1月6日から始まる月干支【乙丑】を活かすヒント

1月6日午前0時40分、月干支が変わります

四柱推命では、年、月、日にめぐる干支を用いて、そのときどきの運気の流れを読むことができます。

昨年12月7日午後1時25分から巡っていた月干支【甲子(きのえね)】から、1月6日午前0時40分に【乙丑(きのとうし)】に変わります。

【乙丑(きのとうし)】は、60干支あるなかの【甲子】に続く2番目の干支です。

月干支【甲子】を活かすヒント

次の月干支【乙丑(きのとうし)】が巡る一ヶ月間をどのように意識して過ごしたらよいか、日柱の十干(じっかん)ごとにポイントをまとめてみました。

ひとつのヒントとしてお役立てください。

なお、1行目がメインメッセージで、2行目がサブメッセージになります。

 

日干【甲 きのえ】の方

 

物事との関わり方を見極める

頼られやすく、やっかいごとには注意。わがままにならないで

 

日干【乙 きのと】の方

 

目標を仲間と共有する

なれ合いの仲間とは距離を置くことも考えて

 

日干【丙 ひのえ】の方

 

知識を吸収して自分を磨く

考え過ぎず、まず行動。悩んだときは周囲に相談を

 

日干【丁 ひのと】の方

 

これまでのやり方を掘り下げる

あれもこれもと欲張らずに、目標をしぼることがカギ

 

日干【戊 つちのえ】の方

 

自分の経験を活かす

人に依存しないスタンスとユーモアを大切に

 

日干【己 つちのと】の方

 

前向きに力強く行動する

頼られる時期。視点を変えてみる、がポイント

 

日干【庚 かのえ】の方

 

交流関係をひろげる

何かに没頭しやすい時期。注意力散漫には要注意

 

日干【辛 かのと】の方

 

世話をするより、される側に回る

無理なく成果が得られる時期。素直に甘えてみて

 

日干【壬 みずのえ】の方

 

自己表現スキルを磨く

注意力散漫には要注意。美しいものに触れてリフレッシュを

 

日干【癸 みずのと】の方

 

出会いや交流を愉しむ

目標に向かって努力しつづける時期。わがままにならないで

自分の日干を調べる方法

こちらのサイトで、ご自身の生年月日などを入力して日柱の十干を調べられます。

以下の命式の場合、日柱の十干は【丁】になります。