示した図がこちらです。

三浦知良選手の命式の五行バランス

 

三浦知良選手の命式は、自星(比劫)が突出しているタイプです。

自星(比劫)突出タイプは、次のような特長があります。

  • 一見ソフトで社交的に見えても、人は人、自分は自分と考えるタイプ
  • 強靱な意志力とバイタリティが取り柄
  • 何に対しても自分のこだわりがある

三浦知良選手といえば、15歳でブラジルへ渡り、様々な困難に直面しながらも現地で約7年半プレーを続け、サッカー王国も認めるトップレベルの選手に成長したエピソードで知られます。

ブラジルに渡った時期でもある大運(8歳〜18歳)には、自立星【比肩】と目上からかわいがられる十二運星【養】が巡っていました。

大運とは、10年ごとの自分を取り巻く社会運

  • 大運の二段目にある星は「第二宿命」を意味し、人生に大きな影響を与える星
  • 命式を読む場合は、この星を追加して読む

三浦知良選手の「第二宿命」は、【辛丑(かのとい)】、自立星【比肩】、十二運星【養】の組み合わせ。

三浦知良選手の社会的な使命は、自分の才能を開くために周囲の応援を受けながら努力し続け、自分の体力、気力、能力で挑戦し、達成感を得ること。

15歳からブラジルでの3年の修行時代は、サッカー人生の原点であり、キング・カズの「第二宿命」に大きな影響を与えていることが、四柱推命からも読み取れます。

三浦知良選手の現在の大運は?

その三浦知良選手にとって、現在の10年(大運:48歳〜58歳)は、どのような運気が巡っているのでしょう。

カズ選手の現在の大運干支は【丁酉(ひのととり)】。

【丁】は「火」の五行が強まり、プレッシャーを感じやすい時期ですが、努力家の日主【辛】と、大運を巡る行動力の星【偏官】と、堅実で意志の強さを表す【建禄】の運気を活かし、果敢にチャレンジし続けている時期です。

2017年3月12日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節・ザスパクサツ群馬戦で、三浦が40分に挙げた得点が対象になり、「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」としてギネス世界記録にも認定されました。

当時の年齢は50歳14日で、自身の持っていたリーグ記録を更新するかたちです。

これをカズ選手は「すぐに破られる記録」と語りました。

もちろん、この記録を破るのはカズ選手自身。気力、体力ともに充実している様子が伺えます。

2018年は節分まで身強の星【冠帯】が応援

こちらが三浦知良選手の2018年現在の命式の五行バランスを示した図です。

赤、イエロー、グレーの円が大きくなっているのは、大運干支【丁酉】、年干支【戊戌】の影響を加味し、それぞれの五行が強まっていることを示しています。

とくに、2018年は節分まで、身強の星【冠帯】が巡っています。

【冠帯】が巡る時期は、強運であり、心身ともに充実した状態。何ごとにも前向きにチャレンジして成果につながりやすい時期です。

2018年の活躍は、現役続行の発表につながりました。

大運10年の後半5年に切り替わる

三浦知良選手は、一ヶ月後に来る誕生日で53歳(数え)になります。

大運10年は、前半5年を十干で、後半5年を十二支で読みます

大運【丁酉】の運気は、前半の【丁】から十二支の【酉】に切り替わります。

「金」の五行が強いカズ選手ですが、大運地支の【酉】により「金」の五行がより強く表れる5年間になります。

「金」の五行が多くなる時期の特長

  • 「金」の五行は、五行の中でもっとも剛毅
  • 何かにつけ白黒はっきりつけたくなる
  • 冷静沈着、シビアに物事を捉えられる(感情を抜きにして合理的に判断する力が冴える)

「白黒はっきりつけたくなる」とは、つい深読みしたくなるフレーズです。

先日、現役続行を発表したばかりのカズ選手ですが、今後5年の間に、現役選手としての進退を、冷静に決める可能性も高いのではないか?

そんな妄想もしてみました。

今年2019年の運気は?

では、2月4日の立春以降に巡る運気はどうでしょう?

2019年の年干支は【己亥(つちのとい)】です。

【亥】が巡ることで、原命式に擬似三合局(亥+寅+未)が成立するため、「木」の五行が強まる一年になります。

三浦知良選手の五行バランスの命式で、「木」の五行は「財」になります。

の巡る時期の特長

  • とても社交的になり、たくさんの人を束ねていくような時期、忙しくなる
  • 異性との交流も親密になり愉しい日々に
  • お金や異性のトラブルに巻き込まれやすい
  • 疲労から健康を害しやすいので要注意

「財」は人脈の星。

人付き合いの善し悪しが運気を左右すると言われる時期で、「財」が巡る時期は、もっとも注意を要する時期と言われます。

30年単位の運の切り替わり時期(節木運)をどう過ごすか?

「大運」は10年単位で見る運気ですが、30年単位で運気を大きく掴んでみます。

カズ選手の場合、58歳前後に大運の切り替わり時期の「節木運」が訪れ、ここで運気の流れが大きく変わります。

30年単位の切り替わり時期(節木運)は、不安定な感覚に見舞われる人もいるそうです。

人によって異なりますが、半年から2年くらいかけて、次の運気になじんでいきます。

ただ、次の運気を意識して前広に準備することで、30年単位の人生の節目である「節木運」を活かすことができます。

自分の運気の流れを知っておくことの大切さが、ここでもわかります。

58歳の大運に【正官】【帝旺】が巡る!

さて、カズ選手の場合、最初の「節木運」は38歳前後で巡りました。

現在のカズ選手は、38歳から始まり68歳まで続く30年単位の運気の中にいます。

58歳から始まる次の大運は、38歳から始まった30年運気の総仕上げの10年でもあります。

この58歳から始まる次の大運に、なんと!【正官】【帝旺】が巡ってきます。

大運に【正官】が巡る時期は、これまでの努力が認められたり、評価される時期を意味し、社会の中で、自分の立ち位置がはっきりする。

 

とくに、【正官】が身強の星【帝旺】【建禄】【冠帯】とともに巡れば、これまでの願いが叶ったり、希望に満ちる時期になる。

三浦知良選手は、すでにして〝キング・カズ〟です。

が、58歳からの10年かけて、〝キング・カズ〟は〝キング・オブ・キング・カズ〟にバージョンアップすると、四柱推命で予見できます。

〝キング・オブ・キング・カズ〟の到来です!

いったいどんなカズ選手に出会えるのか、いまから楽しみです。

そのような理由もあって、運気が切り替わる「現在の大運の後半」をカズ選手がどう過ごすのか、注目しています。

妻・三浦りさ子さんは守護神だった!

最後に妻・三浦りさ子さんの存在について触れてみます。

カズ選手のパートナーである三浦りさ子さんの日主は【壬】。

カズ選手の【辛】にとって、【壬】は欠かせない存在です。

【辛】について

  • 砂金や宝石、貴金属を表す星
  • 美しく輝くほどにその真価は発揮される
  • 金の属性である【庚】と異なり、脆く壊れやすい

この【辛】は、川の水である【壬】の流れの中で洗われることで、その輝きを増すとされます。

これを「陶洗」といいます。

【辛】にとって、【壬】は欠かせないもっとも大切な星なのです。

ちなみに、カズ選手の第一守護神は【壬】で、これは、妻・三浦りさ子さんの星であり、さらに、第一守護神は【壬】を仕事運を表す月柱に持っています。

ここまでの成功は、2つの守護神がささえてきました。そう裏付けました。

「五徳」であり、自身の月柱に第一守護神(壬)を持ち、さらに人生の伴侶、妻・三浦りさ子さんもカズ選手にとって守護神であることがわかりました。

キング・カズ、最強の法則が見つかりました。

[まとめ]キング・カズの法則

  • 日干は努力家の星【辛(かのと)】
  • コツコツ努力を続ける【比肩】【建禄】が日柱にある
  • 五徳:運勢バランスが極めて優れている
  • 月柱に第一守護神がある
  • 妻の日主が第一守護神である

五徳という優れた運勢バランスを持って生まれ、生来負けず嫌いの性分と、能力や才能を最大限に開花させるために、とことん努力を重ねる生き方。くわえて、仕事運もプライベートも第一守護神に守られているカズ選手。

三浦知良選手のエッセンスを、命式から読み取ってみました。

すべてを手にした男、〝キング・オブ・キング・カズ〟の降臨を楽しみにしています。

 

カズ選手については、「五徳」をテーマにこちらの記事でも書いていますのでお読みください。

〝キング・カズ〟三浦知良選手も持つ【五徳】について